【ENHYPEN】 ENGENEへの好きがあふれた初ドーム公演最終日レポ

MORE

初のドーム公演を大成功に終えたENHYPEN

7人組ボーイグループ・ENHYPENが、昨年11月に行われた日本公演「ENHYPEN WORLD TOUR 'MANIFESTO' in JAPAN」の追加公演でありグループ初となるドーム公演を、1月21日・22日に大阪・京セラドームで開催しました。ENHYPENの表現力の高さが際立ったステージや、7人のENGENEへの感謝と愛があふれた22日最終公演の模様をレポートします!

デビューから2年強。ENHYPENのこれまでの歩みが蘇るセットリスト

ENGENE棒の光に照らされた京セラドーム。『Intro:Walk the Line』が流れ始めると、白とゴールドの煌びやかなジャケットスタイルの7人が精悍な表情で登場!
ミステリアスなハープ音が鳴り響き、ENHYPENという物語の始まりの曲『Given-Taken[Japanese Ver.]』がライブの幕開けを飾ると、ファンは一糸乱れぬパフォーマンスに一瞬で心掴まれた様子。
続いて『Flicker』を熱唱したのち、ドームを埋め尽くすファンに向かって、メンバーがひとりひとり挨拶。

NI-KI「1曲目から胸にグッときた。最後まで楽しんで!」

SUNOO「ENHYPENにとって歴史的瞬間。みなさんにお会いできてうれしい」

JAY「僕たちの初のドーム公演なので、特別なステージを準備したので楽しみにしていて!」

それぞれに熱い想いを語り、ファンもステージへの期待をいっそうふくらませます。

メンバーの「Let’ Go!」の掛け声とともにスタートしたのは、日本オリジナル曲『Always』。
その後も、『Forget Me Not』、『TFW(That Feeling When)』と、爽快感あふれるステージを立て続けに披露。
7人が持つフレッシュで、パワフルなステージに会場は多幸感でいっぱいに♡  

パフォーマンスの間には、メンバー念願の“ファンが作るウェーブを見る”というひと幕も。
その際メンバーが、「(ENGENEが持つペンライトの色を)レインボーにできますか? 青は?」「赤は?」と言うと、JAYがすかさず日本語で「(今、ペンライトの色を変えるのは)ちょっと技術的な問題があるかも」と報告。あまりにも流暢なトークに、ファンも驚いた様子でした! 

この虹色のペンライトの海を見たJUNGWONは、NI-KIに「ムジゲって日本語で何て言うの?」と質問。「虹(にじ)」だと教えてもらうと、「虹、覚えました!」と誇らしげにしていました♪

ファン人気の高い『Let Me In (20 CUBE)[Japanese Ver.]』では、HESEUNGとSUNGHOONの“Nemo”パート(振り向きウィンク)の破壊力に、ENGENEはノックダウン! 
大歓声が沸き起こっていました。

この後、MCはこの“Nemo”パートの話題で持ちきりに。メンバー全員がウィンクを披露することになり、7人の個性あふれるウィンク攻撃に、ファンは何度もうれしい悲鳴を上げていました。
トリを飾ったJAYのウィンクによって、ENGENEの胸の高鳴りが最高潮に達したところで、真夏のムード漂うダンサブルな曲『Upper Side Dreamin’』へ。
続く『Mixed Up』では、NI-KIが重低音ボイスで放つ「I won’t stop」に、会場がどよめいていました。

艶やかなダンスで、ENHYPENの表現力の高さを証明

画面に映し出された堅牢な城の門をくぐり抜け、シアーな赤のシャツに着替えた7人が登場。ダークなムードに包まれた空間でメンバーは、ポップロックジャンルの『Drunk-Dazed[Japanese Ver.]』を大勢のダンサーを従え、激しく、妖艶に展開。
続いて、火柱が上がり赤く染まるステージ上で、『One In A Billion』をテーブルと椅子を活用して、荒々しく、情熱的にパフォーマンス。
JAKEが主役のダンスブレイクで始まる『FEVER』の、熱にうなされているかのような艶っぽい演舞には、ファンも思わず息を呑んでいました。
パフォーマンス終了後、JAKEが「NI-KIさん、僕の『FEVER』のイントロはどうでしたか? 回を重ねて、大人っぽくて、セクシーになったと思いませんか?」と尋ねると、ファンからも大きな拍手が送られ、「同意してくれるんですね!」とホッとした様子を見せていました。

