私服が素敵!おしゃれプロのコーディネートのルールとは?

Web eclat

 

 
①モデル・RINAさん

「最愛の白シャツをモノトーンで。同じ白×黒の配色でも、いろいろなイメージで楽しめます」

「昔はいろいろな服を買っていたけれど、40代になった今は、好きなテイストが定まって、気づけば白か黒の服ばかり! 特にユニセックスの白シャツを女っぽく着るのが好きです。上下の白&黒が逆転するだけでも印象は変わるから、モノトーンでも意外と遊べるんです」

Item list

Coat:Y’s

Shirt:Y’s BANG ON!

Pants:AMI

Shoes:ZARA

Tie:SAINT LAURENT

白が多めのマニッシュなスタイルは、ディナーに行く日に。「冬に白のスタイルって映えますよね。髪を短くしてから、タイをさらっと巻くスタイリングにハマっています。シャツだけでなくTシャツにも!」。

Item list
Tops:BOGNER
Shirt:Y’s
Pants:Ground Y
ShoesY’s PINK

すそが2重になったデザインの効いた白シャツは、今、一番お気に入りのブランドY’sで。「Y’sは、シャツの仕立てがとても美しい。カジュアルな日は、黒でシックにまとめます。落ち感のきれいなブラックパンツもMy定番アイテムです」。

 
③モデル・稲沢朋子さん

「ストールは、毎年必ず買い足してしまう定番。素材のよさやアレンジ力で好きなブランドを指名買い!」

「首に巻くだけでなく、さし色的に手持ちしたり、バッグのカバーにしたり。コーディネートに欠かせないストールは、お店が開けるくらいたくさんあります(笑)。車移動が多いので、本格コートよりも、さっとはおってアウターがわりになるストールがとても便利なんです。夏は日射し対策でリネンのストール。一年中活躍しています」

Item list

Knit:HYKE

One-piece:Ron Herman

Stole:johnstons of Elgin

Bag:Globe-Trotter

Shoes:THE ROW


「淡いアイスブルーのカシミヤストールは、ブルーのワンピースと同系色でリンクさせて。大判で暖かく、色も合わせやすいので、今季登場頻度はNo.1!」。ジョンストンズのストールは、毎年ハウントの別注カラーをチェックしているそう。

Item list

(from right) 

Scarf:HERMÈS

Scarf:HERMÈS

Stole:Joshua Ellis

Stole:johnstons of Elgin

Stole:ASAUCE MELER

シーズンレスに使えて旅行にも最適なエルメスの大判のカシミヤシルクスカーフは色違いで。ジョシュアエリスでは、アイコニックなチェック柄をチョイス。左のアソースメレ×スタイリスト・辻直子さんコラボは、付属のピンでとめればケープ風に。

 
③スタイリスト・徳原文子さん

「ほぼ毎日ロングスカート派ですが今季はいつもより少し女っぽく着こなしたい気分です」

「季節を問わず、ここ数年、外出時はマキシスカートしかはいていない! 毎日足もとがスニーカーなので、ボトムはパンツよりスカートのほうがカジュアルになりすぎず、合わせやすいんです。今季は、なんだかより女っぽく着こなしたい気分。定番のフレアに加え、タイトスカートもよくはいています」

Item list

Coat:Chaos

Tops:AURALEE

Skirt:CP SHADES for Ron Herman
Bag:BOTTEGA VENETA
Shoes:Maison Margiela

ベロアのフレアスカートは、毎シーズン色と素材を替えて展開するCP SHADES for Ron Hermanのもの。「重くなりがちな冬こそ色を着たくてブルーを選びました。いつもならフレアスカートにはスニーカー&ダウンですが、今季はブーツとロングコートでクラシカルに」。

Item list
Coat:REMI RELIEF×Chaos
Tops:AURALEE

Skirt:Chaos
Bag:Aeta
Scarf:HERMÈS

ShoesNIKE×sacai

足もとが定番のスニーカーの日は、スカートのシルエットを更新。「フレアスカートが多かったけれど、今季はトップスにボリュームがあるので、スカートは対照的にタイトなものを選ぶことが増えました。上下の対比でスカートのシルエットがスマートに引き立ちます」。

 
④エディター・坪田あさみさん

「今年、気づけばニットはジャスト丈ばかり! 手持ちのボトムも新しいバランスに」坪田あさみさん

「少し前まで、ゆるっと腰下まであるルーズシルエットのニットばかりだったので、このつかず離れずなジャスト丈のニットを着たとき、とても新鮮に見えて色違いで購入しました。この丈のニットに合わせることで、手持ちのフレアスカートやワイドパンツもすっきりバランスよく、また新しい着こなしを楽しめています」

Item list

JacketINSCRIRE

KnitCABaN

Skirt:FLOML

Muffler:Deuxieme Classe
Bag:Polène
Shoes:Gianvito Rossi

ジャスト丈ニットに開眼するきっかけとなった、キャバンのコットンカシミヤニット。「素材や色、サイズも豊富にそろっているので、何枚も欲しくなります。まずは使える白と黒を購入」。この時季は、マンネリ解消に、柄のフレアスカートを合わせて。

Item list
(from top)
Knit:JOHN SMEDLEY
Knit:JOHN SMEDLEY

Knit:CABaN

ジョンスメドレーの「コモンフィット」シリーズは、メンズのフィット感を女性に落とし込んだ、ほどよくゆとりのあるジャスト丈。「ウールで暖かいけれど、薄くてさらっとしているので、カットソー感覚で重ねられて便利」。

