寒さを我慢せずにできる〝ちょっとだけ春先取りコーデ〟【小柄バランスコーデ術#30】

Marisol
厳しい寒さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
コロナウイルスも終息どころか更に勢力を増し、色んな意味で春の訪れは遠いなと感じている今日この頃です。

ただ、ファッションの世界だけは着実に春へと移り変わっており、どこかに春を取り入れたいオシャレ心がウズウズ。
理想と現実とのギャップが悩ましいところです。


「オシャレは我慢」とは言いますが、寒いのが耐えられない私にとって冬から春の先取りは地獄以外の何ものでもありません。
なので、なるべく我慢せず、あくまで穏やかに〝春の雰囲気〟だけを楽しみたい♡
そもそも、カタカタと唇を震わせ鳥肌立ててオシャレされても、見る側も辛いですからね。(笑)

そんなわけで今回は、寒い時期の〝ちょっとだけ春先取りコーデ〟をご紹介したいと思います。
要となるのは〝白〟
抜け感として年中頼りになる色ですが、これからの春夏シーズンは特に外せません。
その白を、見慣れた冬服に取り入れるのが私の冬から春へのスイッチ法。


例えば・・・
【パターン①】
冬はシック配色でカジュアルに着こなしていた黒のショートアウターのボトムスを、グレーパンツからフワリと軽やかな白スカートにチェンジ!!

大きな面積の〝白〟が加わる事で全体のトーンが一気にUP。寒そうな印象は与えず、見た目だけ季節を春に進める事ができます(^^)
outer:maxmara
skirt:betoupe
shoes:celine
bag:madisonblue
足元は重め♬
「オシャレは足元から!」とばかりに、この時期に靴から先取るのは避けたい。
足先からの冷えは致命的で、ガタガタと震えが止まらないのを若い頃にイヤというほど経験したので^^;
トレンドのゴツめブーツなら、そんな心配も無用で白スカートとの相性もバッチリ!

一方、寒さに影響しないバッグはグッと軽く。
黒でも小さめにすると、スカートの軽やかさもより引き立つように思います。


さて、こうしてボトムスでガツンと大きく白を取り入れるのが一番手っ取り早いですが、
そう常に白のボトムスばかりというわけにもいきません。
そんな時はクリーンな真っ白を散らすというのも効果的♪


【パターン②】
冬はデニム×ワントーンで纏めていたネイビーの、インナーとバッグを白にチェンジ!
コートとデニム、靴までは全く同じなのに、途端に爽やかになりますね。
outer:maxmara
tops:madisonblue
pants:upperhights
bag:maison margiera
shoes:converse
ネイビーの季節感を進めるのに最も効果的と思うのが、白ベースのボーダー。
冬素材とも相性が良く、程よくポイントになってくれます♡
昨シーズン大活躍だった真っ白バッグ。オフホワイトやエクリュのような柔らかな白と違って使える時期は限られますが、着こなしに添えるだけで春夏感を出してくれる点では最強です!!



いかがでしたか?
まだまだ寒い日は続きそうです。
我慢しない程度に春のオシャレを楽しみましょうね♡

  

*次回は2月11日(金)公開予定です

 

  • bemi
  • 阿部恵美。身長153cm。 25年間の会社員生活を経て、2019年にパーソナルスタイリストとして独立。 小柄でもバランスよく素敵に見えるコーデ術、もの選びの審美眼は、マリソル編集部も絶賛。ショップマリソルなどでプロデュースする、小柄さん向けの服も、毎回人気。
RECOMMEND
May 24 Tue