キーワードは「うるみ質感」。KANEBOの新色で秋メイクを誰よりもおしゃれに!【マーヴェラス原田の40代本気美容 #593】

Marisol
  • WEB美容エディター 原田千裕
  • ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。Instagram:@marvelous.h

「KANEBO」NEW MAKE UP COLLECTION

発売されたばかりのKANEBOの秋の新ポイントメイク。毎シーズン、ワクワクするユニークなアイテムが多いのですが、今回も見逃せないものばかり! 

KANEBOの新ポイントメイクは「うるみ」がポイント!

この秋はメイクの楽しさを解放し、自分らしさを加速させるような「うるみ」のひと癖を楽しむアイテムが充実。その代表格が、こちらのティントリップコートです。そのまま唇にのせても、口紅に重ねても使えるリップコートは限定アイテム。全4色のラインナップです。

こなしやすいブラウンやレッドもあるのですが、ここはやっぱり、KANEBOらしくエッジィなオレンジ(EXL2 Piece of Cake)や鮮やかなディープブルー(EXL3 Be the Change)を手にとりたいところ。色のネーミングも気が利いてますよね!

EXL2は、唇にのせるとまるで柿色の蜜のよう。まさに“Piece of Cake”、気軽につけられる軽やかなオレンジです。EXL3は、実は唇の水分などに反応して色が変わるティントタイプ。こちらも“Be the Change”という名前とリンクしていてワクワク。

しかも保湿成分を贅沢に配合しているから、つけ心地も絶品! ぷっくりツヤツヤ、うるんだ唇をかなえてくれます。

カネボウ ティントリップコート 限定4色 各¥3300/カネボウインターナショナルDiv.<限定発売中>

手持ちの口紅に「うるみ」を足せるリップコートも!

濃密な色・かすかなツヤ・マットな質感。唇の美しさを静かに、けれど圧倒的に際立たせる“ネオフラット”な仕上がりが人気のN-ルージュにも限定カラーが2色登場。

写真左のEX05 Smoky Orchidは、くすみ感を持たせたモーヴピンク。先ほどのブルーのティントとも、きっと好相性! 

色をお見せできないのが残念ですが、もう一方の限定色・ブラウンレッドのEX06 Desert Redにブルーのティントを重ねると、青みニュアンスのうるみと色のゆらぎで危うい色気が醸し出せて……これまた素敵。手持ちの口紅と組み合わせて、自分だけのうるみリップをつくり出すのもいいかも!

そして写真右は新製品。唇にうるみ質感をオンしつつ、口紅の色を長時間キープしてくれるリップコートです。吸油性パウダーが口紅の油分を吸ってゲル膜に変化し、その上にオイルがクリアな層を形成。塗りたての鮮やかな色を引き立てます。こちらも1本持っていれば、すごく役立つはず!


(左)カネボウ N-ルージュ 限定2色 各¥4400<限定発売中>、(右)同リップラスティングコート 全1種 ¥3520/カネボウインターナショナルDiv.

アイ&フェイスにも「うるみ」。マルチユースなジェリーカラー

口もとだけではありません。目もとにも“うるみ”をオンできる限定アイテムが登場します。

ポップタップジェリーは、触れるとプルンプルン。ウォーターベースのひんやりテクスチャーは、蒸し暑い日々のちょっとした癒しにもなってくれること間違いなし。

肌にのせると水分が蒸発し、しなやかに、そしてピタッとフィット。透け感とうるみを感じるツヤ膜へと変化します。ゆえに、毎日汗だくな今、そしてマスク時のメイクにうってつけ!


こちらも限定4色の展開ですが、おすすめの2色をピックアップ。


上はEX1 Twinkle Pink。パールベージュをベースに、角度によって印象を変える大粒ピンク&赤・黄緑の偏光パールが揺らぎ、ドラマティックな眼差しを演出します。


下はEX3 Healthy Bronze。赤みを帯びたパールブラウンに、黄色の偏光パールと赤・茶・白のパールを配合。もちろん目もとにも似合いますが、おすすめはチーク。ヘルシーで華やか、血色感も纏えて表情を引き立てます。マスクでこすれても落ちにくい!


カネボウ ポップタップジェリー 限定4色 各¥3300/カネボウインターナショナルDiv.<限定発売中>

クールモダンな目もとを演出する限定アイパレット

色と光が複雑な絡み合い、重ねるほどに深みと奥行きを醸し出す“印象拡張”アイシャドウにも限定新色が!

こちらのカーキ&ブルーが目を惹くパレット(EX3)は、ウォーム系がたくさん出ている秋新色の中でもとても新鮮な印象。Wild Landscapeと名付けられた、自然の素朴な色彩に少し癖を加えたモダンラスティックな色合いです。

色と光が溶け合う発色は、重ねても色が濁らず、さまざまな表情が楽しめそう。独特の光沢をもつネイビーとカーキを重ねるとモノトーンに近い無彩色もつくり出せて、これまたクール。うるんだ口もと×スモーキーアイも素敵! どんな秋コーデに合わせようか、今から妄想が止まりません。

加えて、アンティークローズのブーケをイメージしたというピンクブラウンのパレット(EX2 Nostalgic Rose)も発売されていますので、ぜひぜひ見比べてみてください。

カネボウ レイヤードカラーズアイシャドウ 限定2種 各¥3300(レフィル)、同カスタムコンパクトR ¥1650、同ブラシ&チップセット ¥1100/カネボウインターナショナルDiv.<限定発売中>

うるみ質感をはじめとする“ひと癖”で、今までにない自分に出会えそうなKANEBOの秋の新ポイントメイク。限定品も多いので、気になるアイテムはぜひお早めに!

イラスト/ユリコフ・カワヒロ
RECOMMEND
August 8 Mon