糖質の少ないお酒は?違いを知って糖質オフ!/内臓脂肪を落とすルール<6>

OurAge

お酒を飲みたいときに気になるのが糖質です。お酒の種類による糖質量を知って、賢い糖質オフを心がけましょう。

内臓脂肪を落とす食事ルール
プチ「糖質オフ」

内臓脂肪をためる原因は「糖質」。そのため食事は緩めの糖質オフ、最近広まっている「ロカボ」がおすすめです。お酒も糖質オフを念頭に。。

※「ロカボ」はローカーボハイドレートの略。食事に含まれる糖質を緩やかに減らすこと。<北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長 山田悟先生提唱>

お酒は選んで飲む

ダイエットに、お酒は禁止と思われがちですが、糖質量を考えて選んで飲めば意外にも大丈夫。

日本酒やビール、ワインなどの醸造酒は糖質が多いけれど、赤ワインなら糖質はやや少なめ。焼酎やウイスキーなどの蒸留酒は基本的に糖質ゼロなので、選ぶならこちら!

●お酒の種類による糖質量の違い

お酒の種類による糖質量の違い

右に行くほど低糖質。焼酎のお茶割り・お湯割り、ハイボール(ウイスキーのソーダ割り)など、お酒を割る飲み物も糖質ゼロなら安心

  • ●混合酒
    カクテル・梅酒など
  • ●醸造酒
    紹興酒・日本酒・ビール・ワインなど
  • ●蒸留酒
    焼酎・ウイスキー・ウオッカなど

監修

横山裕一先生 慶應義塾大学保健管理センター教授

横山裕一さん
Hirokazu Yokoyama

1959年生まれ。慶應義塾大学保健管理センター教授。医学博士。当初、アルコール代謝を研究、米国留学中、アルコール脱水素酵素(ADH7)の遺伝子解析に従事。本センター異動後は、飲酒を含めた生活習慣、メタボリックシンドローム、脂肪肝などをテーマに数々の研究成果を報告。著書に『こうして落とす! 女性の内臓脂肪』(PHP 研究所)

栗原 毅先生 栗原クリニック東京・日本橋院長

栗原 毅さん
Takeshi Kurihara

1951年生まれ。栗原クリニック東京・日本橋院長。医学博士。日本肝臓学会専門医。治療だけでなく病気予防にも力を注ぎ、わかりやすい生活習慣指導に定評あり。肝臓専門医の視点を生かした消化器疾患、糖尿病、高脂血症、脂肪肝、内臓脂肪、肥満などに関する著書多数。クリニックは連日、健康を気遣う中高年で満員に。

ホームページはコチラ

イラスト/かくたりかこ 構成・原文/蓮見則子

PICK UP
RECOMMEND
September 27 Tue