家族も友人たちも自然と集う、都心の緑豊かなテラス【テラスの作り方、過ごし方】

Web eclat

テラスを整備したら家時間がより豊かに

平尾邸(東京都・渋谷区)

ファッションをはじめホテル、アート、インテリア、商業施設などのブランディングやプロデュースを手がけるヒラオインク代表の平尾さん。国内外を飛びまわっていた生活がコロナ禍で一変した。

「家にいる時間がとても長くなりました。最初のころはリビングに面したもうひとつのテラスにテーブルを置いたり、寝転んでみたり。でもあまり奥行きがないうえに、植物をたくさん置いているため狭くて」

そこでコンクリートのままずっと放置していた、より広いゲストルームのテラスを整備し、活用することに。SOLSOに依頼してデッキを敷き、鉢植えの植物を置いた。

「ここはエディブルガーデンにしたくて、いちじくやレモン、ハーブなどの植物をお願いしました。SOLSOさんとは10年以上のお付き合い。年に2回メンテナンスを依頼し、植物を見てもらっています」

テーブルと椅子を置き、植物に囲まれたテラスは、昼も夜も快適。仕事に食事と、ここで過ごす時間が圧倒的に長くなったという。冬は隣接するゲストルームで、テラスを眺めながら仕事をしたとか。

「友人たちにも大好評で、ここで過ごしたいと遊びにきてくれたり。とてもいいコミュニケーションの場にもなっています」
(上の写真)ご主人がコンプレックスで選んだテーブル&チェアは魚網をアップサイクルしたもの。仕事もここで。「ほどよい高さの手すりのおかげで視線も気にならず、仕事も食事も快適です」。敷地内の緑や空だけが見える
年間を通して花が絶えないようにともリクエスト。「SOLSOさんはファームをもっていて、弱った植物を一時的に地植えにして再生させ、戻してくださることも。とても信頼しておまかせできます」。そんな理由もあり、置き換えやすいよう鉢植えにしてもらっている。手前のホルダーに吊るしたのは、ウーコのキャンドルランタン
平尾さんが暮らすのは都心に立つ瀟洒なヴィンテージマンション。愛犬ソラもテラスがお気に入り。鳥や蝶も多くいちじくやレモンにもたくさんの実が。白い陶器はディプティックの蚊よけキャンドル
シボネで購入したレザーバッグをテラスで使うランプ入れに。スノーピークのランタンやウーコの風雨でも消えないキャンドルランタンなどを収納。「夫がマイスターと呼ぶアウトドアの達人から教えてもらったグッズ類がどんどん増えて(笑)」
冬はテラスを眺めながらこのゲストルームで仕事を。サンタ&コール社のポータブルランプはテラスでも活躍
間仕切り壁もウッドで製作


手がけたのは

おしゃれで今っぽい庭やテラスが実現

SOLSO FARM(ソルソファーム)

SOLSOが運営する店舗、オフィス、個人邸と幅広く手がける人気店。自社でファームをもち、オーストラリア系をはじめ扱う植物もバリエーションに富む。希望や好みのスタイルに合わせてきめこまやかに対応してくれる。

神奈川県川崎市宮前区西野川2の6

☎044・740・3770
土・日曜、祝日のみ営業 9:00~18:00
https://solsofarm.com

庭、テラスの相談は予約制

▼こちらの記事もチェック!
昨春に新しい家が完成した、モデル・富岡佳子さん。富岡さんが家づくりで頼りにしたショップやメーカーを紹介。キッチンまわりはドイツを代表する家電メーカー「ミーレ」のものを。グリーンは人気ショップ「ソルソファーム」が強い味方に。
心にも時間にも余裕ができた昨今、上質で特別感のある洋食器は「やっぱりいい!」と改めて感じる。話題のレストランも、老舗ブランドの洋食器を使う店が多く現れ、その魅力が見直されている。今年は新しいアイテムを投入して、食卓にワクワクするような非日常感を演出したい。
アラフィー女性の毎日を癒しの空間に変えるインテリアセンスアップ計画!何げない毎日に彩りを添える「花あしらいと花器」、おいしいお酒を飲みながら自宅でゆったりと過ごすための「グラスや大人のカクテルレシピ」、日常のアクセントになる、インテリアの名脇役「ルームフレグランス」をご紹介。
今、植物に注目が集まっている。ステイホームをきっかけに、目が向くようになった人も多いのではないだろうか。子育てが一段落したころから植物を世話する楽しみに目覚め、最近ではすっかり夢中になっているという桐島かれんさん。観葉植物を育てる楽しみ、センスよく飾るためのコツ、おすすめの品種などを教えてもらった。
部屋の観葉植物や花に癒され、ベランダや庭で野菜を育てるようになった人も多いのではないでしょうか。グリーンをセンスよく取り入れ、心地よく過ごしませんか。インテリアに精通するプロに、手持ちのグリーンを素敵に飾る方法を教えてもらいました。
長くなった家時間を快適にするために、住まいへの関心が高まっている。活躍するクリエイターたちは、忙しいからこそ家を整え、家時間を大切にしている。そんな彼女たちにインテリアづくりや心地よさのためのルール、ヒントを教えてもらい、この春こそ好きなものに囲まれた、自分らしい心豊かな暮らしを実現しては?
撮影/金子美由紀(ナカサアンドパートナーズ) 取材・原文/鈴木奈代 ※エクラ2022年6月号掲載
RECOMMEND
May 24 Tue
Web eclat NEWS新着