 
⑤スタイリスト・望月律子さん

「トレンドはデザインよりも素材合わせや配色の妙で“今”のムードを取り入れて」

「ベーシックが好きなので、私らしいスタイルのまま、グレージュ、カーキ、ボルドーといった旬のニュアンスカラーを重ねることでトレンド感を取り入れました。大人は体型的にものっぺりした印象にならないよう、メリハリを意識するのがポイントです」

Item list

KnitATON

Skirt:Rick Owens
Bag:HERMÈS
Shoes:ZARA

ふわふわ起毛感のあるニット×光沢スカートのコーディネート。対照的な質感同士の組み合わせでメリハリある印象に。「カーキはもともと好きな色。ワントーンでも単調に見えないよう、色でしっかり濃淡をつけるようにしています」。重めの足もとで旬のムードをプラス。

 
⑥スタイリスト・小川ゆう子さん

「昔からレイヤードスタイルが好き。今季は特に重ね着アイテムのバリエーションが広がって楽しい!」

「レイヤードは今季トレンドということもありますが、個人的にもずっと好き。いろいろな服を重ねることで、おもしろい発見があるんです。今季は、ボウタイやデニムシャツ、パーカ、ジャケットなどアイテムの幅が広いので、テイストMIXの重ね着を楽しんでいます」

Item list

JacketMaison Margiela

Cardigan:THE HANDSOME
Shirts:THE HANDSOME
Inner:INSCRIRE
Pants:Shinzone
Bag&Shoes:Maison Margiela

薄手カットソーの上に、シャツ、ニットカーディガン、ジャケットと4枚を重ねた上級者スタイル。「色のトーンを統一するのが、無理なく上手にレイヤードする秘訣。アウターは重ね着前提でビッグシルエットを選ぶことが多いですね」。この日もメンズのジャケットを。

 
⑦エディター・松井陽子さん

「おしゃれが手抜きになりがちな冬こそ自分目線で「好き!」と思える心地のいい良品をハンティング」

「寒さが本当に苦手なので、冬は防寒に徹するけれど、おしゃれの手抜きはしたくない。だから、ふわふわの着心地とか、ぱっと肌映えする色とか、何かしら自分の気持ちを上げてくれるアイテムしか身につけたくなくて。常に“コンフォタブル”かどうかで選んでいます」

Item list

Cardigan:Curensology

Knit:ATON
Pants:MADISONBLUE
Stole:ASAUCE MELER
Bag:LOUIS VUITTON
Shoes:CLERGERIE

堅いツイードジャケットのかわりにニットカーディガン。インナーはテンセルカシミヤ、ストールはカシミヤと、肌に優しい素材にこだわって。スエードパンツもストレッチが効いていて、窮屈感なし。「日焼け肌がくすんで見えないよう、顔まわりの白で明るく見せます」。

 
⑧エディター・東原妙子さん

「楽で着映えるセットアップが好き。今季は、色のトーンをそろえた異素材セットでアップデートを」

「コーディネートに迷わないセットアップが大好きです。一般的にセットアップというとトップス×ボトムのイメージですが、例えば、コート×ニットや、ボトム×ストールといった、素材が違うアイテムを色のトーンをそろえて着るセットが新鮮です」

Item list

Coatuncrave

Knituncrave
Shirts:uncrave
Pants:uncrave
Scarf:HERMÈS
Bag:VASIC
Shoes:Le Talon GRISE

ウールのニットアップと、リバーコートを同系色の濃淡でまとめて。ベーシックカラーではなく、絶妙なブルーグレーが鮮度の高い印象。「中に白シャツを重ねることで、ワントーンにクリーンな抜けが生まれるのと同時に、ニットパンツをルーズに見せない役割も」。

▼その他のおすすめ記事もチェック
着膨れ問題、老け見え、足元のマンネリなど、冬のおしゃれに迷っているアラフィーへ「それ、知りたかった」がつまってる! スタイリスト・大草直子さんによる「おしゃれ塾」をお届け。
アラフィー世代御用達ブランドのディレクターやデザイナー、エクラにかかわる人気スタイリストとエディター、総勢7人の「これから欲しいもの」「欲しすぎて購入したもの」をリサーチ。達人たちのおしゃれの磨き方をぜひ参考に!
最旬コートをすでにチェック済みのおしゃれプロから、〝今年は軽いアウターが豊富〟とのグッドニュース!コートは肩が凝る、重いコートに手がのびないと感じているアラフィー世代に、買い替えコートを推薦。
2021年秋冬のファッショントレンドとは?50代が買うべきアイテムとは?トレンドアイテムを取り入れるだけで一気に旬の着こなしに。話題のアイテムから秋冬のマストアイテムまで一気にご紹介。
50代女性のための最新ファッションアイテムや話題の美容グッズ、毎日を楽しくする生活雑貨など、今すぐ買えるアイテムを厳選してご紹介。トレンドを上手に取り入れ、自分らしく上品なスタイルを叶えるファッションや美容アイテムを早速チェック。
撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE(RINA、徳原さん、小川さん、東原さん) YUMBOU(ilumini./稲沢朋子、坪田さん、望月さん、松井さん) 取材・文/東原妙子 ※エクラ2022年2月号掲載
RECOMMEND
May 24 Tue
Web eclat NEWS新着