【牡牛座】8/1~8/31の運勢|がんばるアラフォーのための12星座占い

Marisol
占星術師 レイコ・ローラン

占星術師 レイコ・ローラン

日欧で西洋占星術の研鑽を積む。専門は詳細なホロスコープを用いた西洋占星術だが、兄弟的占術である数秘術も長年にわたり研究を続けている。ウエブエクラで連載の「レイコ・ローラン占い」ブログも大好評。

2022年8月 12星座全体の運勢

個人的な気持ち、欲求、表現したいことに光を当ててみてもよい8月です。本来の自分らしさを掴み直しましょう。ここ数年、社会的な動静に沿って行動しなければならなかったり、何かしら間接的に影響を受け、気がつけば立場が変わっていたり。仕事や人間関係の方向転換も、少なからず経験した人は多いはず。ここで大きな動きに本格的に抗ったり、元の場所に戻ることはできなくても、自身を取り戻すきっかけに遭遇する月となります。社会と自分、その比重は本来はフィフティー・フィフティー。自分を押さえつけるだけでは良い結果は生まれません。これから時間がかかっても、新しい立場や活動の場所を望んでも良いのです。気づいた人から、幸せへのチャンスを掴んでいくようです。

 

■牡牛座の運勢

 

エネルギッシュに動けて入るものの、ちょっとした行動が何かの波乱のきっかけにもなりかねない・・そんなことに気づく月初です。良いことであれば、停滞していたものを動かすブレイクスルーに。悪くすると、ちょっとした炎上騒ぎに発展してしまうこともあるので気をつけて。ただ、何かが起こっても、20日ごろには矢面からは外れる可能性が高いので心配しすぎないように。4日に知性の星・水星が牡牛座から見て「楽しみごと」を表す位置に移動。以降は、誰かと話すときにも楽しい雰囲気を心がけて。または気持ちが煮詰まったときは以前から好きだった趣味に打ち込む時間を細切れにも持つ、などすると、ピンチのときも乗り切れるでしょう。12日の満月は、「キャリア」の位置で起こります。もともとはリアルに見聞きし、触れ合うことで感覚を育んでいくことが得意な牡牛座ですが、ここ数年のコロナ禍で否応なしに変化せざるを得なかったことやその苦労。過程で傷ついていた心を癒す必要に気がつきそうです。23日に全体運を司る太陽が「趣味」や「恋愛」を表す位置へ移動すると、心がふと軽くなるので楽しみに。何を始めるにも遅すぎるということはないので、心のストレッチのつもりで挑戦することを見つけて。27日の新月近辺で見つけたことは、この先も続けられます。

 

イラスト/柏木リエ
RECOMMEND
August 18 Thu