【銀座ランチ】クリスチャン・ディオール展へ

Marisol

皆さま、おはようございます。

今日は寒波で冷え込んでいますがお変わりございませんか?


この日曜日に、mayuさん&kumikoさん&吉さんと銀座のbillsへランチに行ってきました。

こちらへ前回訪れたのはオープンした頃。

その当時よりメニューが充実していて驚きました。

空間は相変わらず素敵。

空気が海外の匂いがするし英語が飛び交っていて、気分が高まります。




この後は「クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ」へ行く予定。

(GINZA SIXからシャトルバスが出ているのでその時間まで少しお茶をしたりスナップを撮ったり。)
(この後、私はこのコーデを後悔します泣)


さて、時間になりました。

シャトルバスは事前にGINZA SIX 2階にあるカウンターで予約が必要ですが約15分で東京都現代美術館へ着きました。


デザイナー毎に展示されているセクションでは解説をゆっくり読み鑑賞しながら、昔「ファッション通信」という番組を観ていたのを思い出しました。

(先日BSで再放送していて「懐かしい!」と思わず笑)

当時はファッション情報といえば雑誌かそのテレビ番組からしか情報を得ることができなかったので、毎週とても楽しみにしていました。

懐かしいなぁ。

今はデバイスやSNSの普及で私たちのファッションや流行も随分変化したものだなぁ、と。



この展示は本当に圧巻でした。

ディオールのドレスが素晴らしいのは勿論ですが、展示の技術やセンスも素晴らしい。



次は、ドレスを建築に例えたディオール。

デッサンからパターンをおこして一枚の布を立体化していく、確かに建築によく似ています。

この日レディディオールをコーデに使おうと思っていたのですが、急に心変わりして出掛ける直前に全身チェンジ。

そしたらレディディオールのお部屋があって。

「あーなんでレディディオール持って来なかったんだろう。」と後悔。

やっぱりこのバッグは素敵。

こちらではレディディオールの歴史と歴代の作品が見れます。

ブティックで見るのとはまた全然違う。

見せ方が本当に上手ですね。


授賞式などで大物女優さん達が着たドレスのセクション。

まさに「キラキラした夢の世界」、です。

会期
2022年12月21日(水)- 2023年5月28日(日)
休館日
月曜日(1月2日、1月9日は開館)、12月28日-1月1日、1月10日
開館時間
10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
会場
東京都現代美術館 企画展示室 1F/B2F
観覧料
一般 2,000 円 / 大学生・専門学校生・65 歳以上 1,300円 /中高生以下無料

総評として、映画や本、雑誌などで色々見たりしていても
「目の前にそれがある」
というのはやはり何にも代えられないなと、とても感動しました。


会期は5月末まで。

とても見応えのある展示になっていますので是非お出掛けになられてみてはいかがでしょうか。



それでは、本日も最後までお付き合い頂きありがとうございます。


Tamami
RECOMMEND
February 5 Sun