【獅子座】8/1~8/31の運勢|がんばるアラフォーのための12星座占い

Marisol
占星術師 レイコ・ローラン

占星術師 レイコ・ローラン

日欧で西洋占星術の研鑽を積む。専門は詳細なホロスコープを用いた西洋占星術だが、兄弟的占術である数秘術も長年にわたり研究を続けている。ウエブエクラで連載の「レイコ・ローラン占い」ブログも大好評。

2022年8月 12星座全体の運勢

個人的な気持ち、欲求、表現したいことに光を当ててみてもよい8月です。本来の自分らしさを掴み直しましょう。ここ数年、社会的な動静に沿って行動しなければならなかったり、何かしら間接的に影響を受け、気がつけば立場が変わっていたり。仕事や人間関係の方向転換も、少なからず経験した人は多いはず。ここで大きな動きに本格的に抗ったり、元の場所に戻ることはできなくても、自身を取り戻すきっかけに遭遇する月となります。社会と自分、その比重は本来はフィフティー・フィフティー。自分を押さえつけるだけでは良い結果は生まれません。これから時間がかかっても、新しい立場や活動の場所を望んでも良いのです。気づいた人から、幸せへのチャンスを掴んでいくようです。

 

■獅子座の運勢

 

自分自身の掲げる目標にあらためて難しさを感じ、傍らで起きていることにふと目をやると、重たい荷物のように感じたり・・。決してスッキリした気持ちで迎える月初ではないかもしれませんが、物事がもう少し軽い方へと、動いてくれるのはこれからです。4日にコミュニケーションの星・水星が獅子座から次の星座へバトンタッチ。自分こそが何かを言わなくてはいけない、というメッセンジャーの役目にはひとまず区切りが。また、12日に”愛され星“である金星が獅子座に入室。以降は、本来もっとユーモラスであったり、享楽的であったり、人を楽しませることが好きな獅子座の本領が徐々に蘇ってきます。ただし12日当日に限っては、満月でもあるので、一瞬重たい気持ちが戻ってくる可能性もありますが、焦らずに。困難を乗り越えることも人生のドラマと捉え、胆力もひと1倍の獅子座。それでも「やっぱりこの山は重い」と感じるかもしれません。楽しいことは周囲にたくさん転がっているようで、この一部の困難はなんだろう、と途方にくれてしまいかねませんが、それは永続するものではありません。解決は半年後くらいにやってきます。下旬にはさまざまな星が「所有物」「金運」などを表す場所へ移動するので、今買いたいもの、揃えたいもの、またはよりよい貯蓄方法などに目を向けるのも吉です。 

 

イラスト/柏木リエ
RECOMMEND
August 18 Thu