• 検索
  • HAPPY PLUS
  • MAQUIA
  • SPUR
  • LEE
  • MORE
  • BAILA
  • MARISOL
  • eclat
  • nonno
  • Seventeen
  • MyAge / OurAge
  • 女性誌Books

スポルティーバ編集部のマイページ|HAPPY PLUS(ハピプラ)

Photo: 人生のターニングポイントになったというニュージーランド留学について語る三阪洋行選手 photo by Igarashi Kazuhiro

LikeReClip

スポルティーバ編集部
  • 0
  • 0

ウィルチェアーラグビー・三阪洋行「僕の人生を変えたNZ留学」


盛りあげよう!東京パラリンピック2020(32)

ウィルチェアーラグビー三阪洋行選手インタビュー Vol.1

 ウィルチェアーラグビーの日本代表として、アテネ、北京、ロンドンパラリンピックの3大会に出場してきた三阪洋行選手。現在は、千葉県のチームBLASTに所属し、代表ではアシスタントコーチを務めている。ラグビーの街、東大阪市に生まれ、夢の舞台である花園を目指していた高校時代、練習中に頸椎を損傷した。車椅子生活になって、ひとつめのターニングポイントになったニュージーランド留学についてお話をうかがった。

ウィルチェアーラグビーの三阪洋行選手(右)と
インタビュアーの伊藤数子さん
photo by Igarashi Kazuhiro

伊藤数子さん(以下、伊藤) 花園ラグビー場のある東大阪市に生まれて、やはりラグビーは身近なスポーツでしたか?

三阪洋行選手(以下、三阪) そうですね。実家が花園から近いので、子どもの頃からお正月には花園からの歓声が聞こえていました。今もお正月に帰省した時は、高校ラグビーを見に行くっていうのが定番になってます。ただ、事故に遭って数年は見に行くのがちょっと怖かったんですよね。自分がケガをした競技でもありますし。

伊藤 また観戦にいけるようになったのはいつごろからですか?

続きはこちら↓

詳細をみる

スポルティーバ編集部さんの最新クリップ

「ウィルチェアーラグビー」タグが付けられた他のクリップ

「パラリンピック」タグが付けられた他のクリップ

画像元または画像に関連するURL&クリップ

sportiva.shueisha.co.jp

FOLLOW US

どこでもHAPPY PLUSの情報をチェック!

  • facebook
  • Twitter
  • app

PICK UP

注目キーワード

HOT TOPICS