50代こそ極めたい「品のいい肌」の作り方

Web eclat

 

教えてくれた方
ヘア&メイクアップ アーティスト 岡野瑞恵さん

ヘア&メイクアップ アーティスト 岡野瑞恵さん

おかの たまえ●その人自身の魅力を最大限に引き立てるこだわりのメイクテクニックで、女優やモデルから絶大な支持を集める。肌作りの名手としても定評があり、今回は大人にふさわしい素肌感や透明感の引き出し方を伝授。

「上品な人」と言われるために必要な3つのこと

適当な肌作りは、品を下げる。あなたが思っている以上に。

マスクをするようになって、ベースメイクが適当になったという声をよく聞きます。でも、自分が思っている以上に、エクラ世代は目のまわりのくすみやシミが目立つもの。そのままでは本当に疲れた印象に見えてしまうし、かといってきれいに隠そうとやみくもに重ねると、厚塗りになって品がなく見える。品のよさは肌しだいといっても過言ではありません。

 

今のファンデーションは、“塗ったほうがきれい”。その力を、私たちはもっと活用すべき。

肌がきれいなら、必ずしもファンデーションを使う必要はないとも思います。でも、今のファンデーションはすごく高機能。まるで、自分の肌そのものが美しくなったと思えるほどきれいに仕上がるものが多い。スキンケア効果も高く、塗っていたほうが肌にいい場合も。ファンデーションは肌作りの基盤。大人は、その底上げ力にもっと頼っていい!

 

肌の印象が、あなたそのもの。だから始めよう、品のいい肌作り!

また会いたいと思う人、また話したいと思う人。そう感じる人には、はつらつとした健やかさや優しそうな品のよさがあると思います。もちろん、その人の内面によるところが大きいですが、見た目もすごく重要で、特に肌が大事。メイクは印象作りを助けてくれるものだから、健やかさや品のよさを意識して肌を仕上げれば、おのずと、そして誰でも品のいい人になれるのです。

“大人のベースメイクは、くすみやシミなど肌のノイズを消したくて、つい厚塗りになりがちです。それが品を下げてしまう最大の要因。一番の問題は、顔全体を均一にフラットに塗ってしまうこと。

顔の中央はきちんとカバーされていて、まわりは薄くなじませるのがコツ。フェイスライン、目や口のまわりなど、動く部分やきわは極力薄く。それを意識するだけで顔に立体感が生まれ、目鼻だちまですっきりと美しく。”(岡野さん)

ジャケット¥79,200/オットデザイン(ルーム エイト ブラック) カットソー¥26,400/カオス表参道(カオス) イヤカフ¥63,800・ネックレス(長)¥132,000/ホワイトオフィス(ジジ) ネックレス(短)¥69,300/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー×ジジ)

品よく仕上がる「ファンデーション」の塗り方

最近のファンデーションがいくら高機能といっても、漫然と塗っては効果半減。塗るべきところ、薄くなじませるだけのところを意識して、メリハリをつけるのが重要。ヘア&メイク岡野瑞恵さんが伝授する“岡野流・グラデーション塗り”で、品のいい仕上がりを手に入れて。

メリハリを意識することが、厚塗り回避のカギ

《1》つけはじめは目の下のくすみが目立つ部分から
一番カバーすべきは目の下のくすみ部分。ファンデーションを少量指先にとり、目の下のくぼみあたりにのせて、そこから頰の三角地帯に放射状に広げる。

ファンデーションはほんの少量でOK
ファンデーションは顔全体で写真の量が目安。多めにとると厚塗りの要因に。足りないときだけ足す意識で。

《2》そのまま鼻すじ方向になじませる
ファンデーションは取り足さず、指に残っているもので、そのまま鼻すじに向かって薄くなじませていく。小鼻まわりもていねいに。目頭、目じりのきわは極薄に。

極薄フィット部分を見極めること
《1》の頰の三角地帯は、しっかり塗っても厚塗り感が出ない部分。それ以外は薄くなじませる。特に目や口のまわりのきわなど、よく動く部分、額、フェイスラインは極薄に。

《3》三角地帯から側面に向かってなじませる
《2》と同じく指に残っているもので、1で仕上げた三角地帯のアウトラインから、フェイスラインに向かってスーッと薄く。そのまま口まわりも仕上げる。

