ミニボトルで運命の「メゾン ルイ マリー」をディスカバー

SPUR.JP

服やコスメは悲しいくらいに思い切りよくポンポンと買えるのですが、香水の購入にはなぜか慎重です。買った後に"なんか違う“となった時に使い道に困りますし、そもそも売り場でたくさんの香りの中から、ピンとくるものを探す作業がまだ上手くできません。いろいろと嗅ぎすぎて何が何だったか分からなくなったり、これだけ嗅がせてもらったなら、何か買って帰らねば!というお店側への不要な気遣いをしてしまったり……。そんなこんなで、7.8年前から同じ香水を何度もリピート買いしている香水の新規開拓下手な私にうってつけのアイテムを発見しました。「メゾン ルイ マリー」のパフュームオイルディスカバリーセットです。

セットになったのは計5種。使いかけのため写真には映しませんでしたが、植物園をイメージした清々しいウッド系の“NO.2”と同じくウッディノートだけどもう少しスパイシーな“NO.4”が入っていました。
セットになったのは計5種。使いかけのため写真には映しませんでしたが、植物園をイメージした清々しいウッド系の“NO.2”と同じくウッディノートだけどもう少しスパイシーな“NO.4”が入っていました。

香水といいますか、パフュームオイルになるのですが3mlサイズボトルが5つ組み合わされたお試し用セットです。「メゾン ルイ マリー」は、フランスのフレグランスメゾンで、歴史的に有名な植物学者の子孫がその植物への情熱や知識を引き継いでフレグランスに落とし込んでいます。そんなブランドのバックボーン、シンプルで洗練されたパッケージに惹かれ、ずっと憧れつづけていたのですがこれまで手に取る勇気が出ず。ネットでこちらのお試しセットがあると知り、しかも5つも入っていて10000円でお釣りがくるならお得!と思ってついに購入にいたりました。私は海外ECサイトSSENSEで購入しましたが、実店舗であれば香水専門店Nose Shopでも買えるようです。
1.2個お気に入りの香りに出合えたら、儲けもの!くらいに思っていたのですが結果、全部違って全部いい。"捨て香り"なしの大当たりで、気分に合わせてすべての香りを身に付けられそうです。香りの特徴としては、ウッドノートやフローラル系がメインで、どれもちゃんと個性と深みがあって"人と被らない“感じ。オイルという形状が出先で塗り直すにも向いていて、ポーチに1つ入れて持ち歩いています。当初は全てを使い切った後に、お気に入りを通常のボトルサイズで買おうと思っていたのですが、今ではこのセットをおかわりするのもありなのでは?とすっかりお試しセットのお得感の虜なのでした。

>>イソップのフレグランスの“沼”にはまりました

>>他の誰かとカブらない“ニッチフレグランス”のススメ

RECOMMEND
August 18 Thu