「チャールズ&キース」とココ・カピタンのカプセルコレクションに悶絶!

SPUR.JP

”何も入らない小さいバッグ”が好きです(Small Good Thingsで度々話していますが)。職業柄、日々iPadやPCを持ち歩かねばならず、トートバッグはマスト。「どうせ大きめなバッグを持つし、財布やiPhoneなど小さいアイテムを入れるのは、見た目重視 & ときめき優先で良いんじゃないか!?」と気付いて以来、ミニバッグ収集癖が顕著に。そんなコレクションに最近仲間入りしたのが、シューズ・バッグブランドの「チャールズ&キース」と、アーティスト、ココ・カピタン(SPUR8月号のスナップ企画にも登場いただきました)のカプセルコレクションのバッグ!

それがこちら。コロンとした、オブジェのようなルックスのハンドバッグです。ココ・カピタンの作品でもよく見られる、印象的なハンドドローイングと、ブルーのデイジーがステッチで施されています。実はこのバッグ¥10,900という、お財布に優しいプライスなのですが、ステッチの細かさや、バッグの内側にあしらわれたカラビナ(刺しゅうにも採用されている爽やかなブルーにカラーリングされていてかわいい)など、ディティールがかなり凝っているんです。型崩れがしにくいシルエットなのも嬉しいポイント。

見た目以上の収納力!
見た目以上の収納力! 実はカードケースもココ・カピタンの展示「Naïvy」 でゲットしたもの。

小ぶりなバッグですが、マチがあるので財布やリップ、自宅の鍵や持ち歩き用の香水など必要最低限のものは余裕で収納が可能。内にはポケットも配されているので、社員証を入れたカードケースを入れています。付属のストラップをつければボディクロスバッグになるので、撮影の時など、ハンズフリーで動きたい現場でも活躍しそうな予感です。

また、このカプセルコレクションにラインナップされているローファーもすかさずゲット! 連日続く暑さが原因で、遊び心のある装いをすることへのモチベーションを失いかけていたのですが、このハンドバッグと、ローファーがあればワクワクする気持ちも復活! 「明日はどういう服を着ようかな~!」と考えながら、就寝する喜びを久々に実感することが出来ました。 

>>ロエベのポーチはシックな相棒

>>ミニ派な私はMM6 Maison Margielaのチェーンウォレット

RECOMMEND
August 18 Thu