この夏、要注意!「寒暖差疲労」の原因と予防法は?

OurAge

夏の屋外と冷房のついた室内、気温の寒暖差が大きいことで疲れてしまう「寒暖差疲労」はどのように予防すれば良いのでしょうか? 国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授の岡 孝和先生に伺いました。

寒暖差疲労

夏の外の猛暑と室内の冷房…その寒暖差で、自律神経が疲れることが「寒暖差疲労」の原因と考えられています。

自律神経の働きすぎが疲労に関連⁉

「私たちは暑いときは汗をかいたり、血管を拡張させて、寒いときは血管を収縮させて、体温を調節しています。これらはすべて自律神経の働きによります。

しかしこのような変化が一日のうちに目まぐるしく起こると、自律神経が疲れてしまいます。これが疲労の一因と考えられています。ほかに、冷え、肩こり、腰痛、頭痛、めまい、不眠、イライラなどといった症状が現れることもあります」(岡 孝和先生)

運動不足ストレスも寒暖差疲労を引き起こす

「特にコロナ禍で外出が減っている現状下では、外の気温に体が慣れていないケースも考えられます。エアコンで部屋を冷やしすぎない、着るもので小まめに調整することに加え、体温調節に強い体のベースをつくることも大切です」(岡 孝和先生)。

例えば、冷たいものをとりすぎず、栄養バランスのよい食事と質のよい睡眠をとり、ストレスを極力減らす工夫を。軽い運動や規則正しい生活を心がけることも大事。自律神経の働きを整えながら、強化することが「予防」につながります。

寒暖差疲労イラスト

寒暖差疲労の予防策

●飲食を冷たいものばかりにしない

暑いとつい冷たいものに走りがちですが、冷めたいものばかりでは胃腸に負担が

●冷房の風を避ける

風が体に直接当たると、体を冷やしすぎてしまうので、避けるのが〇

●室内の温度は高めに設定

できるだけ外との温度差を出さないためにも冷房の温度設定は低すぎないように

●温度調節がしやすい服装をする

寒いときははおる、暑いときは脱ぐなど、服装を工夫して、こまめな温度調節を

●バランスのいい食事を心がける

体温の調節機能を高めるためにも、栄養バランスのいい食事が大切です

●軽い運動を心がける

運動不足が慢性化すると基礎代謝が落ちてきます。これも寒暖差に弱くなる要因

お話を伺ったのは

岡 孝和さん 国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授

岡 孝和さん
Takakazu Oka

国際医療福祉大学医学部心療内科学主任教授。産業医科大学医学部講師、九州大学大学院医学研究院心身医学分野准教授を経て、2017年より現職。’20年より国際医療福祉大学成田病院心療内科部長を兼任

イラスト/いいあい 構成・原文/山村浩子

RECOMMEND
August 10 Wed