シャネルの芸術を支える「手」が紡ぐ物語に触れる。シャネル・ネクサス・ホールでアンヌ ドゥ ヴァンディエールの写真展を開催

SPUR.JP

東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールでは、2022年8月31日(水)〜10月2日(日)、フランス人写真家、アンヌ ドゥ ヴァンディエールによる「à mains levées シャネルを紡ぐ手 アンヌ ドゥ ヴァンディエール展」を開催する。

©Anne de Vandièr
©Anne de Vandière

アンヌ ドゥ ヴァンディエールは1980年代よりジャーナリストとして活動。1999年から  「手」をテーマにした「H/and」シリーズを発表している。2009年にはトリビュ・デュ・モンド協会を立ち上げ、世界の発展によって脅かされている民族や部族に属する人々のポートレートや証言を紹介することで、彼らの置かれた状況の脆さや不安定さに焦点を当てるべく積極的な活動を展開。その作品はパリの人類博物館をはじめ、多数の美術館やギャラリー、国際写真展などで紹介されてきた。

©Anne de Vandièr
©Anne de Vandière

本展のためにヴァンディエールはカンボン通り31番地にあるシャネルのオートクチュールのアトリエと、そのクリエイションを支える、フランス国内のメティエダール(伝統的な技巧と研ぎ澄まされた職人技により、唯一無二の特別なクリエイションへと昇華させる芸術)の13のアトリエを取材。ツイードや刺繍、プリーツ、カメリアなどの職人たちの手による、芸術とも言える物作りにスポットを当て、その手が紡ぐ物語を描き出すことに成功した。

aaaa
©Anne de Vandière

13のアトリエの中には、メティエダールの中心を担い、またその継承を目的とした場所として2021年にパリ郊外に誕生した「le19M」に拠点を構えるアトリエも。ここには刺繍のルサージュ、モンテックス、羽根・花細工のルマリエ、帽子のメゾン ミッシェル、プリーツのロ二オン、靴のマサロ、金細工のゴッサンスなどが入居している。一方、手袋のコース、コスチューム ジュエリーのデリュなどは、「le19M」以外の場所に拠点を置いており、ヴァンディエールはそれらのアトリエも取材してい

©Anne de Vandièr
©Anne de Vandière

本展は、「手は人類が使用する最も古いシンボルのひとつ」と語るヴァンディエールが撮り下ろした数々のアトリエの写真を通して、煌びやかな世界の舞台裏にあるシャネルのメティエダールの精神、そして情熱に満ちた手が紡ぐ物語を紹介するもの。この機会に、シャネルのクリエイションの根幹に触れてみては。


「à mains levées シャネルを紡ぐ手 アンヌ ドゥ ヴァンディエール展」
会期:2022年8月31日(水)~10月2日(日)
会場:シャネル・ネクサス・ホール(東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング 4F)
開館時間:11:00~19:00(最終入場18:30)
会期中無休・入場無料
03-6386-3071(シャネル・ネクサス・ホール事務局)
https://nexushall.chanel.com/program/2022/mains/



text : Shiyo Yamashita

 

RECOMMEND
August 8 Mon