衣装替えを兼ねたMCタイムでは、メンバーがENGENEにリクエストを募り、動物のマネを披露。うさぎや猫、アヒル、ハムスターなど、メンバーが個性あふれるポーズを決めていくなか、愛嬌のプロ・SUNOOだけは、満面の笑みでハートを作るポーズを見せ、ファンをキュンキュンさせていました。

ベージュとネイビーを基調としたプレッピースタイルに着替え終えたメンバーは、オルタナティブ・ロック・ジャンルの『Attention, please!』をエネルギッシュに歌い上げると、カラフルな風船がついたオープンカー型のトロッコに乗車。甘美なヴォーカルが際立つ『Polaroid Love』を、ファンに投げキッスやハートを送りながら歌唱。後方ステージでは、マイクスタンドを使って『Make the change』を披露。
ENHYPEN特有の、軽やかで美しいハイトーンボイスが生きた楽曲が続き、ファンもその美声に酔いしれていました。
そして、疾走感あふれる『Tamed-Dashed[Japanese Ver.]』で、会場に一体感が生まれたところでこのセクションは終了。7つのエンブレムが掲げられたステージ裏へとメンバーは消えていきました。

幻想的な映像をはさみ、全身ホワイトの衣装に身を包んだメンバーは、ヒップホップと1970年代のハードロックをミックスしたサウンドが特徴の『Blessed-Cursed[Japanese Ver.]』、EDMサウンドがテンションをあげる『Go Big or Go Home』を展開。

続くMCでは、TikTokで流行中の「可愛くてごめん」や「おいしくなれ、おいしくなれ、萌え萌えキュン」ポーズを披露したり、いつも応援してくれるENGENEに日本語で感謝を伝える場面が。

NI-KI「近いうちに会うことを約束します。今日オンラインで観てくれているENGENEとも、会場で一緒に楽しめたらうれしいです」

NI-KIの期待がふくらむコメントは、ファンをざわつかせていました。

そして、ダンサーを引き連れた迫力ある『Wings』、強烈な印象を残す『Future Perfect(Pass the MIC)[Japanese Ver.]』が繰り広げられ、観客のボルテージが最高潮に達したところで本篇は終了しました。

遠くない未来にENGENEとの再会を約束

アンコールは、メンバーの「We back」という掛け声とともに、オールドスクールヒップホップサウンドが気分を上げる『ParadoXXX Invasion』でスタート。その後、最後のあいさつでは、7人がENGENEへの感謝の言葉をていねいに紡ぎました。

JAKE「日本語があまりできないので、韓国語で話します。すみません。メンバー全員、ドーム公演にとても緊張していました。というのも、追加部分も多かったし、こんなにたくさんのENGENEの前で公演をしたことがなかったからです。でも、予想していた、期待していた以上に、みなさんが応援して、楽しんでくださったので僕たちは幸せです。心配はいらなかったなと思います。僕たち7人が一生懸命準備したステージを、みなさんが楽しんでくれたらなら嬉しいです。そして、先ほどNI-KIが言っていたように、僕たちすぐに会えますから、それまでどうか幸せで、元気でいてください! (日本語で)ありがとうございます。愛してる」

JAY「(全て日本語で)ドーム公演2日目が終わりますが、こうやって楽しい思い出を作ってくださったENGENEのみなさんと、ドーム公演を期待しながら頑張ってきたメンバーのみんなにも『よくやった!』と言いたいです(※隣にいたJAKEがJAYをバックハグ、JUNGWONはひざまづいてJAYを拝む)。このドームが100%満足できた舞台とは正直言えなくて、次に戻ってこれた時にもっといい舞台をお見せできるように頑張ります。だからみなさん待っていてください! ありがとうございました。みんな愛してる」

HEESEUNG「(日本語で)は〜い! ENGENEは僕たちのエネルギーです。本当にありがとうございます。(韓国語で)僕たち2年の時を経てここへ来て、たくさんのENGENEの前で、同じ空間で公演ができることは大切なことだと思います。これから先も楽しいステージをみなさんに見せて、いい思い出をたくさん作っていきたいです」※ハートサインを送りながら伝えてくれました。

