将来の“夢”がないのはダメ? メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.17

yoi

夢ってそんなに仰々しくなくてもいい。僕は普段の生活の“好き”の延長でいいと思います。

近所の飛行場に眠る古い飛行機

近所にある古い飛行場。昔、誰かの夢だったかもしれないたくさんの古い小さな飛行機が眠っている。

さまざまな困難が続く中、自分の未来を思い描くことができず、「夢が持てない」と悩む人たちの声をちらほらと耳にします。何か好きなことがあればそれを目標に掲げることもできますが、それすらも見つけられないと、暗澹(あんたん)とした気持ちになることもあるかもしれません。

「『オリンピック選手になる』とか『世界で活躍する』など、人から『へぇー、すごい!』と言ってもらえそうなことは夢として語りやすいけれど、夢ってそんなに仰々しくなくてもいいんじゃないかな。自分にとって“ちょっとしたこと”でも十分なんじゃないかと僕は思います。

例えば、勉強することが好きなら、とことん勉強することでその先に行きたい道が見えてくると思うし、ゲームばかりしてしまうのであれば、いっそそれを突き詰めればいい。もしかしたら、まわりに『ゲームばかりやって…』なんて言われるかもしれないけれど、“好き”からゲーム業界で大成功している人もいるし。“夢”なんて言葉を使わなくても、普段の自分は何をしているのか? 何が好きなのか? に目を向けてみると、自分の生きる道がおのずと拓けてくると思います。夢が見つからないならそれは忘れて、好きだと感じることに正直になってみる。人に迷惑をかけないのであれば、なんでもいい。“好き”は完全に、生きるためのエネルギーなんですから」

葉の落ちた木の枝越しに見上げた青い空

冬、葉が落ちた森の中から雲ひとつない空を見上げる。何もないからキレイでした。

人生の中でのそのとき、そのときの選択こそ、その人の“夢”なんだと思います

メイクアップアーティストとして世界を舞台に活躍し、自身のブランドも手がけ…と、まさに成功を手に入れた人生に見える吉川さん。それは、吉川さんが若い頃から夢として描いていたものだったのでしょうか?

「僕が美容の道を目指したのは…(フフフ)、大学受験がイヤだったからです(笑)。そのときは美容の“美”の字も頭の中になく、どうやったら受験をしないで済むかを考えていて。

当時の僕がのめりこんでいたのは“音楽”。バンドをやっていたんです。ベース担当だったのですが、完全に独学で。楽譜が読めなかったので、耳で聴いてコピーをして、何度も練習をして曲を弾いていました。でも、楽譜は読めないし、“既存曲を上手にコピーする”ぐらいのレベルだったから、感じたことを自由に演奏するようなことは、ずっとできなかった。音楽もベースも好きだったけれど、自由になれない音楽を続けるのはどんどんつらくなっていたんです。

でも、音楽は夢だったから東京に行きたくて、その理由として学校に行こう、と。さらに、勉強に時間を費やしたくなかったから、受験がないところ――それが美容学校だったんです。今から40年ほど前は、男性で美容の仕事を志す人はほとんどいない時代でしたが、たまたま叔父が大手化粧品メーカーに勤務していたんです。その叔父の『これからは男性の美容従事者も増えていく』というひと声で、僕の美容人生が始まりましたが、実は初めは、それほど美容に興味があったわけではないんですよね(苦笑)。

それでもこの業界で仕事を続け、そのとき、そのときに決断してきたから今の僕があるのであって、初めからこの状況を目指していたわけではありませんでした。正直、若いときは今の姿なんて思いつきもしなかったかも。自分でもどうなるかわからない…それこそが自分の可能性だと思うんです」

