田中みな実さんのアイメイク。みな実的・The BASICをプロセスつきで大公開!

MAQUIA ONLINE

丹精に作り込まれて隙がなく、でも、ナチュラルな美しさが際立つ田中みな実さんの"アイメイクの真髄"が知りたい! そんな声にお応えして、ご本人実演でのメイクプロセス&愛用コスメを教えてもらいました。

田中みな実 アイメイク 

繊細に、大胆に。その目元は進化する!

田中みな実のアイメイクNOW

“丁寧さ”のレイヤーが印象的な目元の鍵。
みな実的・The BASIC アイメイク

「ベースメイクと同じように、アイメイクもとにかく細やかに、丁寧に。特にまつ毛には並々ならぬこだわりが!ビューラー後、マスカラ下地をしてコームでとかし、ホットビューラーでほぼ完璧な状態に仕上げてからコーティングする感覚でマスカラを重ねます。シャドウは入れ方次第で目元が小粒にみえてしまうから、陰影や抜け感を意識します」

アイシャドウPOINT

下まぶた目尻側の“影”でワイドに見せる

下まぶた目尻側の“影”でワイドに見せる
「シャドウは優しげなベージュやブラウンが定番。下まぶた目尻側の影の入れ方がポイント。目尻側1/3にのせますが、目の形通りに囲まず、目尻へ向かってすーっと横に流すのがみな実流。抜けのあるワイドな目元に」。1aをアイホールにのせ、目頭側のみさらに重ねる。1dを二重幅に。下まぶたは1cを、目尻側のまつ毛2本分あけて目尻側1/3、それ以外にbを。さらに2aを下まぶた目頭から目尻へ並行に。

アイシャドウ

1「発売以来ずっと好き。粉質が最高、かつ、浮かないブラウンで、普段使いはもちろんドラマなど、お仕事での使用頻度も高い」。シグニチャー カラー アイズ 02 ¥7700/SUQQU 2「陰影作りにベストな淡ベージュ。どんなアイカラーを使う日も必ずこれを仕込んでいます」。コンスピキュアス アイズ 01 ¥7700/アンプリチュード

アイライン&マスカラPOINT

下げすぎないラインとセパレートまつ毛

下げすぎないラインとセパレートまつ毛
「ラインは瞳の色に合わせてブラウンのリキッドを。目尻側を下げすぎず、最後にちゅんっとわずかにハネ上げる。まつ毛は『元からこのまつ毛です』というくらいのさらっとした仕上がりがベスト」。3で目頭から黒目内側まではインサイドに、そこから目尻まではまぶたのキワに。さらに、目を開けたまま目尻をすっと真横に描き足す。まつ毛はビューラー後、4を一度塗り。セパレート感とつやを意識して。下まぶたのまつ毛はレスで。

アイライン & マスカラ

3「オレンジみが強く見えるけど使うと透け感のある柔らかなブラウン。描き味も抜群」。フジコ 仕込みアイライナー 04 ¥1628/かならぼ 4「大学時代から愛用。まつ毛1本1本にしっかり絡むのに軽やかで、黒の塩梅もちょうどいい!」。ラッシュ クイーン コブラブラック WP 01 ¥5390/ヘレナ ルビンスタイン

アイブロウPOINT

ブラシで眉の左右差を整えておく

ブラシで眉の左右差を整えておく
「極力、自眉の雰囲気から離れないように描き、優しげな目元を引き立てたい。毛流れを生かすことも大切です」。9のスクリューブラシで、左右のバランスを見つつ平行気味に毛流れを整える。5を2色混ぜ8で描く。眉頭はうっすらぼかすように。色がのらなかった部分のみ6で描き足し、7の眉マスカラで毛をとかすように柔らかく色付け。9のスクリューで撫で、毛をほぐす。

アイブロウ

5「テクなしでも眉をきれいに主張させる色が、絶妙」。カネボウ アイブロウデュオ ED2 ¥2530/カネボウインターナショナルDiv. 6「眉を1本1本描けるスタメン」。エレガンス アイブロウ スリム BR21 ¥4180(セット価格)/エレガンス コスメティックス 7「白浮きせずに超ナチュラル。つけている感がありません」。Wアイブロウカラーズ 06 ¥4180/RMK Division 8「迷いなくすっと描ける幅広ブラシ」。アイブロウ ブラシ ¥3850/アディクション ビューティ 9「毛流れコントロールにも便利なダブルエンドタイプ」。パンソー デュオ スルスィル N°207 ¥6050/シャネル

田中みな実さん

“もとの目元を活かして柔らかく
補強する"透け発色コスメ"で、
ナチュラル感と優しさプラス、
吸引力のあるまなざしに”

Other Parts

Other Parts

Cheek
ナチュラルでフレッシュ。頬につやを与え、まるで本来の血色のように色づく。ピュア カラー エンヴィ ブラッシュ S 120 ¥6490/エスティ ローダー

Lip
すっと溶け込むように色づいて、肌の色を美しく引き立てるヌーディーなベージュ系。ルージュ アリュール 195 ¥5500/シャネル(限定色)

MAQUIA 10月号
撮影/菊地泰久〈vale.〉(人物) 橋口恵祐(物) ヘア&メイク/AYA〈TRIVAL〉 スタイリスト/西野メンコ 取材・文/通山奈津子 構成/吉田百合(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

RECOMMEND
October 3 Mon
MAQUIA ONLINE NEWS新着