LAKAのグローバームで、潤いチャージ

SPUR.JP

hinceのクリームハイライトを購入したエディターの声に重なりますが、今季のトラッド回帰なムーブメントを素敵に着こなすためには肌のツヤ感が必要だ! と近頃私も感じています。シャツやデニム、スニーカーなど装いの要素がメンズライクになるからこそ、ひとさじのセンシュアルな艶めきが効きますよね。今までメイクアップの際はザ・名品ともいえるシャネルのハイライター「ボーム エサンシエル フェイスカラー」を愛用していたのですが、この度ポータブルなニューカマーも手に入れました。

眉を凛々しく引き立てるアイブロウでおなじみ、韓国発ブランドのLAKAから発売された「ユースフルグローバーム」です。4色展開されており、私は鼻のラインに沿って、ハイライターとして色なしのPurityを。高めの頬骨の位置には、Moveをチーク代わりに入れています。こちらも発色やツヤ感がほどよく、かなり汎用性のある使い心地。もちろん重ねれば濃くなる分自分で調整がしやすいですね。このひと手間で、光が当たった時の表情のニュアンスがおしゃれに見える気がして重宝しています。小ぶりなフォルムなので、ポーチに忍ばせて持ち歩くのにぴったり。個人的にはシャネルのフェイスカラーを朝使った日は(個人的な使用感としては、ボーム エサンシエルの方が眩しめにツヤツヤと仕上がり、LAKAのものはもう少しナチュラルな印象です!)、メイクアップ直し用としてMoveカラーを携帯。疲れてきた夕方に化粧室でぽっと追いチーク”として肌に載せますと、輝きと色でぐっと顔に活力が蘇る。お恥ずかしながら化粧ポーチを持ち歩く習慣があまりなかったのですが、今はこちらとリップをひとまず持ち歩いております。トライしやすい価格帯も魅力ですし、気分もくいっと上向きにドリフトしてくれる仕上げハイライター、ぜひひとつお試しください!

>>初夏のアイメイクアップ大一番「シメ杉VSサシ山」! 最旬の目元は、際を締めずに、色を挿す!

>>毛穴は閉じるが心は解す。癒しの先をいく洗顔料に夢中です

RECOMMEND
July 4 Mon