専門家に聞いた!自分の考えを押しつけてくる母とうまく付き合う方法

Web eclat
教えてくれたのは…
人工知能研究者 黒川伊保子さん

人工知能研究者 黒川伊保子さん

感性リサーチ代表。脳科学を生かしたコミュニケーションを提唱。『母のトリセツ』をはじめ、大ヒットになった“トリセツ”シリーズなど著書多数。
メンタルケア・コンサルタント 大美賀直子さん

メンタルケア・コンサルタント 大美賀直子さん

公認心理師などの資格をもち、セミナー、カウンセリングで活躍。『長女はなぜ「母の呪文」を消せないのか』ほか著書多数。「All Aboutストレス」ガイド。

【お悩み】自分の価値観を押しつけてくるので疲れます。

・冠婚葬祭や相続についての間違った知識や習慣を娘に押しつけてくる。自分がずれていることを認識できない。(52歳・事務)

・いつまでも娘を子供扱いして上から目線でものをいってくる。(49歳・主婦)

・孫のことにまで口を出す。もう23、24歳なのに。(54歳・会社員)

ひとまず感謝の言葉を告げて、母の心に寄り添って

アラフィーの娘とその母は、どちらも「自分が正しい」と思い込んでいます。だから、相手の考えを変えようと説得を試みてもうまくいきません。お母さんに変化を期待するより、娘が臨機応変に対応するほうが物事がスムーズ。「心配してくれてありがとう」「勉強になるわ」「参考にするね」など、ひとまず母の言葉を受け止め、感謝の気持ちを告げること。もちろん、実践しなくてOKです。エクラ世代も、いずれは母と同じ道を歩む日がやってきます。そのことを忘れず、母の気持ちに寄り添ってあげましょう。

相手を傷つけない『アサーション』で、素直な気持ちを伝える

母にとって娘は何歳になっても子供に見えるため、親目線でついいろいろなことをいいたくなるのです。問題が起きたらアサーションで対応を。アサーションとは、相手を傷つけずに自分の主張を伝えるコミュニケーション方法。具体的には、①「いつもありがとう」など感謝の言葉を述べて、母親の心を開く。②「この間、いきなりうちに来たでしょう?」と事実を確認する。③非難ではなく、「忙しいときだったから困ったんだ」と自分の気持ちを伝える。④最後に「これからは来る前に必ず連絡してね」とやってほしいことを告げましょう。

エクラの読者にアンケートをおこなったところ、母親のグチや不満に付き合うのがつらいという声が多数。そんなときこそ、脳科学と心理学のセオリーの出番! 専門家が対応の仕方を教えます。
心の中にもやもやとした不安を抱えがちなアラフィー世代。母の言動にイラっとしてつい強く当たってしまうことも。50歳を過ぎてからの親子の悩みに専門家が答えます。
年を重ねるとどうして親は頑固になってくるのか。そんな母の言動に時にはイライラしてしまうことも。50歳を過ぎてからの親子の悩みに専門家が答えます。
アラフィーになると、なぜ母との関係に悩むのか。エクラの読者アンケートの回答をもとにふたりの専門家がその謎を解明。母とのほどよい距離感をつくる処方箋も伝授!
取材・原文/浦上泰栄 イラスト/小迎裕美子 ※エクラ2022年6月号掲載
RECOMMEND
May 24 Tue
Web eclat NEWS新着