【この秋、なに読む?】読書で心に潤いを。chiyu的おすすめ本特集!

non-no Web
こんにちは~chiyuです🌷

もうすっかり秋ですね。

秋、一番好きな季節です。

秋といえばやっぱり読書。

今回は、この秋に読んでほしいおすすめの本をいくつかご紹介します!

今回の目次はこちら。
chiyu的おすすめ本4冊
chiyu的おすすめ本4冊
気になる本が1冊でもあると嬉しいです。

ぜひ最後までお楽しみください!

眠るのが楽しみになるかも!【夢を売る百貨店】

眠る前、お気に入りのマグカップでホットティーを飲みながら。
眠る前、お気に入りのマグカップでホットティーを飲みながら。
舞台は、昔から人々に眠りに関係する商品を売って発展してきた街。

ペニーが働くドルグート百貨店では、外の世界から寝間着姿でやってくる客たちに夢を販売しています。

憧れの百貨店で働き始めたペニーと、お店に来るお客さんたちの物語です。

タイトルや装丁からしてキラキラしていて楽しそうな一冊です。

斬新な設定が面白い!

きらきらしていて、思わずわくわくしてしまう世界観です!

夢を見るのが楽しみになります。

<文響社 イ・ミイェ【著】、鈴木沙織【訳】>

溢れるドラえもん愛【凍りのくじら】

月夜に浮かぶくじらのイラストが幻想的。読み終えてから見ると、表紙には物語の重要なポイントが詰まっていることに気づきました。
月夜に浮かぶくじらのイラストが幻想的。読み終えてから見ると、表紙には物語の重要なポイントが詰まっていることに気づきました。
高校生の理帆子は、いつも「スコシ・フザイ」。
どこにいても自分の居場所と思えない。その場の当事者になることのない最低な個性。

自分をそんなふうに客観視している理帆子の父は写真家で、藤子・F・不二雄を敬愛しています。

父が失踪して5年経った夏。
不思議な青年との出会いから、驚くほど冷静で俯瞰している理帆子のいつもと違った内面が出てきます。


正直、理帆子のキャラクターは共感しにくい部分も多かったのですが、後半に畳みかけられました!
辻村深月さんの作品って、後半にガーっと攻めてくるものが多い気がします。

最後には読者をも肯定してくれる作品で、読み終わったときには胸がいっぱいになりました。

それから、ドラえもん愛をここまで詰め込めることに驚きです。
ドラえもん、もう一回見ようかな。

<講談社文庫 辻村深月【著】>

新しいことに挑戦してみたくなる!【マジカルグランマ】

フレッシュな黄色の表紙はまるで正子のエネルギーそのものを表しているかのよう。
フレッシュな黄色の表紙はまるで正子のエネルギーそのものを表しているかのよう。
この物語の主人公、正子は75歳の元女優。

正子は、世間が求めている「いつも笑顔で優しく孫の幸せを願い、最新の機器や情報には弱い"理想の"おばあちゃん」のブランディングで再ブレイクを果たします。

しかし、後先考えない性格で解雇を食らいます。

お金が必要な状況になり、支えてくれる周囲の人を巻き込んで蹴落としてでも目立とうとする正子。

図太く図々しく、前に突き進んでいく正子の姿は、世間のイメージをぶち壊していて衝撃的です。

やりたいことは何でもやる、不可能という言葉が脳内にない正子の性格は混乱を生みますが、それと同時に年齢に関係なく新しいことを受け入れる柔軟さも持っています。

読みながら、自身の価値観の偏りや物事の新しい見方に気づかせてくれる一冊です。

<朝日文庫 柚木麻子【著】>

クスっと笑いたいときに!【WITCHWATCH】

可愛いキラキラした表紙にも惹かれます。想像の斜め上を行く魔法をお楽しみに。
可愛いキラキラした表紙にも惹かれます。想像の斜め上を行く魔法をお楽しみに。
鬼の力を持つ乙木守仁(おとぎもりひと)と、魔女のニコは幼馴染。

高校生になって久々の再会からの、まさかの同居することに!

守仁には使い魔としてニコを守る使命があり、はちゃめちゃな魔法を使うニコを必死に守ります。

二人のやり取りや、登場人物の小ネタが面白いです。

読んでいてクスッと吹き出してしまいます。

想像の斜め上を行く魔法を楽しんでみてください。

<週刊少年ジャンプ 篠原健太>

おまけ~絶賛考察合戦中の韓ドラ【シスターズ】~

最近、久しぶりに見進めている韓ドラがあって、それがとにかく面白いんです!

ドラマ名は「シスターズ」。

主演のキムゴウンさんは、かの有名なトッケビのヒロインです。

キムゴウンさんが大好きなのでもともと見る予定だったのですが、今回三姉妹を取り巻くサスペンスということで、

実は私も三姉妹なので親近感が湧いて、期待値高めで見始めました。

一話から面白くて面白くて、次が気になって次の配信が待ち遠しくなっています。

複雑すぎて説明が難しいので、下の動画をご覧ください!!

終わりに

いかがでしたでしょうか。

今回は読書の秋におすすめしたい本を4冊ご紹介しました。

急に秋らしく涼しくなりましたね。

少し前まで暑すぎて、エアコン代節約のために大学の図書館に通っていましたが、もうその必要がなさそうです。よかった。

秋って読書もそうですけれど、アートとかファッションとか、色々なものに興味が湧いてきます。

もちろん食も。秋冬の服は見ているだけでわくわくするし、おいしいものもたくさんあります。

私は1人時間も大好きなので、この秋は家で本や雑誌を読んでゆっくり過ごす時間を大事にしたいと思います。

皆さんも、感受性豊かに秋を楽しんでください!
本のカバーを見るのもすごく好きです。
本のカバーを見るのもすごく好きです。
RECOMMEND
October 3 Mon
non-no Web NEWS新着