"うるみ"のひと癖を唇に、目もとに、フェイスに。KANEBOの秋新色で自分の個性を光らせよう

SPUR.JP

この秋にKANEBOが提案するのは、"うるみ"を効かせたメイクアップ。顔の各パーツの個性を際立たせるようなティントリップ、フェイスカラー、アイシャドウが登場する。

カネボウ ティントリップコート(左から)
カネボウ ティントリップコート(左から)EXL1、EXL2、EXL3、EXL4 各¥3,300(2022年8月5日から数量限定発売)

とろけるようなうるみ膜が唇を包み込み、透明感のあるふっくらした唇を作るティントリップ。

ダミイダミイ
上から EXL2、EXL3

生命感みなぎるレッドをみずみずしく仕上げた「EXL1」のディープレッド、柿の実のような落ち着きのあるオレンジにとろけるような蜜の質感が合わさった「EXL2」のメルティオレンジ、深みのあるブルーから鮮やかな血色感が混じり、自分だけの色の変化が楽しめる「EXL3」のヴィンテージモーヴ、多彩なパールが詰まったゴールドブラウンに唇の赤みが加わりながら華やぐ「EXL4」のカッパーブラウンの4色が限定発売される。

カネボウ リップラスティングコート ¥3,200
カネボウ リップラスティングコート ¥3,520(2022年8月5日から発売)

口紅の上に重ねて使えるトップコートは、塗りたてのような美しい色を長時間キープしながら、唇を保湿できる優れもの。軽やかでみずみずしいテクスチャーなので、重くならない点も◎。口紅を落ちにくくする働きもあるので、日常のマスクメイクに打ってつけ。

カネボウ ポップタップジェリー(左上から時計回り)
カネボウ ポップタップジェリー(左上から時計回り)EX1、EX2、EX3、EX4 各¥3,300(2022年8月5日から数量限定発売)

うるみ感のあるテクスチャーで、目もとやフェイスなどに使えるマルチジェリー。肌にのせるとパールが生み出すうるみツヤが繊細に煌めき、いきいきとした表情に。ウォーターベースのアクアタッチ処方が皮脂やこすれに強く、夏の暑さにも負けずツヤ感をキープしてくれる。

カネボウ N-ルージュ
カネボウ Nールージュ(左から)EX5、EX6 各¥4,400(2022年8月5日から数量限定発売)

濃密な発色なのに、唇の上で光感をコントロールする成分「2Dコンプレックスコントロール」をカラーごとに合わせて絶妙に配合したNールージュ。マットなのにかすかに光をまとえるネオフラットな仕上がりは、「ありそうでなかった」と発売前から話題に。

EX5
EX5

青みピンクにひとさじのくすみをプラスして儚い色気を帯びた「EX5」のモーヴピンク、荒野の砂漠のような普遍的な情景と自然がもつ強さを宿した「EX6」のブラウンレッド。どちらも唇の美しさを引き立てて、肌の色までキレイに見せてくれる。

カネボウ レイヤードカラーズアイシャドウ
カネボウ レイヤードカラーズアイシャドウ(左から)EX2、EX3(※コンパクト、ツール&ブラシセット)各¥6,050(2022年8月5日から数量限定発売)

レイヤード次第でさまざまなアイメイクを堪能できるレイヤードカラーズアイシャドウ。しっとり心地よいテクスチャーで、重ねても濁らず軽やかな仕上がりに。

EX3
EX3 パレット左から順に

アンティークピンクのレイヤードが楽しめる「EX2」のノスタルジック ピンク、野生の情景からインスパイアされた「EX3」のワイルド ランドスケープ。モダンな4色でこなれた目もとが簡単に作れる。

KANEBOの秋新作を味方に、あなたの個性を活かしたメイクアップに挑戦してみよう!

カネボウインターナショナルDiv.
kanebo-global.com
0120-518-520

text:Mai Mori

>>ビューティニュース

RECOMMEND
August 8 Mon