《4》ノイズが少なめな額は残りもので十分
額はくすみやシミなどが少なく、もともと素肌自体も美しいパーツ。なので、指先や手の甲に残っているファンデーションで中心から放射状に広げるだけでOK。

《5》まぶたや目のきわはさらに余ったもので
カバーしたくなりがちなまぶたなどの目のまわりは、極力薄く仕上げるのが大事。額を塗ったあと、指に残っているものをごくごく薄くフィットさせる意識で。

【NG】目のまわりのファンデーションつけ足しはNG
くすみがちなまぶたやきわまできっちり塗る人が多いが、メリハリがなくなってフラットに。これこそが厚塗り&老け印象のもと。指先に残ったもので仕上げて。

Finish!

《6》メリハリ塗りで顔だちまで美しく!
顔の中心はしっかり、フェイスラインやきわにいくほど薄く塗るメリハリ塗りだと、まるで自分の肌そのものが美しくなったように自然で、目鼻だちもスッキリ。

カットソー¥22,000/カオス表参道(カオス)

使ったのはコレ!

進化した先進の光技術を採用し、独特のぼかし効果で肌を透き通らせながらカバー。ナチュラルなのに確実に美肌見えがかなう。SPF25・PA++。ル・フォンドゥタンn 全7色 30g 各¥33,000/クレ・ド・ポー ボーテ

品を仕込む「下地」の塗り方

“大人の肌は、どうしても色がにごってくすみますよね。血色が低下してくるのが要因ですが、その血色を戻してくれるのがピンクの下地です。これを仕込めばファンデーションの薄塗りも簡単に。パール入りなら、しぼんだ肌をパンと見せる効果も。ファンデーション同様、メリハリ塗りが基本です。”(岡野さん)

使ったのはコレ!

ピンクベースに多彩な微細パールを配合。キメを整えながら、パンとしたハリ見え効果も。SPF20・PA++。
ロージー グロウライザー 30㎖ ¥3,520/コスメデコルテ

《1》パール粒大の下地を顔に5点置き

上の下地をパール粒大の量(1プッシュ)手にとり、両頰、額、あご先、鼻の順で5点置きに。鼻はちょこんと、少量でOK。

《2》まずは、顔の中心に広げる

全体に均一にのばすというよりは、まずはよりカバーしたい顔の中心あたりにトントンとなじませながら広げていく。

《3》さらに外側へ放射状に薄くのばす

《2》で広げた部分から、さらに外側に向かって放射状に薄くのばしていく。まぶたやきわなど細かい部分は手に残ったもので。

《4》手のひら全体でフィットさせる

最後に、手のひら全体で肌を包み込むようにしながら、下地を肌に定着させる。体温でじわーっと肌になじませる感じで。

おすすめはピンクの下地

下地使いできる潤いコンパクトクリーム。肌を瞬時にいきいきとさせながらプロテクト。メイク直しにも便利。SPF15・PA+。スキン PFCT コンパクト クリーム 12g ¥9,680/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]
ⒸCHANEL
ⒸCHANEL
ナチュラルな血色感を与えながら肌の明るさと透明感を整える。高いプロテクト効果も。SPF40・PA +++。ル ブラン ラ バーズ ロゼ 30㎖ ¥6,930/シャネル

品を高める「コンシーラー&パウダー」の塗り方

ファンデーション後のコンシーラー

“多くの大人の肌に接して思うのはコンシーラーがいらない人はあまりいないということ。カバー力のあるコンシーラーを使えば、少量で自然に隠せるし、目の下のくぼみなど凹凸部分のカバーもかないます。”(岡野さん)
使ったのはコレ!
皮膚の動きに対応しながらピタッとフィット。
スキン フル カバー コンシーラー 全10色 各¥4,840/ボビイ ブラウン

