気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

HAPPY PLUS VOICE

MYスタイルを作る最愛アイテムについて聞きました!

気になるあの人の
“スタンダード”
Vol.4 東原妙子

おしゃれにスタイルがあり、自分に似合うものを知っているファッションのプロたちに、“マイスタンダード”について取材する連載。第4回目は、エディターとブランドのクリエイティブディレクターの顔を持つ東原妙子さんにお話を伺いました。

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

エディター、「uncrave WHITE」クリエイティブディレクター東原妙子気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

ひがしはらたえこ●ファッションエディターとして、女性誌やブランドの広告、ウェブコンテンツ制作などで幅広く活躍。2020年に「アンクレイヴ」を立ち上げ、2022年からはコレクションライン「アンクレイヴ ホワイト」のクリエイティブディレクターを務める。

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

TAEKOʼs
STANDARD

01

デニム

デニムに求めるのは主役になるシルエット

「長年履き続けているデニム。裾を引きずるようなベルボトムや履くのに苦労したスキニーなど、流行のシルエットをほぼ制覇して感じるのは、デニムこそ更新しないと時代感が出て古臭く見えてしまうということ。その想いも込めて作らせていただいたフィグシリーズの新作“フィグワイド”は、身長に関係なく着こなせる美シルエット。ウエスト位置を高めに設定してテーパードをかけた程よいワイドシルエットだから、きれいめに履けるんです」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子
気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

デニムに女性らしさとスタイルアップが叶うポイントを盛り込んだ人気の「フィグ」シリーズ。その新作は、ゆるさと今どき感を極めたワイドシルエット。フィグの特徴、ハイウエスト&高い位置からの丸みのあるアウトラインはそのままに、ストンとした落ち感ですっきり着こなせます。


TAEKOʼs
STANDARD

02

セットアップ

完璧なバランスと利便性をフル活用

「洋服のことで毎朝悩むのもイヤだし、毎日おしゃれのことばかり考えて生きている訳じゃない(笑)。だからコーデに困ったら、着ていてラクちんでスタイルよく見えるセットアップに頼っています。そもそも組み合わせた時のバランスは完璧だし、ひとつひとつが決して奇抜じゃないから着回ししやすいのが一番の魅力。セットで着れば映えるし、単品でも名脇役として大活躍。しかも合わせるアイテム次第で3シーズン着ることも。 “セットアップとして作られているものはセットで購入すべし!”です」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子
気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

TAEKOʼs
STANDARD

03

肌見せトップス

トップスを替えるだけで軽やかに鮮度アップ!

「気持ちも着こなしも、春は軽やかに行きたいですよね。そんな時、私は肌見せトップスに手が伸びます。今季のトレンドともリンクしているシアー素材をはじめ、背中が開いたブラウスやオフショルダーのカットソーなど、いろいろなタイプを揃えます。透け感があったり肌の一部が見えたりするからこそ、形はベーシックなものがおすすめ。肌見せトップスを持っていると着こなしの鮮度が今年っぽくアップするし、気持ちもリフレッシュできます」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

TAEKOʼs
STANDARD

04

機能性素材

進化した素材を賢く取り入れる

「服を購入する時、ひとつの目線になっているのが素材の持つ機能性。自宅で洗えるか、シワになりにくいか、撥水加工はどうかなど、必ずチェックします。1度着たらクリーニングに出さなきゃならないって現実的ではないですよね。ここ数年、素材の進化は目覚ましいものがあるので、それを利用しない手はないかと。作り手としても今、機能素材に注目しています」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

TAEKOʼs
STANDARD

05

きれい色のワントーン

ベーシックな服を色で遊んだ着映え感が好き

「白や黒やグレージュなどのワントーンも素敵ですが、きれい色のワントーンが好きです。ポイントは色が主張するから、服のデザインはベーシックなものを。きれい色を1点取り入れるとコントラストが付きすぎしまうことがあるけれど、例えばグリ―ンのスカートにグリーンの靴というように、色に濃淡をつけて服と小物で取り入れると手軽に着映えることができます。今年はグリーンやピンク、ブルー系のワントーンを楽しむ予定です」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子
気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

TAEKOʼs
STANDARD

06

イヤカフ

可愛いデザインを見つけたら即買い!

「父が厳しくてピアスを許してもらえなかった高校時代を経て、何だかタイミングを逃しちゃった感のある今。可愛いイヤカフに夢中です。顔立ちのためかネックレスをするとよりコンサバ感が出てしまう気がして、もっぱらアクセサリーはイヤカフがメイン。直線的なデザインやフープなど、シンプルなデザインが好きですね。1つずつ購入できるから、右と左でデザインを変えて複数個つけています」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

TAEKOʼs
STANDARD

07

小さめバッグ

収納力のあるミニバッグをひとつ持ち

「小さなバッグに荷物をぎゅうぎゅう詰める派の私。2個持ちすると1つをどこかに置き忘れることが多くて(笑)。大きなバッグを持つと重心が下がってバランスが悪く見えてしまうので、ある程度の収納力がある小さめバッグがお気に入り。ボストン、巾着、ワンハンドルと形はいろいろですが、案外カッチリとしたデザインが好きです。黒やブラウン、ベージュなどのベーシックカラーがメインですが、急にオレンジ色のバッグが持ちたくなることも!」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

TAEKOʼs
STANDARD

08

男靴・女靴

着こなしと逆のテイストの靴を合わせます

「靴はスタイルのバランスを取るアイテム。だからワンピースを着た時にきれいめパンプスは履かないし、デニムにスニーカーも合わせません。着こなしとは逆のテイストの靴を合わせるのですごく女っぽいか、すごく抜け感があるかのどちらか。キャラクターがしっかりした靴が好きですね。我が家のシューズラックには、ポインテットトゥの美女靴かローファーやスポーツサンダルが所狭しと並んでいます(笑)」

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子
気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

COLUMN

2カ月に1度は日本各地のサウナを巡るリトリート旅へ

気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子

国内外を問わずに旅をしてきた東原さんが、温泉やサウナにハマって以来、1~2カ月に1度はリトリート旅へ。「海外へ行こうと思うと前後の仕事の調整が大変。でも国内なら時差ボケもなく思い立ったらすぐに行けるし、食事もホスピタリティも本当に素晴らしいんです。まだまだ日本にも見たことのない景色や文化がたくさんあるので、その魅力を再認識しています」。集英社のWEB メディア「yoi」の連載「東原妙子のととのい道」も人気。

https://yoi.shueisha.co.jp/

取材・文/向井真樹


こちらもおすすめ!

The post 気になるあの人の“スタンダード”Vol.4 東原妙子 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
PICK UP
RECOMMEND
April 17 Wed
HAPPY PLUS VOICE NEWS新着