• 検索
  • HAPPY PLUS
  • MAQUIA
  • SPUR
  • LEE
  • MORE
  • BAILA
  • MARISOL
  • eclat
  • nonno
  • Seventeen
  • MyAge / OurAge
  • 女性誌Books
  • HAPPY PLUS ONE

トリコロル・パリのマイページ|HAPPY PLUS(ハピプラ)

Photo: Michiko Sakurai

LikeReClip

トリコロル・パリ
  • 0
  • 1

19世紀からファミリーで守り続けてきた「幻のチョコレート」

Salut ! トリコロル・パリの桜井です。

高級チョコレートと言うと、やはり小さくて四角い粒でいろいろな風味が選べるボンボン・ショコラを最初にイメージします。一方、板チョコはなんとなくより庶民的なイメージを勝手に持っているのですが、それをくつがえしてくれたのが、Bonnat(ボナ)のタブレットです。

Bonnatは、フランスの南東、アルプスの近くにあるヴォワロン(Voiron)という小さな町で1856年に創業した、今も家族経営を続けているショコラティエのなかでは世界最古のメゾンです。ここのように、カカオの買い付けから焙煎、製造のすべてを自社で行うショコラティエは、フランスでも数えるほどしかありません。

チョコレートを作るときには、複数の品種のカカオ豆をブレンドするのが普通ですが、Bonnatのチョコレートは1種類のカカオ豆だけで作られます。これは、カカオ豆自体の質に自信がないとできないことなのだとか…また、たいていのショコラティエが当然のように使っている大豆レシチンも不使用で、ピュアなカカオの風味を味わえる、まさに通向けのチョコレートなのです。このBonnatのチョコレート、味がおいしいのはもちろんなのですが、口溶けの良さも気に入っているポイントのひとつ。板チョコにありがちな、口の中でもったりする感じがなく、風味を広げつつ軽やかに溶けてなくなります。

今日私が買ったのは、稀少なカカオ豆だけを使った、グラン・クリュ・エクセプションシリーズのタブレット2枚。上がペルー産カカオのPiura Blanco(100g 7.6€)、下がブラジル産カカオのM. Libanio(100g 5.8€)です。なお、Bonnatのタブレットは、全部で25種類あります。

パリではおもにボン・マルシェやギャラリー・ラファイエットなどデパートの食品館で見つかります。お値段はかなり張りますが、チョコレートを愛する人はぜひ一度味わってみてほしい逸品です。

Bonnat
http://bonnat1884.jp/ (日本語サイト)

トリコロル・パリさんの最新クリップ

「Bonnat」タグが付けられた他のクリップ

「 ボナ」タグが付けられた他のクリップ

  • みさと
  • 今日は暖かかったので・・♪ ...
  • ロコ
  • BONNAT(ボナ)チョコレー...

1 Reclip

  • Miho Morikawa

21 Likes

  • K
  • カフカ
  • cappuccino
  • さとちん
  • Lia**:・
  • strawberry♡
  • たけまい
  • yocco
  • TB マボ
  • tokomoko
  • みかむー
  • みさと
  • ちろ
  • goma
  • snow*
  • kanon

+5 more Like