20年前のバッグが、UNION WORKSのすご腕メンテナンスで蘇る

SPUR.JP

右から閉めても、左から閉めても。なんの話かって、バッグのファスナーです。噛み合わない。冗談のようにパカっと開いてしまう。そのうえスエードはテカテカ、くったりして形をなさない。20年近く酷使してきましたから、当然です。さらに梅雨時期、住んでいるマンションの壁工事で囲いがされ、湿気がこもったせいか、追い討ちをかけるようにカビまで生えてしまいました!

処分するという選択肢もあったかもしれませんが、これは自分にとってのエッセンシャル・ピース。同僚から「ナミキクラシック」と評された大切なPIERRE HARDYのバッグなのです。小脇にスポッと収まりつつ長財布を始めとした持ち物が無理なく入る”中”容量。こんなに程よいサイズはあるようで、なかなかない。コンテンポラリーなデザインが主張しながらも、どんなスタイルにも合い汎用性は抜群。

何よりも、思い出があります。20年ほど前でしょうか。パレ ロワイヤルの直営店にどうしても行きたくて、友人たちと訪れ、電撃的に出会った一品。私たちがあまりにもキャピキャピ買い物をしていたせいか、店舗スタッフの目にとまり、「君たち写真撮らせて〜」とスナップされ、”ハッピー・カスタマーズ”なるキャプションとともに当時のウェブサイトにポストされたのです(笑)。

というわけで、編集部近辺で定評のあったUNION WORKS さんに頼ることに。まずはメールで事前にご相談。すぐに返信があり、対応策と見積額を提示してもらい安堵しました。今回はジッパーの付け替えとクリーニングを依頼(私のケースでは、計38000円ほど)。2ヶ月後に戻ってきたわけですが、「まあ、ジッパーは直っているだろう」くらいな認識で箱から取り出してみると、想像以上にエモかった! 

スエードがふわっと蘇り、ふっくらしたフォルムも復活。何と言ったらいいのでしょう。買った当時のような、キラキラ感まで取り戻したのです! 正直、「また使えるようになるだろう」くらいの期待値だったのですが、それ以上の感動と高揚感がありました。

RECOMMEND
September 29 Thu