【やわらかく着るベージュワントーン】淡トーンに今っぽさと華やかさを足した4スタイルに注目!

@BAILA

着慣れた定番色のワントーンこそ、配色の自由度を上げて洒落感を底上げ。柔和な印象を高めるなら、ベージュワントーン! シルエットや小物でメリハリをつけて、淡トーンでも華やかに見える工夫を。

ほぼベージュワントーンの場合

ベージュワントーンの大政絢

エクリュカラーのペプラムトップスが上品レディなセットアップに、パイソン柄のパンプスをピリッと効かせて、理想の甘辛MIXが完成。セットアップ¥25300/セルフォード ルミネ新宿1店(セルフォード) カチューシャ¥20900/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) ピアス¥20350/ルーム3138(ローラ ロンバルディ) ブレスレット¥44000/プライマル バッグ¥49500/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥27500/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)

オールベージュで優しげフェミニンに

 オールベージュ で優しげフェミニンに

旬のイエローベージュを軸にしたワントーンにバッグ2個持ちでアクセントをつけて、感度よく楽しげに。シアーニットのほのかな透け感が、今どきの抜けた女らしさも運んでくれる。ニット¥9900/ミースロエ スカート¥28600/インターリブ(サクラ) ピアス¥24200/マリハ リング¥72600/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ(小)¥45100/三喜商事(コチネレ) バッグ(大)¥71500/プルミエ アロンディスモン(ア ヴァケーション) 靴¥18150/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)

+きれい色なら色気足しのラベンダー

 +きれい色 なら色気足しのラベンダー

ともすれば退屈に見えてしまうプレーンなベージュニットは、ボトムに相性のいい青みラベンダーをつなげてセンシュアルでドラマチックなムードをプラス。動きに合わせて揺れ動くボリュームスカートなら、よりいっそう華やかさに拍車がかかって気分も上々。ニット¥35200・スカート¥154000/カオス丸の内(カオス) ネックレス¥19800/マリハ バッグ¥31900/オルサ(オルセット) 靴¥11800/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店(ビューティ&ユース)

+地味色なら洗練度抜群のホワイト

 +地味色 なら洗練度抜群のホワイト

ベージュ〜白のやわらかなグラデーションをONシーンで着るときは、構築的なブラウスの“モードな白”を切り札にシャキッと大人っぽく。小物やアクセサリーも極力ミニマルにまとめて、すっきりクリーンに仕上げて。ブラウス¥25300/ル フィル NEWoMan 新宿店(ル フィル) パンツ¥27500/エイチ ビューティ&ユース ピアス¥31900・ネックレス¥132000/マリハ バッグ¥60500/ショールーム セッション(モダン ウィーヴィング) 靴¥62700/アマン(ペリーコ)

撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/イワタユイナ スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/大政 絢子 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 ※BAILA2022年6月号掲載

RECOMMEND
May 24 Tue