50代主婦のお悩み「気を使えなくなってしまったことが気がかり」【50代のお悩み相談】

Web eclat

お悩みに答えてくれたのは

産婦人科医  高尾美穂さん

産婦人科医 高尾美穂さん

たかお みほ●医学博士。日本産科婦人科学会専門医。婦人科スポーツドクター。女性のための統合ヘルスクリニック「イーク表参道」副院長。’03年にヨガと出会い指導者の資格を取得。ライフステージに合った治療を提示する。

【お悩み】以前よりまわりに気を使えなくなりました。

顔見知りのかたにあいさつするのを忘れてしまうとか、親切にされてることに気づかないとか……。あとで、そんな自分の態度にびっくりします。(51歳・主婦)

Answer
ここに気づいて、反省したり恥ずかしいと感じるのだから、正常な感覚をお持ちの人格者ですよ。まだ大丈夫。「忘れる」「気づかない」は、あなたが鈍感になったわけではありません。50歳を過ぎると女性ホルモンだけでなく、男性ホルモンであるテストステロンも減るので、認知機能や記憶力が低下し、物忘れも起こりやすくなります

だから、しかたがないことと割り切って、これからは忘れることを前提にとにかくメモる。デジタルよりアナログ、手書きがいいんです。「〇〇さんにあいさつ」「牛乳買う」など、気をつけたいことを手帳に書き、携帯やパソコンにはふせんを貼りつけて今日やるべきことを管理。私も実践しています。
閉経を迎えるアラフィー女性は、女性ホルモンの分泌量が大きく変化し、さまざまな不調が起こりがち。加齢とともに低下する筋力や体力による体調不良や更年期による閉経など気になる症状をチェック!きちんと対処することで健康を維持しましょう。
「人の名前が思い出せない」「待ち合わせ日時を勘違いした!」「何度も同じ話をしてしまう」……、最近こんなこと増えてない?脳がとっちらかっている状態は、脳の“運動不足”かも。脳をトレーニングしてすっきりしよう。
同じホットフラッシュの悩みをもつ“アラフィー世代の仲間たち”が頼りにしている、サプリや市販薬、冷感アイテムなどを大公開! 日本産科婦人科学会専門医の福山千代子先生のアドバイスも参考に。
アラフィーになると、昨日まで何ともなかったところが、突然痛んだり、動きが鈍くなったり、体の不具合を感じやすくなるもの。そこで、みんなはどんな体の異変を感じているのか、アンケートで大調査! 168人に聞いた、“体の異変”ベスト10を発表します!
疲れやすくなったり、眠りが浅くなったり、髪の量が少なくなったり、太りやすくなったり、ホルモンバランスの乱れにより現れる不調の数々。更年期とうまく付き合いたいなら、メンタルケアや悩みをトータルで底上げできるものを選んで。
撮影/露木聡子 取材・原文/片岡えり ※エクラ2023年2・3月合併号
RECOMMEND
February 5 Sun
Web eclat NEWS新着