私の料理を素敵にしてくれる、お月様みたいなお皿

SPUR.JP

BIOTOPにはあまり行かないようにしています。だってあんな素敵なもので溢れている空間、行ったら絶対何か買っちゃうじゃないですか! でも最近たまたま近くを通りかかりまして、吸い寄せられるように入店。気付いた時にはレジにいました。(怪奇現象!)

今回思わず購入してしまったのはこちらのお皿。デンマーク人の親子が手がけるk.H WURTZ.の作品です。ユトランド地方のホーセンスにある工房で、ひとつひとつ手作業で制作されています。凹凸のある表明がクレーターみたいで、なんだかまん丸なお月様のようでぐっときたんですよね。色のグラデーションもなんとも美しい!

私の持論として「家の食事は皿が9割」というものがございまして。料理上手ならいざ知らず、可も不可もない私の料理をどうでもいいお皿に盛ると食べることが本当にただの作業になってしまうんです。でも素敵なお皿に盛ったらあら不思議。味は同じはずなのに、なんだかちょっと素敵な時間になるんですよね。だからこのお皿も、きっとこれから私の食事を有意義にしてくれるはず。想定外の出費でしたが帰り道はウキウキ気分でした。

>>自炊のモチベーションは、器にあり

>>京都で出合った、“魚座ブルー”なうつわ

RECOMMEND
July 4 Mon