さよなら乾燥肌! Leivyのボディシャンプーゴートミルクでお手軽しっとり肌に #深夜のこっそり話 #1591

SPUR.JP

滝の如く汗を流した1日を終え、帰宅後はバスルームに直行! ぬるめ(というよりほぼ冷水)のシャワーを浴びてから、冷房が効いた部屋で冷えた炭酸水をゴクゴクと流しこむ。これが私の暑さでやられ気味な日のHP回復メニューとなっております。ふらふらになりながらたどり着いたバスタイムに欠かせないのがこちら。Leivyのボディシャンプーゴートミルクです。

かつてクレオパトラはヤギミルクに入浴していたんだとか! そう考えるとリッチな気分で体を洗えますね〜。

友人宅で発見したのちパッケージのかわいさに惹かれて、私も早速バスタイムに取り入れてみました。ネットで泡立てるとあっという間にフワフワ泡が完成。泡とせっけんのような優しい香りが全身をハグしてくれるよう。乾燥肌で肌のうるおいが目に見えて欠乏しがちな私ですが、お風呂から上がると心なしかお肌がしっとりしている気が。「For Very Dry Skin」のプリントがなんて頼もしいのでしょうか。

ホワイトのボトルに走り書きされたブルーの文字。そして緑の大地をバックにたたずむ優しいタッチで描かれたヤギにも、だんだんと愛着が湧いてきてしまいます。1本目は友人と同じ500mlのものを使っていましたが、最近1150mlのビッグサイズのものを新調しました。その全長は私調べで約31.5cm。バスルームに置くとかなりの存在感ですが、そのサイズ感もまたツボなのです。

プリントされた5種類のフォントと薄型ボトルのすっきりとしたフォルムが、お風呂場をモダンな雰囲気にしてくれます。

さらには薬局でお手軽に購入できてしまう点にも大拍手(泣)。1150mlサイズは薬局でなかなか見つけられなかったのですが、ディスカウントストアの大御所ドン・キホーテ様にて発見しましたよ。香りには他に4種類のラインナップがあるようなので、是非とも全種類お試ししたいところ。この1150mlという大容量をいつ使いきれるのか見当もつきませんが

>>ロングヘアの“絡まり毛”を改善するシャンコン 

RECOMMEND
October 2 Sun