関ジャニ∞丸山隆平が語る”幸福学”!「いつだって僕は自分が楽しいと思うことをやっているだけ」

MORE

関ジャニ∞丸山隆平の幸福学!

この日、撮影現場ではあちこちから大きな笑い声が聞こえてきた。その原因はもちろん彼。昔からの友人のようにフランクに話しかけ、あっという間に現場にいる全員を笑顔に変えてしまった。周りに笑いと幸せを届ける「関ジャニ∞」の心優しきムードメーカー。丸山隆平さんが考える、「幸せってきっとこういうこと」。

丸山隆平さんプロフィール

まるやま・りゅうへい●「関ジャニ∞」のメンバーとしてはもちろん、『サタデープラス』のメインキャスターを務めるなど幅広く活躍。また、ドラマ『着飾る恋には理由があって』やブロードウェイミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の演技も話題に。俳優としても注目を集めている。9月25日から舞台『パラダイス』で主演を務める。

“自分のできること”で周りの人を幸せにする

僕は自分がそんなに立派な人間でないことを知っている

そばにいる人が落ち込んでいる時、僕は「大丈夫?」なんて声をかけたりはしない。その人は大丈夫じゃないから落ち込んでいるわけで、そっとしておくのが本当の優しさだと僕は考えるから。誰かを幸せにしたいのなら、自分だったらどうするか、自分だったらどうしてほしいのか、相手の立場に立って考えるのはとても大切なことだと思う。でも、365日、24時間、常にそれができるほど、自分が立派な人間でないことも僕はちゃんと知っている。だからこそ、それができない時は「せめて邪魔をしないでおこう」と。何もしない、それが優しさになることもあるんですよね。

自分のちっちゃい範囲の中で誰かを思い幸せにできれば

自分のことを知ったうえで、自分のできることをする。それが僕の“誰かを幸せにする”ルール。できないことをしようとすればそれは“偽善”になるし、大げさな言葉や行動は“キレイごと”になってしまう。そんなつくりものの優しさは相手の心に届かない気がする。だからこそ、無理したり背伸びをしたりせずに“自分にできること”で周りの大切な人を幸せにしたいなって僕はそう思うんです。

中身は“小2のお調子者”のまま

この世界に入る前、小学生の頃から僕はこんな感じで。昔から“いちびり(お調子者)”だったんですよね。今も昔も、周りを笑わせるのが好きで、笑顔を見るとうれしくて……。ゲッターズ飯田さんの占いでも言われたことがあるんですよ「小学校2年生で気持ちが止まっている大人」って(笑)。いつだって僕は自分が楽しいと思うことをやっているだけで、実は「誰かを笑顔にしたい」なんてそんなたいそうなことは考えていないんですよ。ちなみに、今日はたまたま朝から元気でしたけど、朝からテンションがめちゃくちゃ低い日もある。僕は気分にすごくムラがあるタイプなので。「毎日、誰かを笑顔にしているか」と聞かれたら、その答えはきっと「No」だと思いますしね。

COCOON PRODUCTION 2022『パラダイス』

詐欺グループのリーダーの男(丸山)は、ヤクザに無理難題をふっかけられ仲間と手を広げていく。いっときはうまくいっているように思えたが、やがて暗雲が立ち込める……。● 9 /25〜10/ 3 森ノ宮ピロティホール、10/ 7 〜11/3 Bunkamuraシアターコクーン

関連リンク

【HiHi Jetsと美 少年】圧倒的熱量の舞台『少年たち あの空を見上げて』のゲネプロ&記者会見レポート

菊池風磨&田中樹の思い出とこれから。同期、別グループ、そして同じ舞台へ

【ドリームボーイズ】菊池風磨から見た、田中樹とは? 「ソートー好きなんだと思う、オレのこと(笑)」

【Sexy Zone】爆笑必至のメンバーMCを全力レポ「目を細めたら風磨が勝利に……!?」

俳優・東啓介「たとえキャンプでテントを忘れたとしても困らない」


取材・原文/石井美輪 ※MORE2022年10月号掲載

RECOMMEND
October 3 Mon