夏の「デリケートゾーンのニオイ」問題、どうしてる? 産婦人科医に予防と対策を聞きました!

yoi

なかなか人に相談しにくい、デリケートゾーンのニオイ。特に、汗をかきやすい夏はいつも以上に気になります。とはいえ、洗いすぎはよくないと聞くし、どうやってケアするのが正解なの? そんな疑問にお答えすべく、夏のデリケートゾーンのニオイケアのポイントや予防策について、女性のニオイケアに詳しい産婦人科医の上田弥生先生に伺いました!

デリケートゾーンのニオイに悩む女性のイラスト

96%の女性が気にしているデリケートゾーンのニオイ。その原因は?

「人知れず悩んでいる人が多いので、なかなかその実態が見えてこないのですが、実は多くの女性がデリケートゾーンのニオイに悩んでいます」と上田先生。そこで示してくれたのが、女性向けセルフケアブランド『iroha』が「デリケートゾーンのニオイケア」について17歳〜57歳の女性390名に行なったアンケート調査(2021年5月11日〜19日実施)の結果。このアンケートによると、なんと96%が「ニオイが気になったことがある」と回答しています。

特に生理中に長時間ナプキンを取り替えられないときなど、まわりにニオイがバレていないか心配...という声も。心当たりのある人も多いのではないでしょうか。大多数の女性が悩みを抱えるデリケートゾーンのニオイ問題、そのおもな原因とは?

●おりものシートや生理用ナプキンのムレ

おりものシートや生理用のナプキンを長時間つけたままにすることでデリケートゾーンがムレると、菌が増殖しやすくなり、この菌が汗や皮脂を分解するときにニオイ成分が発生します。「生理中にニオイがキツく感じるという人もいますが、経血そのものが臭いわけではありません。血液は栄養豊富なので、菌がより繁殖しやすくなってしまうんです」と上田先生。

また、汗によって下着が臭っている場合もあるのだそう。「デリケートゾーンは意外に汗をかきやすい場所です。汗のしみたショーツをそのままにしておくと、菌が繁殖して臭くなることがあります。通気性の悪い下着や服を着ているときは注意が必要です」

●尿や便の拭き残し

上田先生によると、尿や便をしっかり拭ききれていない人が、実はとても多いのだとか。「排尿後にきれいに拭き取れていないために尿臭がひどい人や、なかには便が付着したままの人もいます。残った尿臭や便臭がショーツにつくと、時間がたつにつれてニオイが蓄積し、より臭くなってしまうこともあります」

●体質や病気によるもの

デリケートゾーンには、ワキガの原因ともなるアポクリン腺があり、そこから出る汗がニオイの原因になっていることも。「デリケートゾーンからワキガ特有のツンとしたニオイがする場合は、すそワキガの可能性があります。体質ではありますが、汗をかいたらこまめに拭く、除毛する、など、ケアの仕方でニオイを抑えることが可能です」

また、病気による悪臭もあるようです。「魚が腐ったようなニオイがしたり、おりものの色が灰色っぽかったりしたら細菌性膣炎の可能性があります。いつもとニオイが違うと感じたら、早めに婦人科を受診することをおすすめします

ストレスや疲労、野菜不足もデリケートゾーンのニオイと関係あり!?

上田先生によると、デリケートゾーンのニオイは外的な要因だけでなく、ストレスや食事など、生活習慣も大きく関係しているのだそう。

ストレスや緊張によって自律神経が乱れると、汗の量が増えることがあります。するとデリケートゾーンもムレやすくなり、ニオイにつながります。疲れや睡眠不足にも注意が必要です。通常、デリケートゾーンは菌の繁殖を防ぐ弱酸性に保たれているのですが、疲労や睡眠不足で体の免疫力が落ちると、膣の環境が乱れて菌も繁殖しやすい状態になってしまうのです。

また、食事では肉やニオイの強いものをとりすぎないことも大事です肉食に偏りがちで野菜などの食物繊維をあまりとらない人は、汗や体臭や便が臭くなりやすく、デリケートゾーンのニオイにも影響します。ニンニクや唐辛子、香辛料などのとり過ぎも要注意です」

デリケートゾーンの構造を知って正しくニオイ予防!

デリケートゾーンのニオイが気になりながらも、ケアは自己流という人も多いのではないでしょうか。でも、ちょっとした知識を持つことで、より賢くケアが可能になるんです。上田先生に、改めて正しいデリケートゾーンのケア方法を教えていただくとともに、今日から取り組みたいニオイ予防策をアドバイスいただきました!

●デリケートゾーンの構造を意識して正しくケアを

デリケートゾーンを清潔にするのは基本ですが、デリケートゾーンはシワやヒダが多い複雑な構造をしているので、それを意識して洗うことが大切、と上田先生。「自分の体のことなのに、見たことがないという人も多いんです。一度、鏡でどんな構造をしているのか観察してみるのもいいかもしれません」

洗うときのポイントは、溝に指の腹を当てて優しくなでるように洗うこと。「タッチの強さは顔を洗うときと同じくらいソフトに。ただし、細かいところは丁寧に洗いましょう。ソープは泡立つタイプであればしっかり泡立て、泡立たないものは必要十分量を使用します。残ると刺激になるため、しっかりすすぐようにしてください」

●おりものシートや生理用ナプキンはこまめに取り替える

ムレを防ぐため、おりものシートやナプキンはこまめに取り替えることを心がけましょう。ナプキンについた経血に菌が繁殖しやすいので、上田先生によると血を外に出さないために月経カップを使うのも手だといいます。「月経カップはムレも防いでくれますし、ニオイが軽減したという方がたくさんいます」

