• 検索
  • HAPPY PLUS
  • MAQUIA
  • SPUR
  • LEE
  • MORE
  • BAILA
  • MARISOL
  • eclat
  • nonno
  • Seventeen
  • MyAge / OurAge
  • 女性誌Books

トリコロル・パリのマイページ|HAPPY PLUS(ハピプラ)

Photo: Michiko Sakurai

LikeReClip

トリコロル・パリ
  • 0
  • 0

食べられる器が名脇役の不思議な料理

Salut ! トリコロル・パリの桜井です。

昨年の9月から、毎週2回のクリップでパリやフランスの好きなものや気になるものをご紹介してきましたが、ついに今回で最終回となりました。食いしん坊な私は、最後のクリップもやっぱり美味しい話題で終わりたいと思います。

トリコロル・パリの本『曜日別&地区別 かんたんパリ歩き 近郊の街と日帰り旅行』でも紹介している、パリのオペラ座からすぐ近くにあるレストラン「Pascade パスカード」は、その名のとおり、南仏アヴェロン地方の伝統料理であるパスカードという食べ物の専門店です。クレープと同じような材料で作った生地をオーブンで香ばしく焼くと、自然に周りの部分が持ち上がり、浅いお皿のような形になります。それがパスカード。この器に、洗練された料理をのせることを思いついたのがアレクサンドル・ブルダス。ノルマンディ地方のオンフルールにある2ツ星レストラン「SaQuaNa」のシェフです。

クレープのようなパンケーキのような、少し甘みがあって優しい味わいのパスカードに、塩味の具を組み合わせるのが、普通のフレンチレストランではありえない新しいアイデア。たとえば写真手前は、じっくり煮込んだ鶏肉とレタス、玉ねぎ、レモンのセネガル料理をパスカードの器に入れた一品。しっかりめに味付けされた鶏肉と、パスカードの甘みがうまくマッチしていました。ほかにも「牛肉のカルパッチョ+ワカモレ+新玉ねぎ+パルメザンチーズ」や「タラ+ほうれんそう+チキンクリームソース+ピーマン+ココナッツ」など、定期的に変わる具の内容はとてもクリエイティブ。

オペラ座のすぐ近くで、日曜も含めた毎日オープンしていて、お昼の12時から夜11時までノンストップで食事ができる便利なお店でもあります。このお店でしか食べられないパスカード、ぜひ一度、試してみてください。

これからもホームページや本で、フランスとパリのさまざまな情報をお伝えしていきますので、トリコロル・パリを引き続き、どうぞよろしくお願いします!

Pascade
住所:14 rue Daunou 75002
電話:01 42 60 11 00
メトロ:Opéra 3、7、8番線、徒歩2分
営業日:毎日12:00~23:00

トリコロル・パリさんの最新クリップ

「 パリ」タグが付けられた他のクリップ

8 Likes

  • K
  • kiki
  • panco
  • strawberry♡
  • みかむー
  • Rinazo
  • Rumiko
  • ゆきんこ