桜田ひよりのセルフプロデュース! 5つのコスプレ(?)スタイル

seventeen

桜田ひよりのセルフプロデュース! 5つのコスプレ(?)スタイル

ひよりんが“推し”を追求する連載シリーズ『ひよりの推しごと』最新回は、ファッション企画。新人モデルをプロデュースした企画が「楽しすぎた♡」ということで、こんどは自分自身のプロデュースに挑戦してもらったよ。今までに見たことがない、新鮮な5人の桜田ひよりが誕生!


①推しキャラの『レンちゃん』を私服っぽく表現

「『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』に登場するレンちゃんをイメージした、ピンクコーデ。とにかく可愛いレンちゃんは、ゲームの世界のアバター。高身長がコンプレックスなプレーヤーの女の子が、小さくて可愛らしいコになりたい… と思っていたら出会うんだ。何回観ても泣けるお話なので、まだの人はぜひ! このコーデは、あくまで私服っぽくしつつレンちゃんといえばのピンクをふんだんに取り入れました♡ 動きやすそうなパーカをチョイスしたことで、戦闘シーンも多いレンちゃんらしさを表現できたんじゃないかな。ぽてっとした大きめの帽子もレンちゃんポイント」

②強めギャルで90'sにタイムスリップ

「服を選ぶのも撮影も、めっちゃ楽しかった〜。ひさびさのつけまつ毛(笑)。いちばんの90年代ギャルポイントは、やっぱりヒョウ柄のミニ丈ワンピ。中に何を着るか悩んだ結果、透けトップスにして大正解。重たくなりすぎないし、イケてるギャルっぽさもアップした気がする☆ ルーズソックスは、ピンクもあったけど甘くなりすぎると思って黄緑色に。芯の通った強いギャルをめざしたかったので! アクセはシンプルなシルバー系。透けトップスもアクセも、ヒョウ柄を目立たせるための引き算コーデを心がけました!」

③ガチャガチャおもちゃなMIXスタイル

「遊び心がはじけちゃった(笑)。ジャージって、私的にはどうしてもスポーツや部屋着の印象。でもボトムスに黒のチュールスカートを合わせたことで、イッキにおしゃ見えさせられた気がする! 足もとはジャージとトーンがそろうようにビビッドなスニーカーに。ハデ色で盛り盛りなのにガチャガチャせず、まとまったんじゃないでしょうか? サングラスやイヤリングも冒険してみたから、いざ着るまではごちゃっとしすぎたかも… と不安だったけれど、スタッフさんからも似合うとホメられてテンション上がった♡」

④ふわふわ幻想的なドレススタイル

「たくさんのお洋服を用意してもらった中で、ひときわ目立っていたドレス。形も色もすごくキレイ。全体的に淡い色合いでコーデして、このドレスの幻想的な雰囲気を主役に意識してみました。カギあみニット帽のまんまるフォルムと組み合わさると… 小さいころに観ていたアニメ『やさいのようせい N.Y.SALAD』に出てくるキャベツの妖精に似た気がする(笑)。撮影じゃないと着る機会がなさそうなドレスで、ファッションショー気分♪ ポーズはキメすぎないナチュラルにしたよ」

⑤ いつもと真逆な甘々ピンク♡

「レンちゃんピンクとはまたちがうピンクコーデ! 私服ではピンクを着ることがなくて。せっかくのセルフプロデュース企画、いつもの自分とは180度ちがう色やテイストに挑戦してみたよ。着なれてないから正直ちょっとテレくさい(笑)。パキッとしたピンクよりくすみ系のほうが私には合うかなと思ったのと、シルエットも甘々といえばのふわふわ系よりタイトめ。最近、ちょっとタイトなアイテムを選びがちなんだよね。そのほうが全体のバランスがいい気がして。体型をキープするぞ! って美意識も上がるし。ピンクという挑戦カラーではありつつも、そんな自分らしさも表現できて大満足♡」

セルフプロデュースを終えて…

「お買い物みたいで楽しかった! どれもふだんの私とはちがうテイストだけれど、アイテムひとつからイメージをふくらませるコーディネート方法は組みやすかったな。こんなに幅広くコーデできるようになったのか〜 って私自身がいちばんびっくり(笑)。高1でSeventeenモデルになるまで服はお母さんと買いに行ってて、シンプルな私服ばかりだったんだ。われながら成長した♡ 後輩のプロデュースも夢中になったし、今回は自分でも冒険をしてみて、おしゃれってやっぱり楽しいと実感。またプロデュース企画をやってみたい!」


この5コーデで撮影したそれぞれの写真はSeventeen公式インスタグラムにて公開中。感想をぜひコメント投稿してね!

撮影/浜村菜月(LOVABLE) スタイリング協力/北川沙耶香 ヘア&メイク/田中陽子(Lila) モデル/桜田ひより(STモデル) 文/上村祐子

RECOMMEND
May 21 Sat
seventeen NEWS新着