裏庭の壁に描かれた、花の落書き

花の落書きが、花ひとつ咲かない殺風景なバックヤードを可愛く見せていた。

「“いい会社に入ったら最高”というのは、ひと昔前の価値観。今はそんな考えもだいぶなくなってきていますよね。だからこそ、人に語れるようなカッコよさがなくても、夢に値しないと言われても、ちょっと興味があるくらいでも、『こんな夢はダメ』ということにはならないと思います。今は、気になる人がいればSNSでダイレクトメッセージを送ってアクセスできる時代。その人がやっていることを自分が目指すこともできるわけだし。

戦争やコロナ、環境問題など、世の中は不安と不満に満ちあふれています。だったら自分でその問題を解決するような仕事を目指してみるのもいい。ヘンな言い方だけど、残念に思えることって、すべて仕事になるんです。ちょっとでも気になるのであればそこからやってみる。なんでもそうですが、自分が生きてきた中での経験による想いからしか、何かをスタートすることはできない。見たこともない、聞いたこともないことをいきなり始めようとしても難しい。これまで自分が経験してきたことが、いろいろなところでつながっていくんだと思う。

本来、人間は健康であれば退屈はイヤなはず。人ってエネルギーを持っているから。だから、やりたいこと、やりたくないことを自分の欲求に従ってリリースしていかないと。誰しも可能性は無限大。何を夢にしたっていい。それを“夢”だと人に言うか言わないかは関係なく、ね」


まさかの、吉川さんが美容好きからのスタートではなかったというエピソードには驚き! そのとき、そのときに、無意識でも自分で何かを選び、進んでいくことが現在につながり、さらに突き進むとそれが未来=夢になっていくのかもしれませんね。

吉川康雄

メイクアップアーティスト

吉川康雄

1983年にメイクアップアーティストとして活動開始。 1995年に渡米。2008年から19年まで「CHICCA(キッカ)」のブランドクリエイターを務める。現在は、ニューヨークを拠点に、ファッション、広告、コレクション、セレブリティのポートレートなど、トップメイクアップアーティストとして活躍中。自身が運営するウェブメディア「unmixlove(アンミックスラブ)」で美容情報を発信する中、2021年春に「UNMIX」を立ち上げる。

撮影/Mikako Koyama 取材・文/藤井優美(dis-moi) 企画・編集/木下理恵(MAQUIA)

吉川さんが仕事で使っているメイクパレット
“ひとりメイク”を楽しんで! メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.16
吉川さんが大好きというボードウォークのわきに咲く花
人生に我慢は必要? メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.15
萎れてうなだれる、花瓶に生けられた花
素の自分を愛するには? メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.14
薄緑に芽吹く、コネチカットの森の木
人生を楽しむためにすること メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.13
コネチカットの吉川さん自宅に咲くつつじ
メイクとコンプレックスの関係 メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.12
色とりどりのチューリップの写真
家族、パートナー、友人との距離感って? メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.11
古いセメント工場で見つけた排水の水たまり
失敗のススメ メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.10
UNMIXのメイクイメージビジュアル
【yoi限定スペシャルプレゼント!】まぶたのくすみが美しいって本当? メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.9
吉川さんの試作したファンデーションの数々
美しい肌ってどんな肌? メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.8
森の中の家の壁に木々が影を落とす写真
2022年、自分らしく生きるためのヒント メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.7
コネチカットの冬枯れした草原と小道
Withコロナの今だからこそ、考えたいこと メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」Vol.6
UNMIXのリップ ラインナップの写真
メイクアップブランド「UNMIX」で伝えたいこと メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」 Vol.5
濃いピンク色の芍薬の花びら写真
私たちがメイクをする意味ってなんだろう? メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」 Vol.4
女性にメイクをする吉川さん
自分に触れて、自分を元気づけて メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」 Vol.3
吉川さんがリモートワークしている森の中の住まい
「認めること」から始めよう メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」 Vol.2
枯れているけれど、まだ少し咲いている道端のバラ
キレイってなんだろう メイクアップアーティスト 吉川康雄「世界はキレイでできている」 Vol.1
RECOMMEND
July 8 Fri