【50代のお仕事バッグ】エクラ編集部員愛用のバッグを拝見!着こなしに品格をプラスして

Web eclat

アエタのレザーバスケット(ウェブエクラ編集長S谷)

S谷が通勤のスタメンバッグとして使うのは、牛革を編み込んだアエタのバスケット。2サイズ展開のうち、小さいほうのMサイズをチョイス。

「小柄なので大きいバッグは身長とのバランスが悪い気がして、私にはこのMサイズがちょうど良いサイズ感でした。ハンドルが手持ちと肩掛けの2WAYなので、いろいろなシーンで使いやすく、レザーだけれど軽いのもうれしい! マチがしっかりあり、工夫すればA4も入るのでお仕事バッグとして重宝しています」。季節を問わず使えるレザー素材なので、エクラプレミアム通販でも一年中人気もの。

ザ・ロウの「マルゴー」(エクラプレミアム副室長N)

ザ・ロウのアイコン「マルゴー」のブラックを携える、ショッピング好きの副室長N。深くとったマチやベルトデザイン、シンプルなトップハンドルなど、ミニマルかつ端正なデザインに対して、柔らかなグレインドレザーの素材感がどこか女性らしさも添えるまさにイット・バッグだ。

「普段カジュアルな服装が多いのですが、このバッグを持つだけできちんと見えするのが魅力。カジュアルすぎず、きれいめすぎず、今年っぽい。そんな理想のバランスを叶えてくれる存在感に、使う度感動しています」。

クリームカンパニーのハンドバッグ(本誌副編集長S川)

上品なグレージュのグローブレザーのハンドバッグは、副編集長S川のスタイルにいつもフィットする相棒的存在。

「よく『それどこの?』と聞かれるのですが、知る人ぞ知る京都のバッグブランド・クリームカンパニーのものです。熟練の職人さんがひとつひとつ丁寧にハンドメイドしたバッグが売りで、シンプルなレザートートを探していたときに偶然ネットで出会いました。以来、私はこのブランドを周囲に推し続けています(笑)。今年購入したグレージュは得も言われぬ雰囲気。少し横長なフォルムも、持つと重心が上がっていい感じです」。

MARNIの「MUSEO SOFTミニバッグ」(編集K)

「ちょっと素敵なおでかけBAGが欲しかった」と語る編集Kが最近購入したのは、マルニのミニバッグ。

「長財布派の私でもOKなミニバッグを探していた時、ショーウィンドウに飾られていたマルニの「MUSEO SOFT」の豊富なバリエーションに心奪われて。普段はモノトーンのワードローブが多いので、このスタッズ使いがかわいい黒×白のバイカラーを選びました。小さいのに仕事に必要なお財布、携帯、ノートなどはすべておさまるサイズ感なので、撮影の時にはショルダーストラップで斜め掛けしたり、とお出かけ以外にも活躍中です」。

アライアの「MINA 20 トートバッグ」(編集SH)

編集SHのスタイルにさりげなく華やかなアクセントを添えるアライアのトートバッグは、2年ほど前に購入。ブラックレザーにレース模様のカットワークを施したデザインは、フェミニンなのにどこか辛口な表情も。

「スタイリストさんたちが使っているのを見て、「素敵!」と探したアライアのトート。もう1サイズ大きいものが欲しかったのだけれど日本未発売で、小さいこちらを購入。とはいえ、A4の書類も本もお財布も、とあれこれ入れてもOKな収納力、そして毎日使ってもくたびれない上質なレザーの質感、美しいデザイン、とどこまでも優秀な子です」。

※掲載商品は私物です。販売を終了している場合があります。
リラクシーなカジュアルスタイルから、エレガントなおしゃれへと気持ちが向かうこの冬。装いの輪郭となるコートの着こなしにも、今年らしさのスパイスを加え、センスよく着こなしたいところ。そのカギとなるのがバッグ!絵になるコートとバッグの組み合わせを、さっそくチェック。
ディナー用のドレスやヒール靴にメイク道具……必要なものをさっと入れて、軽やかに旅に出られたら……。そんな気分にフィットするブランドバッグを厳選。どんな旅先でも自信を与えてくれて、楽しいシーンに彩りを添えてくれるはず。
一枚で華やかなスタイリングが完成するワンピースは女性の頼れるアイテム!デイリーからお出かけ、ビジネスシーンのドレスアップまで、大人の女性をきれいに見せる理想がつまったワンピーススタイルを一挙にお見せします!
2022年秋冬のファッショントレンドとは?50代が買うべきアイテムとは?トレンドアイテムを取り入れるだけで一気に旬の着こなしに。話題のアイテムから秋冬のマストアイテムまで一気にご紹介。大人が素敵に見える着こなしのヒント満載!
RECOMMEND
January 30 Mon
Web eclat NEWS新着