落合恭子のマイページ|MORE(モア)

LikeReClip

落合恭子
  • 0
  • 1

こんにちは!
今日暑いですね〜
ちょっと散歩しただけで汗かいちゃいました。

少し前に流行った「マイ櫛」を作ったので紹介させてください。
手作りといっても木から櫛を削り出すわけではないのでとっても簡単♪
しかし完成まで1週間かかるので出来上がった櫛には愛着が湧くし、髪を梳かす時の静電気は押さえられるし、髪もサラサラになるので大大大満足です。

ベースになるのはザ・ダイソーの「桃の木櫛」なので105円でできちゃいます!
安いところも素敵です。

まずは材料を用意します。

■ダイソーの「桃の木櫛」
■ヘアオイル
■サンドペーパー(荒目、細目)
■ラップ
■クッキングペーパー


「桃ノ木櫛」シリーズは種類が豊富なんですが、今回は荒歯の「馬櫛」と持ち歩き用に小ぶりの「花櫛」を使用しました。
ヘアオイルは頭皮を意識してジョンマスターの「アルガンオイル」を用意してみました。



まずは「桃ノ木櫛」の表面に塗られたニスを落とすため、丁寧にヤスリ掛けしていきます。水を1滴たらして染み込むようならニスが落ちたのでOK.
サンドペーパーは荒目→細目の順で削っていくとキレイに仕上がります。


わたしは柄のところに名前を彫ってみました。彫刻刀があれば模様つけちゃうのもいいかも。
掘る場合はニスを落とす前がオススメ。
ニス落としちゃうと真っ白だから非常にわかりづらかったです。失敗。


木屑をキレイに落としたら、大きめにラップを敷いてヘアオイルを数滴たらします。
その上に櫛を乗せ、更に上からオイルをたらしたらラップで櫛を包み、そのまま1週間程度放置。
今回はアルガンオイルで漬けましたが、あんず油やツバキ油、ベビーオイルなどを使ってる人も多いみたい。オリーブオイルやホホバオイルといったどんなオイルでも大丈夫らしいです。

1週間ほどするとオイルが染み込みキレイな飴色になっているので、オイルをキッチンペーパーなどで拭き取り乾かしたら完成です。


深みのある優しいブラウンが本当に綺麗。
こまめに歯ブラシで汚れをとり、月に1度のペースでオイルを馴染ませると櫛も長持ちするそう。

花櫛は彫刻刀買ってきてから改めて作ってみようと思います。
ケースとかも作りたいな〜

誰かにプレゼントしてもよさそう。

とっても簡単なので皆さんも作ってみてください。
そして完成したら見〜せ〜て♡

落合恭子さんの最新クリップ

1 Reclip

  • MORE編集部

5 Likes

  • ( '-'  )ヌーン
  • ayaco
  • ゆき
  • Roki
  • toppo

PICK UP

注目キーワード

HOT TOPICS