JUNGWON「今日は本当に幸せですね。昨日に続き、今日もとっても雰囲気がいいので、とっても幸せです。実は、昨日より今日の方がプレッシャーがかかっていて、というのも両親が来てくれているからです。たくさんのENGENEが僕たちのことを見て喜んでくださる姿を、家族に見せられてとてもうれしいです。本当に『ありがとう』と伝えたいです。これから先、たくさんのENGENEに会えるように頑張りますので、応援してくだされば、いいステージでお応えしていきたいと思います。(日本語で)ありがとうございます。愛してる!」

SUNGHOON「僕たちにとって初のドーム公演だったのに、個人的に喉の状態が良くなかったことが残念です。でも、大丈夫です。また僕たちはきっとここに戻ってきます。もちろんすごく心残りではありますが、次はもっと頑張りたいと思います。次がいつになるかはわかりませんが、ENGENEの皆さんはちゃんと待っててくださると信じています。(日本語で)僕のかわいいENGENEならできるよ。この2日間、たくさんの方が来てくれました。皆さんも風邪には気をつけてください。健康第一で、おいしいもの、お肉を食べてください。めっちゃ好きやねん。ENGENE、お前だよ! めっちゃ好きやねん」

NI-KI「(目を少し潤ませながら)まずは、僕の夢を叶えてくださったエンジンのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。デビューする前からこの舞台に立つことが夢で、まさかこうして実現するとは思いませんでした。ENHYPENとしてデビューできたも、この大きな舞台に立てたのもENGENEのおかげです。正直、日本にこんなにENGENEがいると思ってなくて、今回の京セラで実感させてもらいましたし、この2日間すごく幸せな瞬間でした。これからもみなさんに恩返しすると約束するので、最後までついてきてください。愛してるENGENE!」

SUNOO「みなさん、この瞬間が来てしまいました。こんなにたくさんの方の前でステージに立っていることが信じられません!。特に今日はENGENEのみなさんの反応が、昨日よりさらによくて本当に驚きました。とてもうれしかったです。もちろん、昨日もとてもよかったですよ!  だからこそ、これからも今日のようなステージにたくさん立ちたいし、ENGENEの皆さんにずーっと会っていたいです。本当に、本当にありがとうございます。これからも度々会いましょうね」

最後に7人は紙吹雪が舞う中、JAKEが作詞に参加した『SHOUT OUT』や、『Forget Me Not』、『Attention, please!』、『Go Big or Go Home』を、思い残すことがないように、ドーム中を駆け巡りながら熱唱。メインステージに戻った7人が、全員で円陣を組みくるくると回る微笑ましい姿に、ファンからは温かい拍手が送られていました。そして、横一列に並んだメンバーは、全世界のファンに向けて新年の挨拶をすると、ENGENEが見えなくなるまで両手を振りながら、感謝の気持ちや再会を約束する言葉を述べていました。パフォーマンスもファンへの想いも最高潮に熱い公演の幕がおりました。

JUNGWON
HEESEUNG
JAY
JAKE
SUNGHOON
SUNOO
NI-KI

Profile

超大型プロジェクト『I-LAND』から誕生したボーイグループで、BTSやTOMORROW X TOGETHER所属事務所を運営するHYBEと総合コンテンツ大手CJ ENMの合作法人BELIFT LAB所属。2020年11月に韓国でデビュー、2021年7月に日本デビューを果たした。メンバーはJUNGWON、HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOO、NI-KIの7人。ファンの愛称は、ENGENE。

【ENHYPEN】NI-KI「いつも応援してくださるENGENEのおかげ」初のドーム公演に向けての意気込みや日本での思い出をインタビュー!

【写真19枚】BTSの後輩・ENHYPENのショーケースイベントの詳細ルポをお届け!

【写真9枚】ENHYPENとENGENEの大切な日に、2022 MAMA AWARDSに登場!

ENHYPEN メンバーが語った制作秘話をたっぷりお届け! 詳しいトラックリストもcheck


写真/(P)&(C) BELIFT LAB Inc. 取材・文/海渡理恵

RECOMMEND
January 30 Mon