また、普段はくショーツは、汗を吸収しやすく、通気性の優れたシルクやコットンなどの素材がおすすめだとか。「防臭機能がついているショーツやストッキング、タイツなどもあるので、ニオイの気になりやすい夏場や、長時間着用するときには活用してみてはいかがでしょうか」

デリケートゾーンのニオイ対策のイメージイラスト

●トイレでは「足を開いて」

尿臭を防ぐために気をつけたいのが、トイレでの姿勢。上田先生いわく、足をしっかり広げるという点では、実は和式トイレのスタイルが理想なのだとか。「足を閉じて排尿すると、余計なところに尿がつきやすくなります。ヒダの中に尿の水滴が残ってしまうと外側からは拭き取れず、尿臭の原因に。排尿時はひざをしっかり開くことを意識しましょう」

ウォッシュ、パック、シート…先生&編集部おすすめのニオイケアアイテム

まわりに相談しづらいこともあって、つい深刻に考えがちなデリケートゾーンのニオイ問題ですが、上田先生によると、気にしすぎている人も多いとのこと。

「違和感があるとそのことばかりが気になって、自信まで失ってしまうことも。気にしすぎず、生活習慣や下着、ナプキンの使い方など身近なところから見直してみましょう。デリケートゾーンと向き合うことは、心身ともに心地よい人生をつくるための第一歩。ぜひ正しいケアを身につけて、夏も快適に過ごしてほしいですね」

最後に、生活習慣の見直しに加えて、日々のデリケートゾーンケアに活用したいアイテムをピックアップ! 編集部のおすすめアイテム&上田先生が愛用しているものをご紹介します。

●「インティメイト ウォッシュ」

マイルドな泡立ちでうるおいを逃さず優しく洗い上げてくれるデリケートゾーン専用ウォッシュ。弱酸性の低刺激設計です。「デリケートゾーン用の洗浄剤を選ぶときは、できれば洗浄力が弱く保湿力のあるもの、合成香料や色素など余計な成分が入っていないもの、弱酸性のものが、体への負担が少なくおすすめです」(上田先生)


▶︎yoi STOREで見る

インティメイトウォッシュ

インティメイト ウォッシュ 120㎖ ¥2,750/Waphyto  info@waphyto.com 

●「フェミニン ケアソープ」(デリケートゾーン ボディウォッシュ)

弱酸性・低刺激。濃密泡で優しくしっとり洗い上げます。女性ならではの不安定な時期をサポートするゼラニウムやラベンダーの香りで、ケアタイムが「自分をいたわる時間」に。全身に使えます。


▶︎yoi STOREで見る

フェミニンケア ソープ

フェミニン ケアソープ (デリケートゾーン ボディウォッシュ) 280mL  ¥4,620/Capella beauty info@capellabeauty.co.jp

●LCジャムウ・デリケートパック

ニオイのもととなる汚れをすっきり流すデリケートゾーン用パック。「お風呂で全身洗ったあと、軽く水分を拭き取ってから塗り、3分ほど放置して洗い流します。週に一度、スペシャルケアにおすすめですよ」(上田先生)


▶︎公式HPで見る

LCジャムウ・デリケートパック

LCジャムウ・デリケートパック 100g ¥3,740/ナチュラルプランツ 03-5651-7885

●「アンティーム ハイジーンシート」

うるおいを与えながら清潔で快適な状態を保つデリケートゾーン用洗浄シート。「フィトテラピーの観点からデリケートゾーンに適した成分を研究して作られているシートです。安心安全で、ケアするのがうれしくなる高級感があります」(上田先生)


▶︎yoi STOREで見る

アンティーム ハイジーンシート

アンティームオーガニックbyルボア ハイジーンシート 12枚入り ¥1,650/サンルイ・インターナッショナル 0120-550-626 

●「インティメート デオリフレッシュ」

持ち運びに便利な手のひらサイズのミスト。肌に優しい弱酸性。爽やかなオレンジピールとカモミールの香りをメインに8種の天然精油を配合。「今すぐニオイをどうにかしたい緊急時のアイテムにおすすめです。トイレットペーパーにスプレーし、さっと拭くとリフレッシュします」(上田先生)


▶︎yoi STOREで見る

イロハ インティメート デオリフレッシュ

イロハ インティメート デオリフレッシュ 30mL ¥1,500/TENGA 0800-1000-168(フリーダイヤル)

●AROMEDICA「フェミノール 」50mL<CK限定サイズ>

デリケートゾーンの消臭・洗浄に最適なアロマテラピーのコンセプトから作られたボディ用オイル。マッサージ用としても使えます。「こちらはコスメキッチンで見つけたアイテム。携帯サイズで外出先で気になったときに使えます。バラの香りが優雅ですよ」(上田先生)


▶︎公式HPで見る

夏の「デリケートゾーンのニオイ」問題、どうしてる? 産婦人科医に予防と対策を聞きました!_8

【AROMEDICA】フェミノール 50mL<CK限定サイズ> ¥1,980/Cosme Kitchen ck-customer@cosmekitchen.jp

お話を伺った先生
上田弥生先生

産婦人科医

上田弥生先生

産婦人科医。総合病院、市立病院、都内のクリニックなどで一般産婦人科診療を行いながら、デリケートゾーンのアンチエイジング治療とワキガ・多汗症の治療に携わる。食事療法やアロマ、漢方、心理療法などを織り交ぜ、セルフケアのアドバイスも行なっている。著書に『オトナ女子のためのスメらない手帖 (健康美人シリーズ)』(主婦の友社)など。

構成・文/秦レンナ イラスト/くらちなつき

RECOMMEND
August 8 Mon