暑さに負けない涼しげコーデ、おしゃれプロの愛用アイテムを公開【Jマダムの“涼”感SNAP】

Web eclat

「きちんと感が増してスタイルアップにもつながるジレに夢中」

東原妙子さん(エディター・ライター)
「暑いからといってタンクトップとパンツだけではむずかしい年ごろで、ラフな格好も得意じゃない。そんな私が頼りにしているのがロングジレ。ボタンをとめればワンピースとして着られ、堅苦しさがないのにはおるときちんと感が出て、スタイルまでよく見せてくれるといいことずくめ。リネンの涼しげな風合いも夏にぴったりです」

Gilet/アンクレイヴ ホワイト
Tank top/アンクレイヴ
Pants/アンクレイヴ ホワイト
Bag/ジルサンダー
Shoes/
東原妙子×ル タロングリーズ

「ロンTや薄手のニットにも合わて季節をまたいで活躍させる予定」と東原さん。日本製の上質リネンに映えるグレイッシュカーキが絶妙。

「夏の折り返し時期は構築的なアイテムできちんと感を意識します」

発田美穂さん(エディター・ライター)

「暑さにやられ夏服に飽きてくるこの時期は、おしゃれに活を入れるためにもきちんとした着こなしが気分に。すると必ず布帛(ふはく)のものが着たくなり、今季もこのシャツを購入。肩が大きくウエストがシェイプされた形は、バランスがとりやすくパンツインしてもきれい。辛口の着こなしでおしゃれも気分もシャキッといきます」

Shirt/ロエフ
Pants/レプシィム
Bag/ロエベ
Shoes/ATPアトリエ

「お気に入りのクラフト調バッグでほんの少し甘さを足します。きれいめ特有の閉塞感が出ないよう、ヌーディなサンダルで抜け感も」

猛暑続きの今年、“涼しいおしゃれ”は夏のキーワードに。自分も出会う人も心地よく。そんな着こなしにセンスの光る同世代のJマダムは何を選び、どう着こなしている?
猛暑続きの今年、“涼しいおしゃれ”は夏のキーワードに。着こなしにセンスの光るおしゃれプロは何を選び、どう着こなしている? スタイリストの徳原文子さんと福田亜矢子さんに、夏コーデのマイルールを伺った。
撮影/目黒智子(発田さん) 山下みどり(東原さん) 取材・原文/向井真樹 ※記事内のアイテムはすべて本人の私物です。 ※エクラ2022年9月号掲載
RECOMMEND
September 29 Thu
Web eclat NEWS新着