季節をシームレスにつなぐ。ボレロとカーディガン、私の選択

SPUR.JP

モードの新たな潮流として、ボレロとカーディガンが台頭。暑い夏の冷房対策としても、秋冬の着こなしへとスマートにつなぐ橋渡し的な存在としても、重宝すること間違いなし。リアルにまねしたいスタイリングのヒントを紹介。
ここではSPUR7月号から一部の内容をお届け。

一枚のボレロとカーディガンを着回し

ボレロ


(右)旬なミニスカートとセットアップで
裾が切りっぱなしになったヴェトモンのボレロを着回し。フォーマルさとラフさを兼ね備える一着は、ウエストから裾が斜めにカットされたシャツの上から羽織って、デザインのギミックを際立たせて。ビッグショルダーのタフさを和らげるのは、ミニスカート。同素材のボックスシルエットでフェミニンな装いに。
ボレロ¥214,500・スカート¥117,700/リステア(ヴェトモン) シャツ¥28,600/ザ ファクトリー(ジェーン スミス) 靴¥75,900/アマン(エレメ)


(中央)甘やかなドレスをエッジィに転換
永遠のガーリーマインドを体現する、上品なレースのドレスにボレロを投入。ほつれた裾のディテールが、パンキッシュなアティチュードをひとさじ。ロマンティシズムを抑えながら、エッジィな表情を引き出すミックス&マッチが完成。アッパーがクリアなミュールで抜け感のある足もとにすると、装いにリズムがもたらされる。
ボレロ¥214,500/リステア(ヴェトモン) ドレス¥308,000/エストネーション(コラム) 靴¥79,200/エディット フォー ルル(MARYAM NASSIR ZADEH)

(左)デニム・オン・デニムの変化球として
ベスト、ボトム、ブーツまで、異なるトーンのデニムで統一した上級者のグラデーションコーディネート。そこにスパイスとしてボレロを添えて。デコルテとおなかの素肌がのぞく部分を強調する役目を果たし、地厚な素材使いの着こなしを、軽やかな印象に仕上げる。
ボレロ¥214,500/リステア(ヴェトモン) 中に着たベスト¥42,900/ブランドニュース(イン) パンツ¥28,600/イレーヴ イヤリング¥30,800/ENEY松屋銀座(エネイ) 靴¥73,700/ディーゼル ジャパン(ディーゼル)

カーディガン


(右)シアー素材を生かした繊細なレイヤード
トーガのシアーなカーディガンを3スタイルで装う。まずは、キャミソール型ボディスーツを手に取って。一枚ではハードルが高いアイテムだけれど、カーディガンの透け感を生かし繊細に肌見せを調整すれば大人っぽく好転できる。アニマル柄のペンシルスカートでインパクトを添えて。
カーディガン¥37,400/TOGA 原宿店(トーガ) ボディスーツ¥13,000/LYDIA(TW) スカート¥33,000・靴¥41,800/ザ ファクトリー(ジェーン スミス)


(中央)カットソー感覚でジレのインナーに
ボタンをすべて閉じればインナーとしても使えて格段にコーディネートのバリエーションが広がる。フロントのVラインが美しく重なるネイビーのジレを重ねて。素材のコントラストのきいたレイヤードスタイルが完成。
カーディガン¥37,400/TOGA 原宿店(トーガ) ジレ¥37,400/ルスティック ショールーム(ルスティック) パンツ¥79,200/Diptrics(マリアーノ) ネックレス¥19,800/ソワリー 靴¥28,600/エディション 表参道ヒルズ店(エディション)

(左)クロップドタンクを大人に着る最適解
クロップド丈のタンクトップをマチュアに着るには?シアーなカーディガンを羽織り、第2ボタンから閉じて裾をボトムにインして。そうすることで、ウエストの肌見せの妙はそのままに、ぐっとマチュアなスタイルに落とし込める。
カーディガン¥37,400/TOGA 原宿店(トーガ) タンクトップ¥13,200/アマン(プロタゴニスタ) パンツ¥52,800/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム) 靴¥70,400/エディット フォー ルル(MARYAM NASSIR ZADEH)

ボレロとカーディガンカタログ9選

一枚で旬な佇まいになれるボレロ

1 スリップドレスを想起させるレースとサテン生地のパーツが印象的。背部のクロスするリボンのあしらいがフェティッシュ。
ボレロ¥52,800/H3O ファッションビュロー(チャンス)

2 タイトな仕立て、胸元のダーツがエレガントなシルエットに導く。
ボレロ¥68,200/スエサダ

3 ノーカラーにチェックの上品な生地。K-POPのディーバのようなニュートロな着こなしで取り入れて。
ボレロ¥26,400/H3O ファッションビュロー(クローゼット)

CARDIGAN
ガーリーなクロップドカーディガン

4 モヘアを緩くシアーに編み、カーヴィな裾のカッティングがニュアンスを添える。
カーディガン¥19,800/エディット フォー ルル

5 表はやさしいグリーン、裏はベージュ。アームも身幅もゆったりとしたつくり。
カーディガン¥20,900/タトラス コンセプトストア 青山店(シーグリーン)

6 ネックのなだらかな曲線が優美。フレッシュなレモンイエローをまとって。
カーディガン¥14,300/TOMORROWLAND(マカフィー)

デザインとシルエットで魅せるカーディガン

7 細いリブ、ウエストのくびれがフェミニンなムード満点。ボタンを閉じれば、ドレスとしても着られるマキシ丈。
カーディガン¥46,200/エスアンドティ(バウム・ウンド・ヘルガーデン)

8 ブランドらしいふわりとしたフォルムに、フリンジをあしらったツイストのある一枚。
カーディガン¥63,800/ブランドニュース(マラミュート)

9 変則的に編み方を変えたリズミカルなデザイン。
カーディガン¥42,900/ブソル(ブソル ウエスクヴヴォヤージュ?)

SOURCE:SPUR 2022年7月号「ボレロとカーディガン、私の選択」
photography: Shinichiro Shiraishi styling: Sumire Hayakawa 〈KiKi inc.〉 hair: Nori Takabayashi 〈YARD〉 make-up: Suzuki model: Maga edit & text: Ayana Takeuchi

↓続きはSPUR7月号でチェック!

RECOMMEND
June 27 Mon