【ワタナベマキ絶品レシピ・冬のご自愛スープ2】「塩豚とれんこんのエスニックスープ」&「アサリとかぶの雑穀スープ」でたんぱく質を摂取!

Web eclat
Profile
ワタナベマキさん

ワタナベマキさん

シンプルで作りやすいレシピと、おしゃれなライフスタイルが人気。近著に『ワタナベ マキのいまどき乾物料理』(NHK出版)など。自宅キッチンと受講生を結ぶオンライン料理教室も好評。
Instagram:maki_watanabe

塩豚とれんこんのエスニックスープ

ふわっと軟らかく煮込んだ塩豚を、滋味あふれるスープとともに。レモンの酸味とパクチーの香りで、肉をさっぱりといただける。

【たんぱく質
豚肉

材料(2〜3人分)
〈塩豚〉
豚ロース肉(ブロック)…350g
塩…小さじ1/2

れんこん…250g
玉ねぎ…1個
にんにく(つぶす)…1片

A

パクチーの根(縦半分に切る)…2〜3株分
赤とうがらし(種を除く)…1/2本
酒…80㎖
水…600㎖

ナンプラー…小さじ1
レモン汁…大さじ2
パクチー…適量
レモン(国産)スライス…4~6枚
オリーブオイル…小さじ2

作り方
❶塩豚を作る。豚肉は塩をよくすり込み、ラップで包み、1~3日間冷蔵庫で保存する。

❷れんこんはよく洗い、皮つきのまま2㎝厚さの半月切りにする。玉ねぎは8等分のくし切りにする。

❸鍋ににんにくとオリーブオイルを入れて中火にかけ、香りがたったら①を入れて表面に焼き目をつける。②を加えてさっと炒め、Aを加えてひと煮立ちさせ、アクをとる。ふたをして弱火で50分煮る。

❹ナンプラー、レモン汁を加えてなじませる。

❺豚肉を厚めに切り分けて器に盛り、残りの具も盛り、スープを注ぐ。ザク切りにしたパクチーとレモンスライスをのせる。

アサリとかぶの雑穀スープ

アサリはいいだしがとれるのでスープにはぴったり! 雑穀とともにたんぱく質がとれるほか、鉄分も豊富。オリーブオイルでコクをプラスして。

【たんぱく質
アサリ・雑穀

材料(2〜3人分)
アサリ(砂抜きしたもの)…200g
かぶ…2個
かぶの葉…1個分
玉ねぎ…1/2個

A
しょうがの薄切り(皮つき)…1片分
酒…大さじ2
水…500㎖

雑穀ミックス(乾燥)…80g
塩…小さじ1/2
オリーブオイル…少々

作り方
❶かぶは4~6等分のくし切りにし、葉は小口切りにする。玉ねぎは縦に薄切りにする。雑穀ミックスは軟らかくなるまでゆでる。

❷鍋にAと玉ねぎを入れて中火にかけ、煮立ったらかぶを入れて弱火にし、ふたをしてかぶが軽く軟らかくなるまで6分煮る。

❸雑穀ミックス、アサリを加えてひと煮立ちさせ、アクをとる。ふたをして弱めの中火でアサリの口が開くまで2分煮て、かぶの葉と塩を加えてさっと煮る。

❹器に盛り、オリーブオイルを回しかける。

【point】雑穀ミックス(右)はそのまま加えるとドロドロになってしまうので、ゆでたもの(左)を加えて。

50代の女性に不足しがちな栄養素は、筋肉を増やし、肌と髪にハリツヤを与えてくれる「たんぱく質」。脂肪分が少なく、簡単にたんぱく質がとれる「鶏ささ身ときのこの豆乳味噌スープ」を料理家のワタナベマキさんが紹介。
野菜もお肉もたっぷり食べられる鍋は冬に欠かせない料理。今年はせっかくなのでいつもと違う組み合わせに挑戦してみては? 今回はワタナベマキさんの大人鍋をご紹介。中華料理に使うイメージの強い八角、カレーの印象が強いクミンで鍋料理に挑戦!
コクとまろやかさがおいしい味わいの豆乳鍋は、健康や美肌効果もあり女性に大人気!ほっこりした甘さで心も体も温まる、寒い冬に食べて欲しいおすすめ豆乳鍋レシピをご紹介。
撮影/邑口京一郎 スタイリスト/駒井京子 取材・原文/海出正子 ※エクラ2023年2・3月合併号 別冊付録
RECOMMEND
January 30 Mon
Web eclat NEWS新着