【秋の最旬アイメイク】「赤みブラウン」の囲み目でかなう、知的な女らしさと、力強いまなざし

Web eclat

迫力が出がちな「囲み目」も、ピンクニュアンスならこんなに優雅

トップス¥27,500/オンワード樫山 お客様相談室(ベイジ,) ピアス¥165,000/エーアンドエスカスタマーサポート(ベルシオラ) リング¥159,500/マリハ

USE IT

重ねてもにごらない、澄んだ発色。締め色やハイライトが入り、使いやすさも秀逸。サンク クルール クチュール 889(限定色)¥8,690/パルファン・クリスチャン・ディオール

HOW TO MAKE-UP

《1》パレットの①のピンクがかったプラムカラーを大きめのブラシにとり、アイホールにふわっとのせていく。

《2》パレット②のブラウンの締め色を、目頭から目じりのきわにオン。アイホール半分まで何度か往復させて、ぼかし込みながら入れる。

《3》下まぶたは、パレット①のプラム色を涙袋に広めに入れ、続いて②の締め色をきわに太めに引く。さらに③の赤みを目のきわぎりぎりに細く仕込めばOK。

定番アイテムとして頼りになるぶん、気づけばずっと同じものを使いがちなブラウンパレット。そんなマンネリに陥っている人こそ、今っぽさが香る、黄みと赤み系のしゃれ色ブラウンパレットに更新して。マスクからのぞく目もとも華やぎ、新鮮な自分に出会えるはず。
黄み系のブラウンは、肌になじみがよいうえにまぶたに明るさをもたらしてくれる、使い勝手が秀逸なカラー。この秋は、やや落ち着いたマスタードブラウンを選ぶのが今っぽさの秘訣。まぶたの上全体に色をぼかしすぎずにさらりと効かせれば、清潔感あふれる澄んだ瞳印象に。
藤原さんが考える、50代からの「私らしい顔」の作り方。今回は旬のエッセンスの取り入れ方について。新色のアイシャドウや新しい質感のリップを使うなど、トレンド感は2割程度にとどめて。
撮影/菊地泰久(Vale./人物) ケビン・チャン(物) ヘア&メイク/中山友恵 スタイリスト/後藤仁子 モデル/牧野紗弥 取材・原文/中島 彩 ※エクラ2022年10月号掲載
RECOMMEND
October 3 Mon
Web eclat NEWS新着