【蠍座】8/1~8/31の運勢|がんばるアラフォーのための12星座占い

Marisol
占星術師 レイコ・ローラン

占星術師 レイコ・ローラン

日欧で西洋占星術の研鑽を積む。専門は詳細なホロスコープを用いた西洋占星術だが、兄弟的占術である数秘術も長年にわたり研究を続けている。ウエブエクラで連載の「レイコ・ローラン占い」ブログも大好評。

2022年8月 12星座全体の運勢

個人的な気持ち、欲求、表現したいことに光を当ててみてもよい8月です。本来の自分らしさを掴み直しましょう。ここ数年、社会的な動静に沿って行動しなければならなかったり、何かしら間接的に影響を受け、気がつけば立場が変わっていたり。仕事や人間関係の方向転換も、少なからず経験した人は多いはず。ここで大きな動きに本格的に抗ったり、元の場所に戻ることはできなくても、自身を取り戻すきっかけに遭遇する月となります。社会と自分、その比重は本来はフィフティー・フィフティー。自分を押さえつけるだけでは良い結果は生まれません。これから時間がかかっても、新しい立場や活動の場所を望んでも良いのです。気づいた人から、幸せへのチャンスを掴んでいくようです。

 

■蠍座の運勢

 

パートナー的な人物の身の上に、または仕事上のキーパーソンとなる人などに、何か大きな変化が起きているときです。対岸で見ているようでありながら、その影響はあなたにも少なからずありそうです。熱い思いをぶつけられたり、自分自身も変化を余儀なく促されているような気分になったり。しばらくは自身も気分が落ち着かないかもしれません。また、12日の満月では、家庭におけるここ数年の問題が再びクローズアップする兆しもあり、身動きが取りにくく感じることも。けれどもその余波も、火星が移動する20日ごろまでのこと。慌てて対処しようとしないで。蠍座ならではの粘り強い態度で待ちの姿勢を貫き、事態が動き始めるのを待つ、それが肝要です。下旬になると、太陽やコミュニケーションの星・水星が「人間関係」を表す位置にあるため、爽やかで親切な友人たちには恵まれます。深く深く、入っていける人間関係ではないけれども、浅くても味のあるやりとりができる人が複数人、現れます。それが少なからず心の支えとなるようです。特に27日の新月ごろにそっと手を差し伸べてくれる人、心に思い浮かぶ人はこれから長く友情が続く可能性のある人。密かにやりとりするメッセージは心に響くものがあるでしょう。

  

イラスト/柏木リエ
RECOMMEND
August 18 Thu