• 検索
  • HAPPY PLUS
  • MAQUIA
  • SPUR
  • LEE
  • MORE
  • BAILA
  • MARISOL
  • eclat
  • nonno
  • Seventeen
  • MyAge / OurAge
  • 女性誌Books
  • HAPPY PLUS ONE
  • トップ
  • 人気
  • LEE100人隊&トップブロガー
  • 今日のお買い物
  • 連載コラム一覧
  • 今日のLEE
  • モデルズプロフィール
  • おすすめ
  • 試し読み&定期購読
  • 今月のプレゼント

LikeReClip

LEE編集部ブログ
  • 0
  • 0

「自動運転技術で私たちの生活はどう変わる?」

先日、六本木アカデミーヒルズで行われた
「朝日新聞メディアラボ公開シンポジウム
 自動運転技術で私たちの生活はどう変わる?」に参加してきました。
 
最近、テレビや新聞でよく目や耳にする「自動運転」という言葉。
前の車にぶつからないように車が自動でスピードを調整したり、
難しい縦列駐車がボタンひとつでできてしまったり。
ひと昔前からしてみれば“人間が運転しなくても走る車”なんて夢のようですが、
現実では「もうすぐそこ!」の世界なんですよね。


↑登壇者は日産自動車の安徳常務執行役員、実践女子大学人間社会学部の松浦教授、そしてディスカッションのナビゲーターは「今でしょ!」でおなじみ、東進ハイスクールの林修先生です。

日産自動車が8月末に発売予定の『新型セレナ』には自動運転技術「プロパイロット」が搭載されています。「プロパイロット」とは高速道路の単一車線での自動運転技術のこと。
 


↑今は高速道路の単一車線のみですが、今後は複数車線、市街地の交差点と段階的に商品化されていくそう。


運転中のストレスを感じやすい高速道路。特に肉低的にも精神的にも負担が多い渋滞中、
この「プロパイロット」が搭載された車なら前の車にぶつからないように自動に調整してくれます。順調に走っている時も前の車と適度な車間距離を保ってくれ、ステアリング支援によって車線中央付近を維持してくれるとのこと!
 
『新型セレナ』のイメージ映像をいち早く見せてもらったのですが、印象的だったのは高速運転中、助手席から飲み物を渡されて楽しむシーン。運転中に飲み物を飲むのは信号で止まった時、それも慌しく‥‥というのは運転する人なら誰でも経験したことがあることですよね。それが「プロパイロット」搭載車なら助手席の人と目をあわせて飲み物を受け取り、会話を楽しみながら飲むことができるんです! 
 
林先生は子どもの時、両親がドライブの最後にきまって険悪な雰囲気になるのがいやでいやでしかたがなかったそう(笑)。「プロパイロット」搭載車なら「ドライバーがひとりでもくもくと運転する‥」「肉体的にも精神的にも疲れて、渋滞中イライラ‥」といったことが減りそうなので、わきあいあいムードでドライブを楽しめそうです。



↑普段はあまり運転しないという林先生。ドライバーである奥様からの無言のプレッシャーがきついそうなので、自動運転技術の進化によってハンドルを握ることになれば「妻のプレッシャーをかわすことができる」、さらに自動運転技術が進化した日には「授業の予習や採点をしたい」とも(笑)。


疲労運転やいねむり運転による「発見の遅れ」が交通事故の約8割を占めるとのことなので、
自動運転技術はドライバーの負担軽減に加え、交通事故の防止も期待できるのは明らか。
ディスカッションでは「技術を過信しすぎるのは危険ではないのか」「人がマシンを動かす、
“運転する楽しみ”はどうなるのか」といった課題についても意見が交換されました。
 
ますます進化していくこと必至の「自動運転技術」。
私たちの暮らしはどう便利に、楽しく変わっていくのか、
今後も注目していきたいと思います!                           (編集J)


LEE編集部ブログさんの最新クリップ

5 Likes

  • みかむー
  • 佐藤とも子
  • みさと
  • 001 ちひろ
  • 097 とんとん

PICK UP

注目キーワード

HOT TOPICS