韓国旅行で使える韓国語<ショッピング編>【韓国カルチャー通信 #194】

MORE

アンニョンハセヨ! 韓流や韓国ビューティをメインにライター、取材コーディネーターをしている私YUKIが、注目の韓国情報をお届けしていきます。

覚えると役立つ! ショッピングで使う韓国語

韓国旅行で楽しみなことといえば、ショッピングではないでしょうか。

今回は、ショッピングで頻繁に使われる韓国語表現をピックアップ。#192で紹介したファッションアイテムにまつわる韓国語もあわせて役立ててみてください!

地下商店街では試着できるかチェックを!

韓国で洋服を買う時に注意したいのが試着について。百貨店やカロスキルなどの路面店は大丈夫ですが、江南駅や高速ターミナル駅の地下商店街、東大門の卸売市場はアウターを含めて試着ができないお店が多いです。

試着したい時は店員さんに「입어 봐도 돼요?(イボバドデヨ?)」と確認しましょう。靴は「履いてもいいですか?」という意味で「신어 봐도 돼요?(シノバドデヨ?)」と聞くのが自然です。

呼びかける時は、日本語の「あの~」にあたる「저기요(チョギヨ)」と言えばOK。「社長さん」という意味の「사장님(サジャンニム)」もよく使います。

靴のサイズ表記はミリ単位

服はS/M/Lで表記するところが多い一方、独特なのが靴の表記。日本ではセンチで表記しますが、韓国ではミリで表します。

例えば、靴のサイズが23cmの場合は韓国語で「이백삼십(イベクサムシプ)」と言い、23.5cmの場合は「이백삼십오(イベクサムシボ) 」と言います。
韓国旅行でスニーカーを買うという方も多いと思うので、サイズ表記をチェックしておくと店員さんとの会話がよりスムーズになりますよ◎。

現地の人が高確率で尋ねるフレーズ

現地で韓国人の友人とショッピングするとよく耳にするのがこのフレーズ。規模が小さいお店ではディスプレイされている商品をそのまま購入する場合が多く、ストックから新品を出してもらえるか確認したい時に使います。

ファストファッションブランドは日本と同じように展示品を購入するスタイルなので、個人店や地下商店街などでショッピングする際には店員さんに尋ねてみましょう◎。「もし」という意味の「혹시(ホクシ)」をつけるとよりネイティブ感があり、丁寧な印象になります。

地下商店街では現金払いがお得な場合も!

韓国はキャッシュレス大国ですが、規模の小さいお店では現金払いのみだったり、カード払いだと手数料がかかることがあるので、現金を準備しておくのがおすすめ。

カードしかない場合は、カードが使えるか「카드 돼요?(カドゥ デヨ?)」と聞きましょう。また、お店によっては現金払いだと少し安くしてもらえる場合もあるので、現金だとおいくらなのか「현금으로 하면 얼마에요?(ヒョングムロ ハミョン オルマエヨ?)」と確認するのもあり。

ただ、10年~15年前は‟値引き交渉してお安くゲット!”という情報もありましたが、最近は値札がついているお店が増え、値切り文化はほぼなくなっているのでご注意を。

韓国旅行はエコバック持参がおすすめ

韓国は使い捨て製品の規制が進み、昨年11月からは有料のレジ袋も禁止に。有料の紙袋は引き続き使用できるのでオリーブヤングやアパレルショップなどは紙袋に入れてくれますが、韓国旅行の際はエコバッグを持参するのをお忘れなく!

よく耳にする「봉투(ボントゥ)」はビニール袋をさすので、これからは紙袋という意味の「종이백(ジョンイベッ)」を覚えておくと役に立つはず。袋がない場合はお会計の際に「종이백 주세요(ジョンイベッ ジュセヨ)」とお願いしましょう。




  • YUKI

  • 20代の韓国系ライター。K-POPアイドル、俳優にインタビューを行い、現在はソウルと東京を行き来して活動中。美容/コスメ好きで、美容雑誌やWEBマガジンでは韓国美容のコラムを担当。私生活でも3日に1度はポーチに新入りコスメが増える。韓国人ビューティユーチューバーのメイク動画を見るのが癒し。
    Instagram: https://www.instagram.com/__y.92/

20代の韓国系ライターYUKIの韓国カルチャー記事をもっと見る



RECOMMEND
January 30 Mon