好きな歯ブラシができました。『クラプロックス』の「CS5460 ウルトラソフト」

yoi

海外旅行に行けなくなるとは思ってもみなかった2019年秋、スイスのドラッグストアで「とある歯ブラシ」を買いました。

今日のEditor’s Pick!

青い 歯ブラシ

CURAPROX  CS5460 ウルトラソフト¥990/クラデンジャパン 0120-985-572 https://www.curaprox.shop/

それから2年半、変わらず使いつづけているのが「クラプロックス」の歯ブラシです。歯が丈夫で、ほとんど口腔トラブルに見舞われたことがない歯科強者として日々邁進している身ですが、鬼に金棒のようにこちらで歯を磨いています。

すっかり生活になじんでいるため、Editor’s Pick!に思いつかないほどでしたが、買い替えのタイミングで「これこそ!!」と気づき、ご紹介できればと思います。

オーラルケア先進国のスイスで生まれたクラプロックスは、お土産ものとして有名なので、ご存じの方も多いかもしれません。特徴は、非常に柔らかく、毛量が多いこと。名前のとおり5460本の毛からできていて、ブラシを歯にあてたときの接触部分のフィット感がとても気持ちいい!

ただ普通に歯磨きをしているだけなんですが、「あれ? 歯磨き上手になった?」と錯覚するくらい、どの角度でもピタッと吸いついてくるかのような新感覚の磨き心地です。素材は一般的なナイロンではなく自社開発のポリエステルのCuren®繊維だそうで、確かにぼーっと適当に磨いていて歯肉にこすれても、血が出たり痛かったりすることはありませんでした。立体的な持ち手部分も握りやすく、カラーリングもめちゃキュート。要するにどんな状況下でも最高のパフォーマンスをする…なんだかプロのたたずまいですね。

ネックがあるとすれば、歯ブラシにしては高いお値段でしょうか。そこは要検討ですが、一般的なものよりもへたりにくく感じます(一般的な歯ブラシは1カ月ごとの交換を推奨されているのに対して、ブランドによればクラプロックスの歯ブラシは約3カ月使用可能とのこと)。日用品でありながら歯や口腔の健康を担うのが歯ブラシと考えると、いつか、これで磨いていてよかったな~と思う日がくるのではないかと。もしいい歯ブラシを試してみたい! という方がいらっしゃったら、迷わずこれをすすめたいです。

また「CS5460 ウルトラソフト」をベースに、より毛量の多いもの、子供用にサイズが小さいものなど、十人十色の口腔事情に対応してくれそうな豊富な種類展開です。薬局やドラッグストアではほとんど見かけないのですが、オンラインで購入可能なので、ぜひ皆さんチェックしてみてくださいね~。

写真・文/小島睦美(小説すばる) 

RECOMMEND
July 4 Mon