ドラマ『スタンドUPスタート』出演! 竜星涼さんインタビュー「もしも起業するなら?」

non-no Web

【ノンノインタビュー】竜星涼

俳優の仕事は人とのつながりがあって成り立つと感じます

──竜星さんがドラマ『スタンドUPスタート』で演じるのは、会社組織でうまくいかない人や生きづらさを抱える人に起業を持ちかけ、新たな人生へと導いていく自称〝人間投資家〟の三星大陽。カメラの前に立った竜星さんが放つ圧倒的なオーラやインタビュー中に垣間見える人間的な魅力は、大陽と重なる部分が。そう伝えると、「オーラに関しては自分では分からないけど……にじみ出ちゃっているものがあるんですかね(笑)? 」と、ちゃめっ気たっぷりに返してくれた。

「僕自身が大陽と似ていると思うのは、自分の正義を持っているところ。一度決めたことはやり遂げる、欲しいと思ったものは逃さない……見方によってはずうずうしさともいえるかもしれません。人が好きなところも同じ。僕は誰もがいい人だと思っているので、疑いからは入らない。その人の可能性を信じたいんです。人と一緒にいることも、もちろん好き。と言いつつ、一人っ子であまのじゃくなので、一人の時間も大切にしたい。どっちなんだよっていう、ややこしい人間です(笑)」

──大陽のモットーは、「資産は人なり」。竜星さんも、日々、人とのつながりの大切さを実感しているという。

「この仕事を10年以上続けてきたなかで、ご一緒させていただいた方たちとのご縁が生まれて、最近はそれがきっかけでまた作品に呼んでいただけることも増えてきました。俳優の仕事は、人とのつながりがあってこそ成り立つと感じています」

──もしも竜星さんが人間投資家なら、思わず出資したくなるのはどんな人物?

「よく動く人。それを言葉だけじゃなく身をもって示している人は信頼できるし、魅力を感じます。そういう人かどうかは、僕が人の目を見て話すタイプなので、会話していれば分かるはず。そうやって話している時にお互いすべてをさらけ出して同じ熱量を持つことができたら、きっと〝この人に懸けてみたい!〟ってビビッとくるんじゃないかと思います」

Q

もしも起業するなら、やってみたいことは?

1冊まるごと竜星涼監修のファッション誌を発行!

ファッション雑誌が好きで昔からたくさん読んできたので、自分の好きなものをセレクトした1冊を作ってみたい。僕が素敵だなと思う方にオファーして、いろいろなブランドをミックスして。分かる人にはそれがどれだけクレイジーなことか伝わるようなマガジンにしたいです。

Q

竜星さんにとってのヒーロー的存在は?

数多くの影響を受けた矢沢永吉さん

歌がものすごくうまくて、ライブパフォーマンスが素晴らしくて、人間味もある。そして、何よりもその名前を聞いてどの世代にも知らない人はいない。そういう人が本当のスターなんだって思います。矢沢さんが書かれた『成りあがり』は、僕にとって人生のバイブルです!

Q

プライベートで夢中になっていることは?

家で花を飾っている時間が好き

部屋に花があると雰囲気が華やかになるし、どこか心の余裕が生まれる。最近になって、ようやくそんなふうに思えるようになってきました。毎朝、花を水切りして、花瓶に長もちさせる薬を入れてからドラマの撮影現場に向かっています。

P r o f i l e

りゅうせい りょう

1993年3月2日生まれ。2010年に俳優デビュー。映画『泣き虫ピエロの結婚式』や『ぐらんぶる』で主演。2022年度前期のNHK連続テレビ小説『ちむどんどん』では比嘉賢秀役を演じた。

©フジテレビ
©フジテレビ

ドラマ
スタンドUPスタート


三星大陽(竜星涼)は、「"資産は人なり"。資産を手放す投資家はいない!」という理念を持つ、自称"人間投資家"。仕事で失敗した人、夢を諦めた人、さまざまな事情を抱えた"訳アリ人材" に「スタートアップ(起業)しよう!」と声をかけ、生きる希望を取り戻させていく人間再生ドラマ。

●毎週水曜22時~・フジテレビ系にて放送中

2023年3月号掲載
撮影/つぼいひろこ ヘア&メイク/TAKAI スタイリスト/山本隆司(style³) 取材・原文/吉川由希子 web構成/轟木愛美 web編成/内山英理
RECOMMEND
January 30 Mon
non-no Web NEWS新着