一重メイクにマストな推しコスメを、ヘアメイク月山京香さんが熱烈プレゼン【Myベスコス10】

MAQUIA ONLINE

“一重にちょうどいいデカ目メイク”を教えてくれた月山さん。モダンで可愛げな目元になれる厳選10アイテムをプレゼン。メイクのコツも参考に!

月山京香 ベスコス

月山京香さんが熱烈プレゼン

一重メイクにマストバイなアイメイクコスメ10

教えていただいたのは…
月山京香さん

月山京香さん

一重に合うアイテム&テクニックを探すのが楽しい!
「なんとも言えないニュアンスカラーや繊細な光が凛とした表情の一重を自然なデカ目に。目の形を損なわずに“大きな印象”を目指すのが私流♡」BY KYOKA

Before→After

KYOKA's
一重アイメイク
PROCESS

デカ目効果抜群の仕込みカラー

1. DECORTÉ アイグロウ ジェム BE387

DECORTÉ アイグロウ ジェム BE387

¥2970/コスメデコルテ
「何年使い続けているかわからないほどリピートしているアイシャドウ。程よい影色になる色も、まぶたへの密着感も大好きで、デカ目メイクに欠かせません」

使い方のポイント-1

「アイホール全体に薄く伸ばします。ベースとして使うと、奥行き感が増して目元の印象が抜群にUP」

2. 腫れぼったく見えない暖色が優秀

ESTĒE LAUDER ピュア カラー エンヴィ リュクス アイシャドウ クアッド 08

ESTĒE LAUDER ピュア カラー エンヴィ リュクス アイシャドウ クアッド 08

¥7700/エスティ ローダー
「赤みのある色はまぶたが重たく見えそうで敬遠しがちだったのですが、このパレットなら、きらめくテクスチャーで立体感が出て、むしろ使いやすい。捨て色なし!」

使い方のポイント-2

「上まぶた目頭側に薄く、目尻側濃いめ&くの字にAを。上まぶた目尻側にはBを広げて。目の両端に赤みをのせてスケールを拡大」

3. 一重の私にちょうどいい涙袋メイクが叶う♡

LAURA MERCIER キャビアスティック アイカラー 09

LAURA MERCIER キャビアスティック アイカラー 09

¥3520/ローラ メルシエ ジャパン
「涙袋メイクはしたいけれど、ラメやパールの粒が大きすぎたり色が派手だと一重にはなかなか難しくて。これは肌の色から浮かず、ほどよく光を放ってモダンに華やぎます」

使い方のポイント-3

「下まぶたの目頭〜黒目下あたりまで、細めのラインを。部分的に使った方がデカ目メイクには効果的」

4. 締めすぎないインラインが引ける希少な色

Visée ヴィセ リシェ ブラウンズ クリーミィ ペンシル BR303

Visée ヴィセ リシェ ブラウンズ クリーミィ ペンシル BR303

¥1045(編集部調べ)/コーセー
「なかなかないグレージュカラーのアイライナー。黒よりもソフトに、ブラウンよりもはっきりと目のフレームを際立たせてくれるのに自然。渗まず引きやすい芯の硬さも◎」

使い方のポイント-4

「ペン先をまつ毛の根元に当てながらインラインを。目頭〜目尻に太めに引いてぱっちりアイに」

5. ラインを引くのが難しい一重に最適な筆と色

UZU アイオープニング ライナー グレー

UZU アイオープニング ライナー グレー

¥1650/UZU BY FLOWFUSHI
「“三角形を描く”感覚で目尻のアイラインを引くので、ほどよい影感が出せるこのグレーの色みが最高。コシのある筆なので狙ったところに描きやすく、素早く馴染むリキッドなのも目のキワが見えにくい一重向き」

使い方のポイント-5

「下まぶたの目尻〜黒目下のまつ毛の間を点埋め。上まぶたは目尻側をひっぱりながら、目尻から黒目外側まで目のキワに細い線を。目尻を三角形で埋めるように描き足します」

6. 目のカーブに合って驚くほどまつ毛が上がる

Eyeputti® ひとえ・奥ぶたえ用 カーラー

Eyeputti® ひとえ・奥ぶたえ用 カーラー

¥1650/イミュ
「これ無しではメイクが完成しないほど私にはマストな1品! ストレスなくまつ毛を根元から持ち上げてくれて、上向きカールが長時間下がらない」

使い方のポイント-6

「まつ毛の根元から毛先に向かって3カ所くらいをビューラーではさみ、自然なカールを作ります」

7. 上がりにくい目頭&目尻のお直しにも重宝

KOJI No.100 アクセントカーラー

KOJI No.100 アクセントカーラー

¥770/コージー本舗
「まつ毛のカール具合が気になる目頭や目尻、下まつ毛にも使いやすいので、ちょい足し的に使います。ポーチインして出先でのお直しにも大活躍」

使い方のポイント-7

「気になる部分をはさんだら、毛先に向かってカールをつけていきます。まつ毛全体がきれいな扇型に!」

8. マスカラ前の美容液で日中もまつ毛のケアを

CANMAKE ラッシュケア エッセンス

CANMAKE ラッシュケア エッセンス

¥638/井田ラボラトリーズ
「一重のデカ目メイクにとって、まつ毛は重要な存在。なので常に、24時間ケアをしていたいんです。毎回、マスカラ前に美容液を塗って、イキイキとした状態をキープ」

使い方のポイント-8

「重みでまつ毛が下がらないように根元のみに塗布。その後、2〜3分放置してからマスカラを」

9. アイシャドウを邪魔しない品格ブラックが絶品

Eyeputti® ひとえ・奥ぶたえ用 マスカラ リッチブラック

Eyeputti® ひとえ・奥ぶたえ用 マスカラ リッチブラック

¥1320/イミュ
「一重でも目元が強くなりすぎず、かつ目元が重く見えない唯一無二の黒マスカラ。大人っぽく上品な黒で、軽やかにまつ毛を昇華させてくれます」

使い方のポイント-9

「根元にたっぷり塗るのがポイント。上まつ毛は2度塗り、下まつ毛は1本1本に塗るイメージで丁寧に」

10. グリッターシャドウで華やかさを足すのも好き!

shu uemura アイ フォイル コーラル グロー

shu uemura アイ フォイル コーラル グロー

¥3960/シュウ ウエムラ
「塗る範囲の広い一重まぶたには、ギラッとしたカラーが実は映えるんです。上まぶたの目尻側にのせると陰影もでき、まぶたの立体感も増します」

使い方のポイント-10

「アイシャドウベースとして使うこともありますが、おすすめはアイメイク最後のトッピングとしての使用。上まぶた黒目上から目尻に向かってひと塗り。夜のデートなんかにぴったりです♡」

MAQUIA 2月号
撮影/向山裕信〈vale.〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/室橋佑紀〈ROI〉 スタイリスト/立石和代 モデル/月山京香 取材・文/浦安真利子 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

RECOMMEND
January 30 Mon
MAQUIA ONLINE NEWS新着