《1》目の下のくすみに少量のせる

まずは大人が一番気になる目の下のくすみから。チップの先をしごいて量を調節し、目の下のくぼみ部分に、ほんの少量のせる。

ボトルの口でしっかりしごく

《2》指先でトントンとなじませる

指先で軽くたたき込むようにしてなじませる。さらにカバーしたいなら、チップでつけずに指先に少量とって極薄に重ねるのがコツ。

《3》シミカバーはさらに少量で

シミが気になる部分は、コンシーラーのチップの先端でちょんちょんとのせていく。量は目の下をカバーするときより少なめを意識。

《4》なじませは、より繊細に

シミはなじませ方がポイント。シミに対して垂直に、ごく軽いタッチで指先をはずませるように繊細に。横に広げたりするのはNG。

こちらもおすすめ

悩みに合わせて調整できる4色セット。
トーンパーフェクティング パレット 全3色 各¥4,950/コスメデコルテ
くすみもシミもカバーしながら、24時間持続するスキンケア効果も。
ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー 全7色 各¥4,620/パルファン・クリスチャン・ディオール

ファンデーション後のパウダー

“軽くて粉浮きしない良質なものが増えていて、仕上げに使ったほうがやっぱり肌がきれいに見えると実感しています。キメが整うし、パンッと肌が膨らむし、透明感もパッと上がる。ブラシ使いなら失敗せずに仕上がりもきれい。”
使ったのはコレ!
ソフトフォーカス効果で美ベールに。
ソーラーグロウ トランスルーセント ルースセッティングパウダー1 ¥5,940/ドルチェ&ガッバーナ ビューティ
肌当たり柔らか。
スキンフュージョン フェイス ブラシ¥5,500/コスメデコルテ

《1》お粉はブラシとパフになじませる

パウダーをブラシにとったら、パフの上でくるくるとさせながら、ブラシ全体、パフ全体に行き渡るようにしっかりなじませる。

《2》最初はくずれやすいTゾーンから

まずは顔の中心のTゾーンにパウダーをのせてから、すっすっとフェイスラインに向かってなでるようなタッチでぼかしていく。

《3》小鼻まわりはパフで押さえる

一番皮脂が出やすくくずれやすい小鼻まわりのみ、ブラシではなくパフで軽く押さえるようにのせながら、フラットに整える。

《4》残りのお粉を首にふわっと

最後に、ブラシに残っているパウダーを、ふわっと首全体にもひとはけ。顔と首の質感が繊細に一体化し、首すじの透明感もアップ。

こちらもおすすめ

プロにも大人気。
ライトリフレクティングセッティングパウダー ルース N 11g ¥5,500/ナーズ ジャパン
羽根のような軽さ。SPF10・PA+。
フェザー ヴェール 全3色 各20g ¥7,700/エレガンス コスメティックス

品のいい肌が手に入る「新作ファンデーション」

肌の仕上がりもスキンケア効果もどんどん進化するファンデーション。秀作ぞろいの新作からエクラ世代におすすめの8品を岡野さんがセレクト。アラフィーの上品な肌作りの主役アイテムに。今季の必需品!

ポーラ B.A セラムクッションファンデーション

“ハリ感を感じるツヤ! クッション好きならこれ”

B.Aローションのこっくりみずみずしい感触をそのままクッションに。だから、水風船がはじけるようなみずみずしさを感じる使い心地。肌を潤いで満たしながら、つるんとなめからかな“水ツヤ”をオン。もちろんB.Aならではのスキンケア効果も装備。

SPF20・PA++ 全5色 各¥12,100・ケース¥2,750

RMK Division リクイドファンデーション フローレスカバレッジ

“軽やかにフィットしながら自然なカバー力を発揮”

ブランド人気のリキッドファンデーションの透明感はそのままに、大人肌にうれしいカバー力を進化させた自信の新作。フィット感も心地よく、くすみや凹凸などのノイズを緻密に消し去りながら、カバーしている感のない素肌感もかなえてくれる。

SPF12~20・PA++ 全9色 30㎖(9月2日発売)各¥6,050

エレガンス コスメティックス スティーミング モイスト ファンデーション

“シャバシャバと軽やか。薄膜で美素肌仕上げに”

高保湿ヒアルロン酸など豊富な美容成分を配合。毛穴や小ジワをカバーしながら、スチームをたっぷり浴びたような濃密なツヤ肌に。空気中の潤いを取り込んでホールドする効果を搭載し、みずみずしくつやめく仕上がりを長時間キープ。

SPF25・PA++ 全6色 30㎖(9月18日発売)各¥6,600

ルナソル グロウイング シームレスバームEX

“乱れがちな大人肌のキメがすーっときれいに整う感じが好き”

