大政 絢さんが実践する「調子のいい体」の作り方。ピラティスや香りの力でマインドをリセット

MAQUIA ONLINE

美の達人たちが健やかな美しさをキープするためにやっていること(Do)&やらないこと(Don't)とは? 大政 絢さんのインタビューには、健康的な美しさを目指すためのヒントがたくさん!

大政絢 美容 ボディ ピラティス インタビュー

自分基準で探したら、心地いい私に出会えた

「調子いい」体のための、My「Do&Don't」

健やかな美しさを湛えたひとが、自身の体と向き合う中でやっていること(Do)とやらないこと(Don't)を取材。自分らしいボディやマインドへと導くヒントが満載です!

おおまさ あや●モデル、俳優。料理上手で知られ、インスタグラム(@aya_omasa_official)にあげる料理写真も話題に。ビューティブック『BE BEAUTIFUL』(SDP)が発売中。

ドラマ『理想ノカレシ』で恋する主人公を熱演
ドラマ『理想ノカレシ』(TBS系毎週火曜深夜24:58〜5/31スタート)では、仕事はデキるが家ではズボラな主人公・小野寺優芽子を演じる。結婚も考えていた彼氏に振られた優芽子の前に、初恋の人に瓜二つな男性が現れて……。自分にとっての“理想ノカレシ”とは何か、改めて考えさせられる大人のラブストーリー。

体よりマインドが上がるトレーニングを
「もともと体を動かすことは好きだけれど、ここ1〜2年閉塞感のある状況が続いたこともあって、トレーニングの目的が変化。“今日はゆっくり呼吸を整えよう”という感じで、ボディメイクよりもマインドが上がることを優先してメニューを選ぶように。体だけではなく、気持ちも一緒にトレーニングしているなって感じます。昔は体に対してストイックで、ボディ撮影の前は食事制限や運動を強化して完璧な状態で臨もうとしていたんです。そうやって努力することを自信に繋げていたのですが、頑張りすぎていたかもしれないと気づいて。今は追い込むのはやめて、自分に少し優しくできるように。でも、意外とその方が体調も見た感じもバランスが良かったりするんですよね。基本的に負けず嫌いなので現状に満足せず常に更新していきたい気持ちはあるけれど、以前よりも自信を持って自分の体を好きだと言えるようになりました」



Do
ピラティスや香りの力で
マインドをリセット
「頭や心をクリアにするのに有効なのが、昨年から始めたマシンピラティス。心と体をしっかり繋いで一つ一つの動きに集中しないと器具に引っ張られてポーズが崩れてしまうから、何も考えず体だけに向き合う“無”の時間が過ごせるんです。ドラマや映画の撮影中は普段よりも緊張感がありますし考え事も増えるので、ピラティスで頭をまっさらにして改めて自分の考えをまとめたりしていますね。そして、リラックスしたい気分の時は香りのアイテムが活躍。落ち着く香りの香水やアロマをシーンに合わせて使い分けて、自分でスイッチを切り替えています。最近はインナーケアも強化していて、ビタミンや亜鉛などのサプリメントをよく飲むように。撮影期間は現場のお弁当が続いて栄養面が偏りやすいので、かなり頼りにしています」

A uka パフューム ナナイチゴ 15ml ¥8800/uka Tokyo head office B ナリン ハーブオイル33 +7 ロールオン 10ml ¥2530/コスメキッチン C アロマミスト アロマディグニティ 50ml ¥2420/エトヴォス D シナールLホワイト エクシア【第3類医薬品】 180錠 ¥4730/シオノギヘルスケア

A「ウッディーな香りで、朝これを纏って出かけると気持ちが落ち着きます」。uka パフューム ナナイチゴ 15ml ¥8800/uka Tokyo head office B「塗りやすいロールオンタイプなので日中の持ち歩きにぴったり。疲れた時に首や肩に塗って、シャキッとリフレッシュを」。ナリン ハーブオイル33 +7 ロールオン 10ml ¥2530/コスメキッチン C「寝具にこれを吹きかけて寝るとよく眠れるんです。同じ香りのディフューザーも愛用中」。アロマミスト アロマディグニティ 50ml ¥2420/エトヴォス D「ビタミンC以外にもいろいろな成分が入っているから、忙しい時に最適」。シナールLホワイト エクシア【第3類医薬品】 180錠 ¥4730/シオノギヘルスケア

大政 絢さん

Don't
数値やメソッドに縛られず
自分の体から答えを探す
「最近は体重をほとんど量っていません。数字を見るたびに気持ちが下がっちゃうなら見ない方がいいし、体重よりも“こういう体にしたい”というイメージを持って筋肉や肉付きにアプローチした方が、ポジティブでいられる気がするんです。なので、逆にすごく痩せちゃったかもという時だけ量ってますね。それと、ほぐしのケアも最近減らしたことのひとつ。以前は気づけばどこかしらをほぐしていたのですが、あまり緩めすぎるのもバランスが良くない気がして。今は痛みや疲れを感じた時だけほぐして、代わりにストレッチをしたりも。体の声により耳を傾けるようになったことで辛い時などの自分なりの対処法も見つけられるようになってきました」


MAQUIA 6月号
撮影/吉田 崇 ヘア&メイク/高橋里帆〈Happy Star〉 スタイリスト/平田雅子 取材・文/真島絵麻里 構成/山下弓子(MAQUIA)


※本記事掲載商品の価格は、税込み価格で表示しております。

RECOMMEND
June 27 Mon
MAQUIA ONLINE NEWS新着