わが家のテラスで至福のアペリティーボを楽しむ【テラスの作り方、過ごし方】

Web eclat

至福のトワイライトタイムのアペリティーボ。ほのかな明かりの中で、さわやかな風を感じながら

モーリタニアの葦製のラグ「ハシラ is-091」(270×177㎝)¥297,000/オン・ザ・ショア

オットマン「トラマエ」(W90×D76×H32㎝)¥376,200・スツール「ホスペス」(φ51.5×H45㎝)¥229,900/B&B Italia Tokyo オットマンにかけたワッフルウーブンリネンスロー¥61,600(スズサン)/リアル・スタイル青山店 木にかけたランタン¥11,000(WMG)・LEDキャンドル¥5,500(ルミナラ)/以上リビング・モティーフ
ローテーブル「ボレア」(φ88×H32㎝)¥657,800/B&B Italia Tokyo テーブル奥のパフスツール「ミンド 108 パフ(L)」(W74.5×D65.5×H35㎝)¥63,800/アクタス(ミンド) ラグに置いたLEDランタン「ルシア ランタン ラウンド」¥8,800/アカツキコーポレーション(フィリッピ) パフスツール上のヘリンボーンコットンリネンクッションカバー¥22,000(スズサン)/リアル・スタイル青山店 ローテーブル上 タンブラー 各¥1,650(ローゼンダール コペンハーゲン)・シャンパングラス各¥16,500(ツヴィーゼル)・ダブルウォールガラスボウル¥3,190(イエナグラス)・石のプレート¥7,700(ウッチェリーノ)・ガラス小皿 各¥3,300(オレフォス)・デザートフォーク 各¥2,640(デヴィッド・メラー)/以上リビング・モティーフ ローテーブル上の防水LEDランプ「ターンプラス ステンレス」¥49,500/ナイスタイム マウンテンギャラリー(アンビエンテック)
サイドテーブル「ノナロ」(W44×D44×H42㎝)¥345,400/B&B Italia Tokyo サイドテーブル上のLEDランタン「ルシア ランタン スリム」¥7,150/アカツキコーポレーション(フィリッピ) インド製のウッドボウル¥9,350/グランピエ チェック柄のアウトドア用クッション¥59,400(ガン)/リアル・スタイル青山店 ラグに置いた長方形アウトドア用クッション¥13,750(パペリナ)・サイドテーブル上の脚つきガラスボウル¥12,100(LSA)/以上リビング・モティーフ
▼こちらの記事もチェック!
テラスに椅子がなくても、ラグ、クッション、照明で極上のリラックス空間が完成。まずは何かひとつ置いてみるだけで、テラスのムードが上がる。
週末や夜のひととき、風が心地いい静かなテラスでひとりだけの時間をもってみる。そんな時間に寄り添ってくれるのが、極上の座り心地の、姿の美しい一脚だ。デンマーク、メキシコ、アメリカの名作屋外椅子をご紹介。
テラスで読書にふけったり、お気に入りの音楽を聞いたり。お昼寝なんて最高の贅沢。そんな時間に寄り添ってくれるのが、極上の座り心地の、姿の美しい一脚だ。今回はボーエ・モーエンセンのデッキチェアとリーのアウトドア アームチェアをご紹介。
「今年こそはテラスを整え、食事をしたりゆったりくつろぎたい」と計画中の人も多いのでは? 今回はテラスの主役にしたい、おすすめの椅子を提案。ぜひテラスづくりの参考に。
いつものごはんも太陽の下で食べるだけで、とびきりのごちそうに。最近はテラス家具のラインナップも豊富。せっかくならお気に入りのテーブルや椅子、小物を見つけ、コージーでもプレシャスな、一日中過ごしたくなるようなセカンドダイニングにしたい。
心地いいテラスの作り方、過ごし方の実例をご紹介。今回は、東京都心の桐島邸を取材。テラスを第2のリビングダイニングとして活用している。室内とテラスがつながる大空間は、とびきりの心地よさと開放感が。
心地よいテラスで豊かな家時間を送る実例をご紹介。今回は、東京都心の平尾邸を取材。植物に囲まれたテラスは、昼も夜も快適。テラスの整備と活用のコツを聞いた。
撮影/ローラン麻奈 スタイリスト/中田由美 取材・原文/鈴木奈代 ※本文中の記号はφ=直径、W=幅、D=奥行き、H=高さ、SH=座面の高さです。 ※エクラ2022年6月号掲載
RECOMMEND
June 27 Mon
Web eclat NEWS新着