【双子座】8/1~8/31の運勢|がんばるアラフォーのための12星座占い

Marisol
占星術師 レイコ・ローラン

占星術師 レイコ・ローラン

日欧で西洋占星術の研鑽を積む。専門は詳細なホロスコープを用いた西洋占星術だが、兄弟的占術である数秘術も長年にわたり研究を続けている。ウエブエクラで連載の「レイコ・ローラン占い」ブログも大好評。

2022年8月 12星座全体の運勢

個人的な気持ち、欲求、表現したいことに光を当ててみてもよい8月です。本来の自分らしさを掴み直しましょう。ここ数年、社会的な動静に沿って行動しなければならなかったり、何かしら間接的に影響を受け、気がつけば立場が変わっていたり。仕事や人間関係の方向転換も、少なからず経験した人は多いはず。ここで大きな動きに本格的に抗ったり、元の場所に戻ることはできなくても、自身を取り戻すきっかけに遭遇する月となります。社会と自分、その比重は本来はフィフティー・フィフティー。自分を押さえつけるだけでは良い結果は生まれません。これから時間がかかっても、新しい立場や活動の場所を望んでも良いのです。気づいた人から、幸せへのチャンスを掴んでいくようです。

 

■双子座の運勢

 

自分ではどうともコントロールしづらい場所で起こる出来事に、翻弄されつつ、始まる感覚のある月初。けれどもそれは、いわばデトックス的な出来事です。火の粉の降り掛かりがあると決してラクではないけれども、この先、特に火星が双子座に移動する20日以降、あなた自身がコントロールできることがグンと増えていくので、楽しみにしていてください。4日に双子座の守護星でもある水星が、「家庭」の位置に入ります。以降は、仕事はどちらかというと在宅ワークを多めにした方が、家事との両立や、こどもとのコミュニケーションにおいて有利に働きそうです。考え事は家でする。もしくは、外にいても“自分の内側”“心”と語り合ってみる。そんな姿勢でいると、逆にうまくいくことが多いはず。その傾向は、月末まで続いていきます。一方で、12日に起こる満月は、ここ数年コロナ禍でストップさせられている、遠い場所への旅行欲などが今一度刺激されそう。とはいえこんな状況なので、いつになったら叶うのか・・というジレンマに。煮詰まりそうになったら、半年後に設定をしましょう。実現の可能性が高いです。26日に水星が「趣味」や「楽しみごと」を表す位置へ移動して以降は、おすすめなのは、いわばひと足早い“読書の秋‘。面白そう、のワンワードだけで選んだ本を傍に並べてひたすら読む。それが開運につながります。

 

イラスト/柏木リエ
RECOMMEND
August 18 Thu