風雅にして涼やか!季節限定で販売される「甘泉堂」の水羊羹【夏の手みやげ帖】

Web eclat

甘泉堂「水羊羹」

「雑味がなくてあっさりしているのでいくつでもいただけます」(推薦者:ライター 天野準子)、「夏の京都に出かけたら必ず買い求めます」(推薦者:ライター 北村美香)と複数人が推薦。滑るようにのどに入り、小豆の甘味と香りが口いっぱいに広がり、後味スッキリ。今も昔と変わらぬ味と形を守り、店頭では1本を10に切り分ける。取り寄せも可能で、その場合は切らずに棹物の形で発送。1本¥2,000。冷蔵で4日賞味。

DATA

京都府京都市東山区祇園町北側344の6

☎075・561・2133

10:00~20:00 ㊡日曜

マリトッツォにボンボローニと次々にヒットが生まれ、じわじわと浸透しつつあるイタリア菓子界に真打が登場。本国での経験も豊かな菓子職人・磯尾直寿さんが作る味を楽しめる菓子店併設のバールがお目見えした。
レアにベイク系、バスチーと、またもブーム?といった盛り上がりを見せるチーズケーキの最新形! 静かな住宅街・九品仏に人を呼ぶ金井史章シェフの店『アンフィニ』発、缶入りチーズケーキだ。
三十三間堂のすぐそばにある京菓匠・七條甘春堂に花束のような「ブーケかん」など新たな和菓子が登場。パッケージもモダンにリニューアル!
確かな技術によって生み出される繊細で上品な和菓子はお茶請けにぴったり。今回は京都くりやの看板菓子「金の実」と、京都の名産・白味噌を使ったかぎ甚の「白味噌水ようかん」をご紹介。
“おこもり”需要が高まった2020年。旅もホテルや旅館内で楽しめる「おこもり宿」が人気に。そうはいっても、やはり旅の思い出は欲しいもの。その宿らしさが感じられるオリジナルグッズをピックアップ。自宅用にもギフト用にも向く6アイテムを、どうぞ!
撮影/内藤貞保 取材・原文/西村晶子 スタイリスト/大畑純子 撮影協力/戀壺洞 ※エクラ2022年8月号掲載
RECOMMEND
August 8 Mon
Web eclat NEWS新着