岡野さんイチ押し。濃密なバームテクスチャーが凹凸のある年齢肌にもなめらかにのびて一体化。大人のキメを美しく整えて、しっとりとつややかで温かい肌感仕上げに。バームが保護膜となるので、つけている間中、乾燥くずれ知らずの美仕上がりも持続。SPF15・PA++ 全6色 各¥6,600/カネボウ化粧品

アンプリチュード ロングラスティング クリームファンデーション

“のびも止まりも心地よく溶け込むような美しい一体感”

やや硬めのクリームだけど驚くほどのびがよく、ピタッと止まる。シミやくすみなどの肌のアラをソフトフォーカス効果で絶妙にカバーし、“透き通る感”のある肌に。ただのばすだけで薄づきかつ均一なフィット感がかなうので、テクニックも不要。SPF21・PA++ 全9色 32g(9月14日発売)各¥8,800

カネボウ ライブリースキン ウェア

“なめらかにフィットして厚塗り感なく高いカバー効果”

肌本来のツヤ、キメ、色を生かしたカバー力をかなえる新技術を搭載。ゴツゴツとした大人の肌を、美しい素肌へと高める。保湿成分も贅沢に配合。表情に合わせて動く、潤いをたたえたツヤ感を一日中キープ。SPF5〜7・PA+〜++ 全8色 30g(9月9日発売)各¥11,000/カネボウインターナショナルDiv.

ポール&ジョー ボーテ フォンダン クリーム ファンデーション

“みずみずしさはNo.1キメが透ける絶妙なテクスチャー”

ナチュラル仕上げで大人気のポール&ジョーから、ブランド史上最高のカバー力をかなえたクリームタイプが登場。軽くとろけるようにフィットし、つるんとなめらかで光を自ら放つような肌仕上げに。オレンジフラワー水やゴールデンシルクエキスなどケア成分も豊富。SPF25・PA++ 全5色 30g 各¥5,500

SUQQU グロウ クリーム コンパクト

“薄づきでちゃんとカバー。ツヤ感も美しく決まる”

下地いらずで肌にピタッと密着、水を抱えた構造のエマルジョンは、のばした瞬間に心地いい潤い感を肌に与えながら、のびもしなやかでスムーズ。肌と一体化したようなツヤ感仕上げで、薄づきながら大人肌が安心できるカバー力も。SPF41・PA+++ 全3色 11g(9月2日発売)各¥8,250

▼その他のおすすめ記事もチェック
肌の気になるアラを隠そうとファンデーションを重ねれば重ねるほど、老けて見えてしまう!アラフィー世代が頼るべきは、実は下地。なんと、下地で9割方仕上げてしまうことが抜け感のある自然な美肌になる秘訣。下地が主役、ファンデーションが脇役でかなえる旬の肌づくりの極意とは?
2022年上半期、大人の悩みに確実に届く秀逸コスメが続々登場。その中からコスメを知りつくす美容のプロが、アラフィー世代のために厳選投票した受賞コスメを一挙に大公開!
アラフィ―世代にとってずっと、メイクの、そして美しい生き方の先生だった藤原美智子さん。そんな藤原さんがヘア&メイクの活動に終止符を打ち、新たな展望をもって人生を歩むことを決断。これまでの集大成ともいえる魂のメッセージと、一生もののメイクテクニックを特別レッスン。アラフィー世代がこの先もっと輝いて、心地よく生きていくヒントが見つかるはず。
眉の描き方、ずっと同じままになってない? 実は、眉は風水で"時をつかさどるパーツ"といわれているそう。時代に取り残されないためにもアップデートが大切。最旬の眉メイクで、新しい自分への一歩を!
目もとがぼんやりしてきた、上まぶたがかぶりがち。目まわりのエイジングで、大人のまなざしは弱まる一方……。そんなアラフィー世代特有の悩みを解消するのが、長井かおりさんが伝授する「活力アイライン」。力を感じるまなざし、速攻復活!
撮影/菊地泰久(人物/Vale.) 恩田はるみ(物) ヘア&メイク/岡野瑞恵 スタイリスト/大谷玲奈 モデル/樹神 取材・原文/山崎敦子 ※エクラ2022年10月号掲載
RECOMMEND
October 3 Mon
Web eclat NEWS新着