飯豊まりえさんが、感情の“色”が見えるカッコいい刑事に!

seventeen

飯豊まりえさんが、感情の“色”が見えるカッコいい刑事に!

SeventeenモデルOGの女優・飯豊まりえさん主演の新ドラマ『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』。愛、悲しみ、怒り、嫌悪などの感情を、色として目で見ることのできる刑事を飯豊さんが演じるよ。感情がバレバレぎみ(笑)な相棒の刑事役には浅野航大さん。ちょっと不思議なこの刑事ドラマ、おもしろそう♪


凛とした刑事のまなざしが素敵

主人公・心野朱梨は、目を合わせた相手の感情が色としてわかる特殊能力をもった“感情捜査官”。取り調べを受けている人の感情を見て、動機をさぐり、真犯人を見つけていくよ。

「人の感情を8種類の色で見ることができ、それをスケッチをして凶悪事件の真相にせまる役柄です。劇中ではモノクロのスタイルが多いのですが、撮影しながら顔や手にメイクさんが色を追加していくライブ感があったりと、スタッフみんなで“心野朱梨”を作っていくんだなと感じています」(飯豊さん)

このキリッとした飯豊さんの雰囲気が、設定にぴったりなイメージだよね。

浅香航大さんの感情の“色”は…

そんな朱梨の“バディ”は、浅香航大さんが演じる警部補・風早涼。エリート街道を歩んでいたけれど、ある事件をきっかけに神奈川県警へ異動してきた熱血刑事。

「犯人を探す、トリックをあばいて事件を解決する、といった刑事ドラマとはちょっとちがっていて、感情の色が見える朱梨とともに犯人と向き合い、動機や犯罪をひきおこした根幹の感情を探っていくところが新しいなと思います。よいドラマにしていきたいです」(浅香さん)

なんと、実在する心理学理論「プルチックの感情の輪」をもとにして人の感情を映像化しているんだって。ドラマを見ながら自分の感情の“色”を想像してみるのもおもしろいかも!

第1話のカギとなる色は、“オレンジ”

東神奈川署の刑事・心野朱梨(飯豊まりえ)は、15年前に両親を亡くした事件をきっかけに、目を合わせた相手の感情を色として見ることができる能力を持っていた。ある日、18歳の少女・咲子(本田望結)が恋人の俊介(芝大輔)とともにホテルの非常階段から飛びおりる事件が発生。朱梨が、警察庁から異動してきた刑事・風早涼(浅香航大)と咲子の事情聴取を行うと、咲子の感情の色は“期待”を意味するオレンジ色だった──。

 

プラチナイト 木曜ドラマ
『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』
7月7日(木)スタート
読売テレビ・日本テレビ系 毎週木曜23:59〜

公式サイト https://www.ytv.co.jp/8octo/

出演/飯豊まりえ 浅香航大 山中崇 ニシダ・コウキ(ラランド) 日比美思 松井玲奈 臼田あさ美 船越英一郎 ほか

Ⓒ読売テレビ 構成/落合佑桂里

RECOMMEND
August 8 Mon
seventeen NEWS新着