【秋のひんやりスイーツ】秋の味覚を先取りできるアイス3選

non-no Web
9月も中盤。
暦は秋になったとはいえ、まだまだ夏日が続いていますね……
そんな残暑の厳しい日は、秋の食材を使ったアイスクリームで、涼しく秋を感じてみるのはいかがでしょう。
今回は、秋の旬を楽しめるひんやりアイスクリームを3つご紹介します!

ほくほく焼き芋 @ おいもわかいも

ヘルシースイーツとして絶大な人気を誇る焼き芋。
熟成焼き芋専門店「おいもわかいも」では、厳選さつまいもを使用した数々の焼き芋スイーツを堪能することができます。
2020年にオープンし、現在は奈良・大阪・兵庫に計6店舗を構える人気店。
今回私は神戸店にお邪魔しました。
こちらで提供されているのが「芋天塩ソフト」。
芋天塩ソフト(¥650)
芋天塩ソフト(¥650)
その魅力はさつまいもを惜しげもなく使用した贅沢さ。
芋天4つと芋チップスがついていて、ちょっとしたランチにもなるボリューム感です。
これで650円はコスパ良い!
ソフトクリームは塩バニラ味。
ねっとり甘いホカホカのさつまいもに、しょっぱくてひんやりしたアイスがよく合います。
芋天のトロトロ食感、チップスのパリパリ食感、ソフトクリームのなめらか食感と、3つの食感が楽しめるのも嬉しいポイント!
まさに、老いも若いも楽しめるアイスです♡

甘酸っぱいリンゴ @ à la ringo(あら、りんご。)

朝食やお弁当の常連であるリンゴも、秋は格別おいしくなりますよね。
旬を迎え本領発揮したリンゴは、余計な加工を加えずそのまま味わいたい!
そんな方は、リンゴ本来の甘味や酸味を活かしたスイーツを販売している「à la ringo(あら、りんご。)」がおすすめです。
店内には、新鮮な青森産リンゴを使ったスイーツやジュースが勢ぞろい。
神戸本店にはイートインスペースも併設されており、その内装もリンゴがモチーフになっています。
可愛すぎて思わずパシャパシャ撮ってしまいました!
こちらで注文したのが「りんごジェラート」。
5品種のリンゴの中から味を選べるジェラートです。
迷いましたが、今回は甘味と酸味のバランスが良い「さんさ」に決定しました。
りんごジェラート さんさ味(¥330)
りんごジェラート さんさ味(¥330)
しゃりしゃりジェラートと、リンゴの繊維が合わさって、唯一無二の食感に。
リンゴをそのままジェラートにしたような果実感を味わうことができます。
ジェラートは甘酸っぱく、てっぺんのリンゴチップスはほのかな甘さ。
暑い日でもさっぱり楽しめるジェラートです!
店舗は神戸・ルクア大阪・青森に計5つ。
お近くの方はぜひお立ち寄りください!

まろやかマロン @ 21時にアイス

洋スイーツとしても和スイーツとしても優秀なマロン。
特にモンブランは若い女性を中心に人気で、SNS等でも話題になるお店がたくさん登場していますね。
モンブラン好きな方におすすめしたいお店が、夜アイス専門店「21時にアイス」です。
昼以降に開店し、21時にもアイスを食べることができる、一風変わったお店。
日本全国に14店舗も展開しており、Instagramでも大人気!
一度はSNSで見たことがある、という方も多いのではないでしょうか。
こちらの定番メニューのひとつが「栗モンブラン」!
栗モンブラン(¥650)
栗モンブラン(¥650)
まろやかなマロンとシンプルなバニラアイスがよく合う♡
底にコーンフレークが入っているので、最後まで飽きることがありません。
主役のマロンはとっても柔らかい! 食べるのがもったいなかったです……
何より、21時に食べるという背徳感がたまらない!
栗モンブラン以外にも、芋・紫芋・抹茶など、モンブランアイスだけでも数々のバリエーションが。
ぜひ自分のお気に入りモンブランアイスを探しに行ってみてください!

暑い日もアイスで涼しく秋気分♪

まだまだ夏日が続きますが、秋を待ちきれない!
暑い日でも、ひんやりアイスで秋の味覚を楽しんでみませんか?
PICK UP
RECOMMEND
October 8 Sat
non-no Web NEWS新着